ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者にぜひ知っていて欲しいニュース(抜粋版)をお届けします。

ついに中国でもトヨタ車人気過熱、自動車業界で覇権確立…トヨタのHVが世界を制す
ビジネスジャーナル
 世界経済はすさまじいスピードで変化している。特に中国経済の変化は世界の経済や産業に大きな影響を与えている。そうした状況下、トヨタ自動車は環境の変化にうまく適応し、世界最大の中国自動車販売市場でのシェ
トヨタ・スズキ提携、自動車産業の競争力の戦略重要=官房長官
ロイター: トップニュース
[東京 29日 ロイター] – 菅義偉官房長官は29日午前の会見で、トヨタ自動車(7203.T)とスズキ(7269.T)の資本提携について、それぞれの企業の経営判断があるため、政府としてコメントは控えるとした
そろそろ危機感を持ったほうが良い~自動車産業が日本経済に示す黄色信号
中村智彦 – 個人 – Yahoo!ニュース
 8月も半ばを過ぎ、各社の2019年4月~6月期の決算が発表されている。日本経済新聞社の発表によると、上場企業主要1584社の純利益は15%減と3年ぶりに減益。特に製造業に関しては、45%減とほぼ半減している。
日系、「世界の工場」から逃避加速
ビジネスニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト
 米国の中国製品に対する「第4弾」の制裁関税発動による影響を避けるため、日本企業が「世界の工場」の役割を担ってきた中国から、他国へ生産拠点を移管する動きが加速してきた。米中貿易摩擦の激化で安全資産とさ
自動運転、レベル4実現に道 トラック商業化、実験公開で大きな一歩 (1/3ページ)
ビジネスニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト
 ボルボ(スウェーデン)傘下のUDトラックス(埼玉県上尾市)などが先週、無人運転につながる高度な水準の自動運転「レベル4」の自動運転トラックの実証実験を報道陣に公開し、“自動運転社会”に向けて大きな一
5G、IoT、AIをめぐる米中の攻防、注視すべきポイントは?
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)
 米中両国による相互の関税措置によって、米中貿易戦争はエスカレートの様相を示している。特に最近の米国政府による中国ファーウェイ(華為技術)に対する半導体の供給規制などで、次世代通信規格の5G(第5世代移動
日経 xTECH ラーニング(クロステックラーニング)
日経 xTECH Active
新着お知らせ タグ一覧 新着コラム 一覧を見る タグ一覧 新着コラム 一覧を見る タグ一覧 新着コラム 一覧を見る タグ一覧 新着コラム 一覧を見る タグ一覧 新着コラム 一覧を見る
2020概算要求/経産省、MaaS実装など重点 15%増の1兆4292億円
日刊工業新聞 電子版
経済産業省は2020年度予算概算要求として、19年度当初予算比15・1%増の1兆4292億円を計上した。急速に広がるデジタル経済への対応やMaaS(乗り物のサー…
キヤノン、AI人材1500人増 画像処理の開発加速
日刊工業新聞 電子版
キヤノンは2021年までに人工知能(AI)人材を1500人増員する。現在、AI技術に携わる技術者は最大で数百人と明確な線引きはなく、新たにAI人材と定義した人員を大幅に拡充する。新設した教育施設と重層
マイクロソフトの複合現実ヘッドセット「HoloLens 2」、来月発売
ガジェット通信 GetNews
その約束はしっかりと実行されるようだ。マイクロソフトのAI研究を担当する上級副社長Harry Shum氏が、中国・上海で開かれたワールドAI会議でHoloLens 2を9月に発売すると明言した。
中国のXimmerse、マーカーを使う新型ARヘッドセットを発表
Mogura VR » 中国のXimmerse、マーカーを使う新型ARヘッドセットを発表 のコメントのフィード
「Rhino X」は、2019年6月に上海で行われた展示会Mobile World Congress Shanghaiに先行出展されていました。今回改めて正式発表が行われた形となります。
フレキシブルワーク先進国フィンランド、新法導入でさらにフレキシブルに
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » フレキシブルワーク先進国フィンランド、新法導入でさらにフレキシブルに のコメントのフィード
「フレキシブルワーク」や「リモートワーク」という言葉が広く知られるようになって久しい。日本企業の間でも具体的な取り組みが少しずつ増えているように見える。
普通のメガネ風スマートグラスNorth Focals、Androidの通知に対応
Engadget Japanese RSS Feed
普通のメガネのように見えるスマートグラス「North Focals」がアップデートし、Androidの通知を表示可能になりました。
リチウム下落に中国の影 EV需要低迷で供給過剰、増産見直し (1/2ページ)
経済・政治ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト
 電気自動車(EV)向け電池の材料として不可欠なリチウムの価格が不安定だ。EV向け需要が高まるとの予測から過去3年急騰していた価格が、中国でのEV需要低迷を受けて2018年後半から下げ基調が続く。価格
中国の製造業PMI、8月は悪化-貿易戦争の激化で
ブルームバーグ 海外ニュース
中国の製造業活動を示す指標は8月に悪化した。9月1日から米国の対中追加関税が発動されるのを控え、中国国内の景気の弱さを裏付ける数字となった。
3D Systemsはトヨタと提携し自動車用AMソリューションを開発
3DP id.arts
大手3Dプリンタメーカー 3D Systems は、トヨタ自動車の完全子会社で、ドイツのケルンに本拠を置く TOYOTA Motorsport GmbH(以下 TMG)とパートナーシップを締結したことを発表。両社はそれぞれの専門知識を統合し、Additive Manufact
加速する『無人建機』の開発
RSS |トウシル|楽天証券の投資情報メディア
<今日のキーワード>  建設機械(建機)は、パワーショベル、ブルドーザー等の掘削機械、ダンプトラック(ダンプカー)等の建設や鉱山工事などで多様な作業に使用される機械の総称です。建機大手の米キャタピラー
伊藤鋳造鉄工所、ベトナム新工場の生産倍増へ
日経新聞 速報
より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。
コマツが「スマートコンストラクション」でNew Relicを採用、サービスを監視
新着一覧 | 調査のチカラ
この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。
コマツを救った坂根顧問が語る製造業復活のカギ
WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニティ) 最新記事
 「ダントツ経営」。これは競争相手より群を抜いて優れている企業を目指す、コマツが掲げる経営スローガンだ。昨年度には過去最高の売上高、営業利益を達成するなど、ここまで業績を拡大できたのは、ダントツを追い
工場に建設現場に空や鉄道…5Gは産業用途でどこまで広がるか
ニュースイッチ
 2020年春に商用化する次世代通信規格「第5世代通信」(5G)を用いた産業向け新サービスの開発が進んでいる。高精細映像などの大容量データを高速で遅延なく多数の機器に伝送できる5Gの特徴を生かし、建設
クボタ、海外向けトラクタ・建機好調で増収増益 2019年4-6月期決算
レスポンス
クボタは8月7日、2019年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。海外向けのトラクタや建設機械の好調により増収増益となった。 売上高は前年同期比7.

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧