20190614 製造業の経営者が知ってて欲しいニュース|ファーウェイ、新型PC発売中止 部品調達できず

ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者にぜひ知っていて欲しいニュース(抜粋版)をお届けします。

ファーウェイ、新型PC発売中止 部品調達できず
産経新聞 国際

 トランプ米政権が排除を進める中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が、新型ノートパソコンの発売を中止したことが分かった。米メディアが13日までに伝えた。米国による輸出禁止措置で、必要なソフトウエ

2019年のFPD向け設備投資は前年比29%減も2020年は同36%増に回復 - DSCC予測
マイナビニュース パソコン

有機EL(OLED)や液晶ディスプレイ(LCD)などのフラットパネルディスプレイ(FPD)産業動向調査会社である米Display Supply Chain Consultants(DSCC)は2019年第2四半期の最新の調査結果に基づいて、FPD業界の製造装置投資予測を更新した。

HP、世界最大の3Dプリンティング施設を設立
3DP id.arts

HP(ヒューレット・パッカード)は、第4次産業革命による変革を加速させるため、スペインのバルセロナに15万平方フィートの3Dプリンティング及びデジタル・マニュファクチャリングのための世界最大施設「HP 3D Printing and D

「ARKit3」で何が変わるの? WWDC19で発表されたAppleの最新ARについて解説
GetNavi web

Appleが「WWDC19」で発表した技術に関して、ARの進化に注目したい。筆者としては、今年のアップデートでようやくARが一般に普及する準備が整ったと感じている。

空飛ぶクルマの今~黎明へと向かう空の移動革命
InfoComニューズレター

空飛ぶクルマが実用化への階段を昇りはじめている。 2018年12月20日、経済産業省は、国土交通省と合同で、「“空飛ぶクルマ”の実現に向けたロードマップ」(以下、「ロードマップ」)をとりまとめ、公開した(図1)。

ロボットが人間の動きを予測するためのより良い方法をMITが開発
TechCrunch Japan

工場や建設現場で、人間とロボットが一緒に作業することは、非常に大きな可能性を秘めている。しかし、特にロボットが大型でパワフルな工業用である場合には、人間に対しての信じられないほどの危険性もあわせ持って

高速パレットチェンジャー搭載の工作機械コンパクトマシニングセンタ
MONOist 最新記事一覧

 ブラザー工業は2019年5月28日、独自の高速パレットチェンジャーを搭載した工作機械コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO(スピーディオ)」の新製品「R450X2」「R650X2」を同年6月17日に発売すると発表した。価格はR450X2が840

日の丸デカコーンの筆頭候補、独自技術で世界を狙うあのAI企業
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 AI(人工知能)スタートアップのPreferred Networks(PFN)は日本を代表する「デカコーン企業(企業価値が100億ドルを超える未上場企業)」予備軍だ。従業員数は200人ほどながら、上場すれば時価総額は1兆円を超えるとの報道

光ファイバー結線をロボで自動化、米Wave2Waveが通信事業者向けに従来品の半額以下で
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 米Wave2Wave Solutionは多数の光ファイバーネットワークを運用する事業者向けに、光ファイバー配線の切り替え作業を2基の直交ロボットで自動化する装置「ROME 500」「ROME mini」を開発。2019年6月12日から開催中の「Interop Tokyo 201

平岡産業、タイの金属加工部品子会社に自社開発のIoT生産監視システムを導入
鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」

自動車・電機向けに金属精密切削部品を製造する平岡産業(本社=東京都青梅市)はこのほど、タイの金属加工部品子会社E&Hプレシジョン(タイランド)に自社開発のIoT生産監視システムを導入したと発表した。日

【携帯】 19年のスマホ世界生産台数、前年比7%減で14億台割れ恐れ TrendForce調査
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!

調査会社TrendForceは2019年6月11日、19年のスマートフォン世界生産台数見通しをこれまでの前年比5%減から7%減に下方修正したことを明らかにした。これにより通年14億台割れの恐れがあるとした。世界で政治及び経済情勢のリスクが共に上昇していることを理由に挙げた。

【半導体】 半導体ファブ19年設備投資見通し、前年比19%減に下方修正
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!

台湾紙『経済日報』(2019年6月13日付)によると、SEMI台湾は同12日、半導体ファブの設備投資見通しについて、19年がこれまでの前年比14%減から同19%減の484億米ドルに、20年もこれまでの同27%増から同20%増の584億米ドルにそれぞれ下方修正した。

炭素繊維とゴム接着、耐衝撃性3倍 ハリガイ工業がシート材開発
日刊工業新聞 電子版

【水戸】ハリガイ工業(茨城県常総市、小室勉社長、0297・44・7333)は、シート状の炭素繊維とゴムを接着する技術を開発した。同技術を基に炭素繊維シートをゴムで挟んだシート材料を製作。耐衝撃性が炭素

ダイヘン、溶接・接合協働研究所を阪大に開設 学術・開発力を融合
日刊工業新聞 電子版

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集 中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

ファナック、米で先端技術研究 10年先のロボ制御・AI見据え
日刊工業新聞 電子版

ファナックは米国シリコンバレーで、ロボット制御や人工知能(AI)など先端技術の研究を本格化する。カリフォルニア大学(UC)バークレー校など現地の大学や企業と交流。ファナックが持つロボット技術を中心に、

スペースX、ファルコン9の打ち上げと着陸に成功 RADARSATを投入
sorae:宇宙へのポータルサイト

米スペースXは2019年6月12日、「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。ロケットの打ち上げと着陸、そしてRADARSATの投入は成功しています。

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧