20190403  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|米国の自動車輸入制限、米中の貿易摩擦より影響が大きい-WTO

ものづくり(製造業)経営コンサルタントの井上です。

本日のものづくり企業・製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

米国の自動車輸入制限、米中の貿易摩擦より影響が大きい-WTO
Bloomberg.com

外国車の輸入を制限するとのトランプ米大統領の脅しは、米中間の貿易摩擦よりも世界経済への影響が大きいと、世界貿易機関(WTO)のチーフエコノミスト、ロバート・クープマン氏が指摘した。

【車載】 中国、EV向け補助金半減 航続250キロ未満は廃止 「対米譲歩」と中国メディア
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!

中国財政部は2019年3月26日、同年6月から電気自動車(EV)に対する補助金を削減すると公表した。

ファブレス半導体市場で存在感を増す中国勢 - IC Insights
マイナビニュース パソコン

米IC Insightsは、2018年の半導体ファブレス・IC設計企業の本社所属国別売上高市場シェアの調査結果を発表した。それによると、2018年は米国勢(米国に本社を構えるファブレス企業群)が68%のシェアを獲得した。シリコンバレー

日本のEUV周辺技術開発企業「EIDEC」が解散 - 日本のEUVの研究協業が終焉
マイナビニュース パソコン

茨城県つくば市でかつてEUVリソグラフィ(EUVL)関連の国家プロジェクトを2011年~2015年の4年間にわたって推進し、その後も自主的な民間共同研究プログラムを実施してきた先端ナノプロセス基盤開発センター(EIDEC。国家プロジ

米中通商交渉、ワシントンで再開へ-大半の問題で合意とFT紙
Bloomberg.com

中国の劉鶴副首相は3日、長引く米中の貿易紛争を終結させる合意に向けた交渉をワシントンで再開する。

Brainの工場・小売向け自動走行荷物配送ロボが近くデビュー
TechCrunch Japan

Brainはこれまでに調達した資金を活用し、今日、店舗用の自動走行荷物配達ロボット立ち上げを発表した。

市販ロボットで教示レスのばら積みピッキング、スロバキアのベンチャーが披露
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

高度な品質や安全を5Gで実現、製造業各社がユースケースを実演
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

最難関のロボットアームに参入続々、産業構造に変化の兆し
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 工作機械メーカーのオークマが、ロボットに参入する。同社のNC(Numerical Control、数値制御)旋盤の加工室内に取り付けられる「ARMROID(アームロイド)」を自社で開発し、2019年6月ごろに出荷を開始する予定だ。「市販の

落ち込みが止まらない半導体世界売上高、約10年ぶりに2ケタの減少
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 米SIA(Semiconductor Industry Association)の発表によると(ニュースリリース)、2019年2月の半導体の世界売上高は328億6000万米ドル(約3兆6600億円)であり(3カ月の移動平均、以下同)、前年同月比で10.

衝撃のAI人材25万人育成計画、裏に2つの「失策」が
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 政府の統合イノベーション戦略推進会議は2019年3月29日、人工知能(AI)技術を活用できる人材を年間25万人育成する大胆な戦略案を取りまとめ、公表した。今夏に正式決定する。

スマートな工場を実現するのに必要なスマートな組織とスマートな思考法 (1/2)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 「つながる工場」実現に向け、製造業、製造機械メーカー、ITベンダーなどが参加するIndustrial Value Chain Initiative(IVI)は2019年3月14〜15日、都内で「IVI公開シンポジウム2019-Spring-」を開催した。

産業ドローンの量産化とドローンサービス事業創造で協働
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

エアロネクストとVAIOは、「4D Gravity」技術を搭載した産業ドローンの量産化に着手した。また、両社は同技術を応用した用途別ドローンサービス事業の創造に向け、共同での事業化の検討を開始した。

日本発世界へ、IVIと東芝がハノーバーメッセ会場で日本の成果を披露
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)で開催されたインダストリー4.0への取り組みを有識者が語るフォーラム「Forum Industrie 4.

打刻なしの勤怠管理システム、厚労省が適法性を認める
ASCII.jp - トップ

 2019年4月1日、ソニックガーデンは打刻なしで利用できる勤怠管理システム「ラクロー」が、4月から施行される「労働基準法および労働安全衛生法」における「労働時間の把握方法」に適合している旨の回答を厚生労働省

世界成長、下方修正へ=貿易戦争激化に警告-IMF専務理事
世界成長、下方修正へ=貿易戦争激化に警告-IMF専務理事
Yahoo!ニュース・トピックス – 主要

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は2日、ワシントンで講演し、「世界経済は成長の勢いがさらに失われた」と述べ、来週公表する最新見通しで、今年の成長率を従来の3.5%から下方修正するこ

50年の歴史を持つ米抵抗器メーカー、日本に本格参入
EE Times Japan 最新記事一覧

 50年の歴史を持つ米国の抵抗器メーカー、Riedon(リードン)が、本格的に日本市場に参入する。

Intelの新FPGA「Agilex」、高い柔軟性を実現 (1/3)
EE Times Japan 最新記事一覧

 Intelは2019年4月2日(米国時間)、10nmプロセスを採用したFPGAの新ファミリー「Agilex(アジレックス)」を発表した。Intelのプログラマブルソリューションズ事業部でチーフプロダクトマーケティングオフィサーを務めるPatric

【アイシン精機】グループ企業の経営統合へ突き動かしたドイツの脅威
ニュースイッチ

 10年ほど前、自動車部品大手の独コンチネンタルや同ボッシュの台頭を目の当たりにした自動変速機(AT)大手、アイシン・エィ・ダブリュ(AW)社長の尾崎和久は、危機感を覚えていた。「日本でもドイツの力が

トヨタ、HV特許を無償開放 市場拡大へ年内にも
日本経済新聞 電子版

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)について、年内にも自社の関連技術の特許を使用する権利を無償開放する方針を固めた。世界的な燃費規制の強化を追い風に、競合他社に技術を無償提供してHVの市場拡大を目指す。関

航空機の姿を変えるかも?変形可能な翼構造をNASAとMITが開発。軽量高効率な設計が可能に
Engadget Japanese RSS Feed

飛行機の翼というのは離陸、巡航、着陸といたそのフライトの各段階において必用な動作を得るため、翼断面形状を替えるフラップを操作して揚力をコントロールします。しかし、NASAとMITの研究チームは現在、フラップや

世界初の5G、韓国KTが5日から 月8000円でデータ通信「完全無制限」
Engadget Japanese RSS Feed

韓国の携帯キャリアKTが、スマホ向け世界初の5Gサービスを4月5日に開始します。月8万ウォン(約8000円)で、韓国国内のデータ通信が無制限となるほか、185か国において国際データローミングが100kbpsで使い放題に。対応端末

JDIの資本増強交渉 世耕経産相、コメント控える
日刊工業新聞 電子版

バーチャル・エンジニアリング Part2 危機に直面する日本の自動車産業 実際の設計選書 差別化戦略のための生産システム プロセス技術と設備技術の融合

きょう米中閣僚協議 溝深く難航必至
日刊工業新聞 電子版

米中による閣僚級の貿易協議が3日、米ワシントンで開かれる。3月28―29日に続く閣僚級協議で、追加関税の扱いや知的財産権の侵害について話し合う。4月末に予定する…

焼津水産化学、調味料生産にIoT 作業標準化で品質安定
日刊工業新聞 電子版

【静岡】焼津水産化学工業は魚介類を原料とする各種調味料など生産拠点で、IoT(モノのインターネット)を活用した生産性向上に取り組む。業務効率化とともに、多種多様な調味料製造の作業を標準化して品質を安定

大日印、IoT機器のサイバー対策ソフト提供 イスラエル社と提携
日刊工業新聞 電子版

大日本印刷は、IoT(モノのインターネット)機器のシステム制御ソフトウエア(ファームウエア)の開発を手がけるイスラエルのヴイドゥーと販売提携した。IoT機器に対…

印の産ロボ販売、17年30%増 6年間平均成長率は18%
日刊工業新聞 電子版

国際ロボット連盟(IFR)がまとめた2017年のインドの産業用ロボットの販売台数は前年比30%増の3412台だった。12―17年まで6年間の年平均成長率は18%…

軽トラからドローン発進 ナイルワークス、ダイハツと共同開発
日刊工業新聞 電子版

ナイルワークス(東京都渋谷区、柳下洋社長、03・6804・8555)は、ダイハツ工業と共同で、飛行ロボット(ドローン)と軽トラックを組み合わせた運行管理システムの研究に乗り出した。農作業のために軽トラ

仏シュナイダー、産機操作モニターで故障診断 現場でIoT活用
日刊工業新聞 電子版

仏シュナイダーエレクトリックは、産業機器向けの表示・操作モニターが、IoT(モノのインターネット)システムなどと簡単に接続する仕組みの開発を日本で始めた。3―5年後に事業化を目指す。生産現場の作業者が

アングル:中国テク企業が「新陳代謝」、憂き目にあう中年社員
ロイター: トップニュース

[香港/北京 25日 ロイター] – 中国の大手テクノロジー企業は、活力にあふれた若者への求人を強化している。ベテランのマネジャーたちがその犠牲になる場合もある。

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧