20190409  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|Rocket Labが人工衛星の製造サービスを提供へ

ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

Rocket Labが人工衛星の製造サービスを提供へ
TechCrunch Japan

ニュースペース(NewSpace)業界でも注目度の高い、ロケットの打ち上げや人工衛星関連サービスを提供するRocket Lab(ロケット・ラボ)。同社は新たに、人工衛星の製造をそのビジネスに加えることになる。

ドイツ大手企業がシンガポールにAM技術研究施設を開設
3DP id.arts

ドイツのエッセンに本社を置く鉄鋼・工業製品メーカー大手ThyssenKrupp AG(ティッセンクルップ)は、アジア太平洋地域の新規顧客に、ティッセンクルップのエンジニアリング能力とAdditive Manufacturing(3Dプリンティング)製造

宿題「自動化」する”書き写し”ロボット発売に賛否両論...中国
ROBOTEER

中国のオンラインストアに「書き写し系」の宿題を代替してくれるロボットが人気だとして話題だ。

AMDは、Intel CPU不足の解消後が正念場
EE Times Japan 最新記事一覧

7nmの準備を着実に進めるAMD  ある市場観測筋によると、IntelのPCプロセッサの供給不足が続いていることにより、AMDに新たな扉が開かれ、これまで長期にわたりライバル同士だった両社は、2019年後半に向けて戦いを繰り広げ

JOLED、印刷方式有機ELの量産に向けて千葉事業所に後工程製造ラインを構築
マイナビニュース パソコン

JOLEDは4月8日、2019年4月1日付けで印刷方式の有機ELディスプレイパネルの後工程製造ラインを担当する「JOLED千葉事業所」を開設。後工程製造ラインの構築を開始したことを明らかにした。

半導体不況の影響は限定的? - TSMCの業績、第2四半期から回復の見通し
マイナビニュース パソコン

半導体メモリの価格暴落に端を発した半導体不況は、ファウンドリ企業にも影響を及ぼし、トップシェアのTSMCの2019年第1四半期売上高は、前年同期比18%減とTrendForceが予想していたが、台湾の複数メディアが「TSMCは、2019年第

ドコモ、中小向けIoTサービス 機械の稼働状況可視化
日刊工業新聞 電子版

NTTドコモは8日、既存の製造機械にセンサーを外付けすることで生産ラインの稼働状況をリアルタイムに可視化する中小製造業向けIoT(モノのインターネット)サービス…

ファナック、サーボモーター部品加工の新工場 米中回復に備え
日刊工業新聞 電子版

ファナックは9月に山梨県忍野村の本社地区にサーボモーターの部品加工を手がける工場を新設する。約120億円を投資する。これまでモーター部品の加工は同地区内の2工場で手がけていた。統合により生産効率を従来

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧