20180417 製造業の経営者が押さえるべきニュース|外国人研修生・在留資格

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

働かせるが定住はダメ…政府が新創設する「外国人在留資格」の問題点
現代ビジネス | 講談社

外国人労働力のさらなる確保が目的だという。労働力不足を何とか解消しようとする政府の焦りのようなものが感じられるが、その焦りがこの国の歪みをさらに加速させてしまうのではないか。そんな懸念をもった。

【液晶パネル】 アップル、サムスンに有機EL値下げ要求か 「iPhone X」は110米ドル
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
ディープラーニング高速化の先に望む 「意識を持つ」AIで、業界トップを目指す
起業・会社設立ならドリームゲート。起業の方法を知りたい方へ、無料相談・面談受付中。起業のプロが多数在籍

企業の競争力を左右するテクノロジーとして、ここ数年、AIはあらゆる分野で採用され始めている。AIベンチャーの起業も活発だが、神経科学をバックボーンに新たなAIの開発に取り組むのが株式会社アラヤだ。

ホンダジェット中国手応え 8機受注、年内にも引き渡し
メーカーニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 ホンダの米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長は16日、中国・上海で記者会見し、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」が「中国でこれまでに8機の受注があった」と手応えを示した

新井精密、IoTで製造一元管理 出荷まで見える化
日刊工業新聞 電子版

【川越】新井精密(埼玉県秩父市、新井利幸社長、0494・26・7786)は、IoT(モノのインターネット)による製造装置の一元管理や2次元コードによる生産管理シ…

服に貼れる太陽電池、理研と東レが開発 アイロンもOK
日刊工業新聞 電子版

理化学研究所と東レの研究グループはエネルギー変換効率が最大10%で、100度Cで加熱しても劣化しない超薄型有機太陽電池を開発した。アイロンをかけても同効率が落ちないことを確認した。アパレル分野で使

米テスラCEO、18年下期は黒字化見通し
日刊工業新聞 電子版

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本 イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

EDI利用で中小連合 企業庁と連携、標準仕様を普及促進
日刊工業新聞 電子版

IT企業など十数社が経済産業省・中小企業庁と連携し、中小企業による電子データ交換(EDI)利用を促す目的でコンソーシアム(企業連合)を立ち上げる。NTTデータ、スマイルワークス(東京都千代田区)

エッジクロスコンソーシアム、製造業のIoT化支援 基本ソフト投入
日刊工業新聞 電子版

一般社団法人エッジクロスコンソーシアム(東京都港区)は16日、工場用IoT(モノのインターネット)基盤「Edgecross(エッジクロス)」の基本ソフトウエアを…

ファナック、IoT基盤機能拡充 アプリのユーザー開発可能に
日刊工業新聞 電子版

ファナックは工場用IoT(モノのインターネット)基盤「フィールドシステム」の機能を拡充する。現場の機器に指令を出して動かすためのアプリケーション(応用ソフト)などをユーザーが開発できるようにしたほか

米AmazonのAI研究者が来日したので、Alexaの仕組みについて聞いてみた①
AI新聞=AI Weekly=

世界的に人気のAIスピーカー、Amazon Echoに搭載されているAI、「Alexa」。果たしてAI的にはどんな仕組みで動いているのだろう。Amazonアメリカ本社のAlexa機械学習プラットフォームのバイス・プレジデントRavi Jain氏が来日した

2018年中堅・中小企業における自動化およびRPA関連ソリューションへの投資動向
CNET Japan 最新情報 総合

2018年 中堅・中小企業における自動化およびRPA関連ソリューションへの投資動向 ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ TEL:03-5244-6691URL:http//www.norkresearch.co.

出光、有機EL材料事業の新会社を中国に設立
EE Times Japan 最新記事一覧

 

【半導体】 長江存儲の3D NANDフラッシュ、32層64Gは18年生産開始 64層128Gは19年開発
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!

中国の半導体大手Tsinghua Unigroup(清華紫光集団)の趙偉国・董事長は、中国深センで開催された「CITE 2018(China Information Technology Expo=第6回中国情報技術エキスポ、2018年4月9〜11日)に出席した際、同社傘下の長江存儲(Yangtze

賃上げ20年ぶり高水準2.4% 人材確保へ脱・横並び
日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞社が15日まとめた2018年の賃金動向調査(1次集計、4月3日時点)で、平均の賃上げ率は2.

投影した映像をインタラクティブに操作できるスマートフォン連動型ARプロジェクタ「Count」kickstarter登場
Seamless

Countは、スマートフォンと連動して動作するように作られており、動画や画像、その他アプリをプロジェクタを通して投影することができます。また、投影した映像をインタラクティブに操作することも可能。

ホンダのロボット芝刈り機は、日本でも普及するのか (1/4)
ITmedia ビジネスオンライン 最新記事一覧

欧州でロボット芝刈機が普及しているが、ホンダもロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」を投入した。あまり聞き慣れないロボット芝刈り機とは、どんなモノなのか。また日本でも発売されたが、国内市場で普及するのだろう

2022年までに出荷されるコネクテッドカーは1.25億台の見通し
トピックス

Counterpoint社のIoT(Internet of Things)トラッカーサービスの最新の調査によれば、世界のコネクテッドカー※市場は2020年までに270%成長し、接続機能を搭載して出荷される乗用車は、2018年から2022年の間に1.

量子コンピューター企業ラティス、 暗号通貨を用いた資金調達ICOを開始。量子コンピューターのブロックチェーン応用を加速させる
ValuePress!

 量子コンピューターのブロックチェーン応用に力を入れているエストニアのIT企業「ラティス」は暗号通貨を利用した資金調達を開始すると発表した。ラティスは、「量子コンピューターは既に存在する技術だが、応用で

ロボットや人工知能に電子人として法的地位を与える。ヨーロッパで可決された決議に警告を促す専門家たち
カラパイア

 ロボットに法的地位を与える目的は、人工知能によって損害が生じた場合に責任を課せるようにすることだった。

中国新車販売、3月4.7%増
日刊工業新聞 電子版

【新刊】めっちゃ、メカメカ!強度設計-壊れない部品のカタチって、どうやって決めるん! イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

DMG森精機、三重県と協定 航空宇宙・車で高度人材育成
日刊工業新聞 電子版

DMG森精機と三重県は産業やスポーツ、景観などの分野で連携する協定を結んだ。同県が工作機械メーカーと包括的な連携協定を結ぶのは初めて。2年制の「ものづくり創造専…

中堅中小、賃上げ・投資堅調 収益圧迫、一段の政府支援を
日刊工業新聞 電子版

中堅・中小企業による賃上げ・設備投資が堅調に推移している。大手企業との収益格差が鮮明な中にあって、2018年春闘では中堅・中小企業による賃上げ率は高水準の回答が相次ぎ、設備投資も中堅企業の17年1

サービス施設も激減…超高齢化社会、真っ只中の日本 自治体の半数“896”消滅の可能性 (1/3ページ)
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 日本の人口が減りつづけている。出生数は2016年に初めて100万人を下回ったが、2065年には約55万人にまで落ち込むという。将来のためにどんな備えが必要なのか。「20年後の日本」を襲う6つの課題について識者に聞いた。

若松で中小企業サミット 商品開発、販路拡大支援へ
東日本大震災

 経済産業省は14日、会津若松市の會津風雅堂で全国の優良中小企業が一堂に会する地域未来けん引企業サミットを初開催し、企業育成の新たな取り組みを開始した。世耕弘成経済産業相は国の認証を受けた本県と全国

ヤマト運輸、「無人宅配」実験へ 初の「自動運転技術」使用
産経新聞 経済

 宅配便最大手のヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は、運転席にドライバーが完全に乗らない状態(ドライバーレス)で宅配便を配送する実験を、4月24日に神奈川県藤沢市で実施する。両社は人手不足対

全固体電池の特許出願、5割超の日本が国際標準狙う
ニュースイッチ

 経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は車載向けの全固体リチウムイオン電池(全固体LIB)の国際標準化戦略を策定する。2022年度をめどに国際規格・基準への反映を想定した全固体L

NASAとロッキード・マーティンが開発中。マッハ1.4、高度16kmを静かに飛ぶ超音速旅客機「QueSST X-plane」
ギズモード・ジャパン

お披露目は2021年の予定! かつて大空を超音速で飛んでいたコンコルド。音がうるさい、ソニック・ブームが発生する、コスパが悪いなどの複合的な理由で、2003年には終焉を迎えてしましました。そして今も、超音速旅客

ソニー、宇宙ビジネス参入 家電技術で衛星機器量産
日本経済新聞 電子版

 ソニーが宇宙ビジネスに乗り出す。家電に使う技術を転用し、小型衛星用の光通信機器を量産する。米国を中心に宇宙ベンチャーが台頭し、民間主導で従来よりコストを大幅に抑えたミニロケットや小型衛星の市場が立

ミュンヘン工科大学ら、動画内における人の顔の偽造を検出するDeep-learningを用いたアルゴリズム及びデータセット発表
Seamless

ミュンヘン工科大学、フェデリコ2世・ナポリ大学、フリードリヒ・アレクサンダー大学の研究者らは、動画における人の顔の偽造を検出するDeep-learningアルゴリズム及びビデオデータセット「FaceForensics」を発表しました。

ユーザー中心組織論
Recently Uploaded Slideshows

Upcoming SlideShare Loading in …5 ×