ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者にぜひ知っていて欲しいニュース(抜粋版)をお届けします。

日本企業の手元現金が過去最高-大半の国のGDP上回る506兆円超
ブルームバーグ 海外ニュース
日本中の銀行には合わせると、大半の国の国内総生産(GDP)を上回る巨額の資金の山が存在する。日本企業の現金準備だ。一部の企業にとっては強さの証(あか)しだが、多くには機会の無駄にほかならない。
月額980円で1日1本…日本初の“自販機サブスク”お得度は? 「駅ナカ」ビジネスの勝算を聞いた
RSS: FNN PRIME
一定期間、定額制でモノなどを利用できる「サブスクリプション」が様々な業種に広がっている。
株式会社3D Printing Corporation、神奈川県横浜市に3Dプリンティング生産施設を開設
PR TIMES
3Dプリンティングの総合ソリューションを提供する株式会社3D Printing Corporation(本社所在地: 山梨県甲府市、以下、3D Printing Corporation)は、事業拡大に伴い、2019年9月より神奈川県横浜市鶴見区に3Dプリンターを用いた生産施
量子コンピュータ:量子コンピューティングは製造業でも活用進む、その可能性と現実 (1/2)
MONOist 最新記事一覧
 次世代のコンピューティング技術として注目を集める「量子コンピュータ」。従来のコンピュータよりはるかに高い計算能力を持つとされるが、製造業にとってはまだまだ“先の技術”だと見られがちだ。しかし、実際に
ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功
GIGAZINE
脳科学の分野においては、脳波を解析して実際に何を考えているのかを解析する研究が進んでおり、頭で考えるだけで手足を使わずに飛行機を操縦する実験が成功を収めています。さらに別の研究チームによる実験では、測
ウシオ電社長「今年はEUV元年」-半導体検査光源、来年度黒字化へ
ブルームバーグ 海外ニュース
ウシオ電機は、より高性能な半導体製造に不可欠な検査装置の光源事業について、2020年度の黒字化を目指す。人工知能(AI)や次世代通信システム(5G)の進展に伴い、長期的な需要拡大を見込んでいる。
10nmではなく14nm、米インテルが第10世代Coreプロセッサーに製品を追加
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 米インテル(Intel)は、パソコン(PC)向け最新マイクロプロセッサー(MPU)製品「第10世代Coreプロセッサー」に、8モデルを追加した(日本語ニュースリリース)。追加した8モデルは、全て開発コードが「Comet Lake」のMPU
中国、米国をWTO提訴=制裁関税「第4弾」受け
中国、米国をWTO提訴=制裁関税「第4弾」受け
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要
 【北京時事】中国商務省は2日、米国による対中制裁関税「第4弾」発動を受け、世界貿易機関(WTO)に提訴したことを明らかにした。
宇宙VB、相次ぎ計画見直し ispaceは月面探査延期、ALEも先送り決定
ビジネスニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト
 宇宙ベンチャーで事業計画の見直しが相次いでいる。月面探査を計画している「ispace(アイスペース)」(東京都港区)は、2021年を目指していた探査車による月面探査の開始時期を23年に変更。来春に世
「潰れる会社」の社長、社員にはこんな「共通点」があった
現代ビジネス | 講談社
たとえ黒字経営を続けていたり、銀行へのリスケ要請や取引先への支払いサイト変更要請がなくても、「倒産リスクあり」と見なしたほうがいい場合がある。
【産業動向】電子機器製造の35%中国から流出 アジア6カ国の受け入れ体制
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
米中貿易戦争の影響回避で、中国で手がける電子機器の製造のうち30〜35%が他国・地域に流出するものと、台湾系のサプライチェーンが見積もっているようだ。
東京エレクトロンデバイス、設備稼働AI監視ソフト 多品種少量ライン向け
日刊工業新聞 電子版
【横浜】東京エレクトロンデバイスは、生産設備の稼働状況を人工知能(AI)で監視するソフトウエア「CX―W」を開発した。ソフトウエアをインストールしたパソコンで設..

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧