ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者にぜひ知っていて欲しいニュース(抜粋版)をお届けします。

新型自律飛行ドローンのSkydio 2が登場
sorae 宇宙へのポータルサイト
初代Skydioは、AI(人工知能)による自律飛行をウリとしていました。Skydio 2もその機能を引き継ぎ、本体に搭載された6個の4Kカメラで周囲を読み取り、障害物を避けたり対象物を追跡しながら飛行できます。
日本上陸20周年!アウディ「TTクーペ」のインパクトは最新モデルでも不変です
すべての注目ニュース – 注目 ニュース:@nifty
2019年は、アウディの「TTクーペ」が日本に上陸を果たしてから20周年というメモリアルイヤー。
幸福度ランキング上位国デンマークで流行る、幸せでいるためのマジカルワード「pyt」とは?
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » 幸福度ランキング上位国デンマークで流行る、幸せでいるためのマジカルワード「pyt」とは? のコメントのフィード
生きていると、思い通りにならない場面に直面する。目指していた学校の入試に落ちた、後輩に昇格を先越された、大事なイベントの日が大雨だった、真っ白なシャツにケチャップが付いてしまった…。大なり小なり、誰し
【恐怖指数】警戒感は大きく低下
みんかぶFX
【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09) スポット  17.00(-2.11 -11.04%) *カッコ内は(前日比、前日比%) …
脳信号で外骨格スーツを制御、四肢麻痺の患者が歩けるように
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
身体に不自由を抱える人がテクノロジーの力を借りて生活の質を取り戻すという例が、技術の発達により近年増えてきている。そして今回発表されたのは、四肢麻痺の患者が脳信号で外骨格スーツを制御して歩行するという
自動運転のZooxがサンフランシスコに次いでラスベガスに進出
TechCrunch Japan
自動運転車のスタートアップZooxがラスベガスに進出する。同社CTOのJesse Levinson(ジェッセ・レヴィンソン)氏がTechCrunch Disrupt SFで明らかにした。
Kitty Hawkの新eVTOL「Heaviside」の騒音レベルはヘリの100分の1!
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
米カリフォルニア州拠点の航空スタートアップKitty Hawkはこのほど、新たに開発した電動垂直離発着機(eVTOL)の「Heaviside」を発表した。
アップル、「iPhone 11」シリーズの生産引き上げ-報道
ブルームバーグ 海外ニュース
米アップルが9月に発売したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」新型3機種の生産台数を上方修正したことが分かった、と日本経済新聞電子版が4日午後に報じた。
可搬重量16kg、リーチ900mm、位置繰り返し精度±0.05mmの協働ロボット
MONOist 最新記事一覧
Universal Robotsは、可搬重量16kgの協働ロボット「UR16e」を発売した。リーチが900mmで、位置繰り返し精度が±0.05mmの能力を備え、重量物の搬送やハンドリング、マシンテンディングなどの自動化の用途に適している。
NECが世界1位!顔認証1200万人分、エラー率0.5%
ニュースイッチ
 NECは3日、米国標準研究所(NIST)が実施した最新の顔認証技術のベンチマークテスト「FRVT2018」で、第1位の性能評価を獲得したと発表した。1200万人分の静止画を使った顔認証でエラー率0・
米テスラ、世界販売9.7万台 最高更新も予想届かず
日刊工業新聞 電子版
自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策
東芝、車製造ライン向け溶接検査ロボ 来年度に実用化
日刊工業新聞 電子版
自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策
IBM、NYに量子コンピューター拠点 商用最大機投入
日刊工業新聞 電子版
自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策
JDI再建がスポンサー続々離脱で暗礁に、残る「打開シナリオ」は
ダイヤモンド・オンライン – 新着記事
むらい・れいじ/早稲田大学卒業後、外資系通信社を経て、ロイター通信で企業担当として、銀行、鉄鋼、流通業界を歴任し、リーマンショック後に電機業界担当として電子立国の凋落問題を取材。16年から週刊ダイヤモン
産業市場をグラフで見るシリーズ一覧