ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

3Dプリンター用素材市場が2024年に45億ドル規模へ|世界の3Dプリンターニュース「セカプリ」
セカプリ

アメリカの市場調査会社リサーチ・アンド・マーケッツが、全世界の3Dプリンター用素材市場が、2024年に45億ドル(約4,950億円)規模へ到達すると予想するレポートを発表した。それによると、現時点で15億ドル(約1,650億円

航空宇宙市場分析、業界の現状と動向、予測と見通しに関するグローバルな球面軸受2019-2025
おもちゃ屋パーク

2019年世界の航空宇宙市場における球面軸受業界の現状、洞察、分析、予測と成長率2025 グローバルというタイトルの新しく公開されたレポート 航空宇宙市場用の球面軸受 2019-2025は、特徴的なセグメントを分析するために一

三菱重工、ボンバルディアの小型機事業買収で交渉
日本経済新聞 電子版

三菱重工業は5日、カナダ・ボンバルディアから小型機「CRJ」事業の取得について交渉していることを明らかにした。三菱重工は傘下の三菱航空機で「ミツビシ・リージョナル・ジェット(MRJ)」の開発を進めており、ボン

自動車部品メーカーContinentalがAMセンターを開設
3DP id.arts

ドイツ・ハノーファーに本社を置くタイヤ及び自動車部品メーカー Continental AG(コンチネンタル)は、自動車部品製造における3Dプリンティング技術推進のため、ドイツ中央部の都市カルベンに、8,000㎡のAdditive Manufacturing(

エリコン、米国に最先端のAM施設を開設
3DP id.arts

スイスに本拠を置くAdditive Manufacturing(アディティブ・マニュファクチャリング 以下 AM)サービスプロバイダー大手 Oerlikon AM(以下 エリコン)は、現在進行中の米国成長戦略の一環として、ノースカロライナ州南西部の街ハ

EOSが四種類のメタル3Dプリンター用新素材をリリース|世界の3Dプリンターニュース「セカプリ」
セカプリ

ドイツのハイエンドメタル3DプリンターメーカーのEOSが、四種類のメタル3Dプリンター用新素材をリリースした。リリースしたのはステンレススチールCX、アルミニウムAIF357、チタニウムTi64グレード5、チタニウムTi64グレード

Protolabs introduces production capabilities for metal 3D printing
3D Printing Media Network

Digital manufacturing company, Protolabs has launched production capabilities for its metal 3D printing service. The new capabilities use secondary processes to improve the strength, dimensional accuracy, and cosmetic appearance of metal parts.

グローバル経営・適地生産適地販売/内山工業 ベトナムに車部品の最大拠点
日刊工業新聞 電子版

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集 中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

全身3D スキャナー量産機「3D GATEWAY」をさらにバージョンアップ。40分で組み立て可能・設置場所に応じてサイズの可変が可能。
PANORA

「どこにでも持ち運べて、誰でも簡単にスキャンできる全身3Dスキャナー」がさらにパワーアップ

大成建設とソフトバンク、可搬型5G設備を活用した自動運転建機の実証実験に成功
レスポンス

大成建設とソフトバンクは6月5日、 次世代移動通信「5G」を用いた、建設機械の自動運転と精細映像伝送の実証実験に成功したと発表した。

カメラ映像を網膜に直接投影、新興企業の革新技術
日本経済新聞 電子版

QDレーザ(川崎市)は半導体レーザー技術を使い、視覚障害者の視力を補うメガネ型のウエアラブル端末を開発する。メガネに付いたカメラで撮影した映像を網膜に直接投映する仕組みだ。周囲の景色に映像を重ねて表示で

中国補助金4倍に拡大、自由貿易への懐疑広がる 通商白書骨子案
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は4日、2019年版通商白書の骨子案をまとめた。製造業など貿易産業の雇用減少を格差拡大の要因ととらえる先進国を中心に、自由貿易への懐疑が広がっている現状を論じた。政府主導の市場歪曲(わいきょ

「公正なM&Aの在り方に関する指針」案を読む
M&A online

経済産業省は、5月15日、「公正なM&Aの在り方に関する指針-企業価値の向上と株主利益の確保に向けて-(案)」(以下「本指針案」という。)に係るパブリックコメントの受付を開始した。

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧