ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

「海外は量子アニーリングに見切り」──ハードもソフトも開発する量子ベンチャー「MDR」に聞いた「量子コンピュータの今」 (1/5)
ITmedia NEWS 最新記事一覧

 東京大学の最寄り駅の一つ、丸ノ内線「本郷三丁目」駅を降りてすぐの雑居ビルの一室に、世界有数の競争力を持つ量子コンピュータのベンチャー企業がある。

超高解像度VR/ARデバイス「XR-1」発表、トヨタで進むHoloLensの活用 ー 週間VR/AR/MRニュース
Mogura VR » 超高解像度VR/ARデバイス「XR-1」発表、トヨタで進むHoloLensの活用 ー 週間VR/AR/MRニュース のコメントのフィード

「週間VR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 1.

自動走行モビリティロボットを事業化へ、1人乗り「ガルー」と2人乗り「モビリス」
MONOist 最新記事一覧

 Doogは2019年5月13日、シンガポール子会社のDoog Internationalと共同で、モビリティロボットの事業化を開始すると発表した。

オンライン部品加工のProtolabsが創業20周年
MONOist 最新記事一覧

Protolabsは、米国本社が2019年5月5日に創業20周年を、日本事業を担うプロトラブズが同月15日に国内事業開始から10周年を迎えたと発表。現在、世界60カ国、4万5000人以上の設計開発者が同社のサービスを利用している。

わが国にはレアアース以外にも「世界1位」がこんなに! 米中貿易戦争のカードになり得るか=中国
エキサイトレビュー | エキサイトニュース

 米中の貿易戦争がエスカレートするなか、中国共産党の機関紙・人民日報系の環球時報の編集長がSNS上で「中国はレアアースの輸出規制を真剣に検討している」と発信した。レアアースはスマホや電気自動車といった

東エレク、アドバンテ、SUMCOなど高い、ファーウェイへの一部輸出規制緩和受け半導体関連に買い戻し◇
seijji=maeharaaaさんのブログ

 東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体製造装置関連やシリコンウエハーを手掛けるSUMCO<3436.

中国、対米関税6兆円分引き上げ
中国、対米関税6兆円分引き上げ
共同通信

 【北京共同】中国政府は6月1日、米国からの輸入品600億ドル(約6兆5千億円)分の追加関税率を従来の最大10%から最大25%に引き上げる。米国が中国からの輸入品2千億ドル分に対する追加関税率を引き上げたことに対する

NASA、2020年の月面機材輸送に3社選定 70年代以降初
AFPBB News – 総合新着記事100 –

【6月1日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は31日、2024年の有人月面着陸を視野に、2020、2021両年に月面への機材輸送を実施する計画を発表した。実行されれば、1970年代以降初となる。

ソユーズ打ち上げ中に落雷も、GLONASS衛星は打ち上げ成功
sorae:宇宙へのポータルサイト

ロシアの「ソユーズ 2.1b」ロケットの打ち上げが5月27日に実施され、ロケットに雷が落ちるというハプニングがあったものの、人工衛星「GLONASS-M」は無事投入に成功しました。

鼓童ワン・アース・ツアー2019『道』日本ツアースタート!次世代への継承
エンタステージ

2019年5月24日(金)に東京・立川公演を皮切りに、鼓童ワン・アース・ツアー2019『道』日本ツアースタートした。太鼓芸能集団「鼓童」は、太鼓を中心とした、伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造

M&Aニュース|エボラブルアジア(6191)、ハワイ旅行専門ブランド展開のセブンフォーセブンエンタープライズの全株式取得、子会社化|日本M&Aセンター
M&Aニュース

エボラブルアジア(6191)は、株式会社セブンフォーセブンエンタープライズ(東京都港区赤坂)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

空飛ぶクルマに革命!? 水素燃料電池で飛ぶ「Skai」は航続距離640キロ
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

滑走路不要、そして電気で動く垂直離着陸機(eVTOL)の開発に各社がしのぎを削る中、このほど米国のスタートアップから新手の空飛ぶクルマが現れた。

中小支援し最賃1000円へ 政府が方針確認
日刊工業新聞 電子版

政府は30日、「ニッポン一億総活躍プラン」と「働き方改革」のフォローアップ会合を開いた。賃金引き上げについては、最低賃金(最賃)を年率3%程度をめどに高め、全国…

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧