20180919  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|”超”モノづくり部品大賞

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

「2018年”超”モノづくり部品大賞」受賞36件が決定
PR TIMES

「2018年”超”モノづくり部品大賞」受賞36件が決定 大賞は日立の超音波探触子

グーグルとファーストリテイリングが協?? : 全社デジタル化を加速
ZDNet Japan 最新情報 総合

 米Google傘下のGoogle Cloudとファーストリテイリング(ファーストリ)は9月19日、人工知能(AI)や機械学習などの先端技術の業務活用に向けて協業すると発表した。ファーストリ 代表取締役会長兼社長の柳井正氏は、「製

BMWの次世代EV車「iNEXT」は3Dプリント部品を装備
3DP id.arts

BMW Vision iNEXTは、2021年より生産を予定している同社の新型EVカーのひとつで、現行モデルである同社EV車「i3」で得たノウハウをフィードバックし開発され、完全な自動運転機能などを備えた次世代EV車両である。

トヨタ自動車がギークプラスのSLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」を導入
TechFactory FA �V���L��

ギークプラス(Geek+)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場に導入したことを発表した。  ギークプラス(Geek+)は2018年9月7日、国内初の工場内導

【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
Feedly Blog

株式会社FAプロダクツ、MODE, Inc.(本社:米国カリフォルニア州)、株式会社神戸デジタル・ラボの3社は、製造業に特化した高速クラウドサービス「FA Cloud」を共同開発し、9月末より提供を開始する。

MITの研究グループがAIの推論プロセスを可視化!画像認識の精度が向上へ
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

複数のレイヤーから構成されるニューラルネットワーク。その推論プロセスを追うことは不可能で、入力から出力までの間のブラックボックスをいかに可視化するかが課題となっている。

イケア、自動運転向け家具事業に参入 7つのデザインを同社研究機関SPACE10が発表
自動運転ラボ

イケアが公式発表した「オフィス」デザインのコンセプト:出典:Space10公式発表家具販売の世界最大手イケア(本社:スウェーデン)が、自動運転車向けの家具デザインに本格的に取り組んでいることが2018年9月18日、明

売り切り型では先細り…金型メーカーが狙うストック型ビジネスとは?
ニュースイッチ

 IBUKI(山形県河北町、松本晋一社長、0237・72・7121)は、自動車部品メーカーなどを対象とした射出成形用金型の内製立ち上げ支援事業に乗り出す。設計や仕上げ責任者など金型の製造・開発に携わる

18年超モノづくり部品大賞/受賞部品・企業一覧
日刊工業新聞 電子版

▽マイクロナノバブル発生器 ノリタケカンパニーリミテド ▽超小形電磁ブレーキ「SBR」 シンフォニアテクノロジー

ANA、宇宙事業へ一歩 JAXAなどと連携、モデル創出
日刊工業新聞 電子版

ANAホールディングス(HD)が宇宙ビジネスを目指して“小さな一歩”を踏み出した。分身ロボットのアバターを活用することで地上に居ながら宇宙で作業したり、宇宙を楽しんだりできるようにする。6

半導体工場の装置投資額、今年14%増628億ドル SEMI見通し
日刊工業新聞 電子版

米SEMI(カリフォルニア州)は18日、半導体ウエハーに回路を形成する前工程の半導体工場の装置投資額が、2018年は前年比14%増の628億ドル(約7兆円)とな…

日産連合、米グーグルと提携=次世代の車載システム開発
日産連合、米グーグルと提携=次世代の車載システム開発
Yahoo!ニュース

 日産自動車と三菱自動車、仏ルノーの3社連合は18日、次世代の車載情報システム分野で米グーグルと提携したと発表した。グーグルの基本ソフト(OS)、アンドロイドをベースに、カーナビや娯楽など多様なサービスを利

 

[box06 title=”あわせて読みたい”][/box06]

 

勉強会のご案内はこちら>>