製造業経営コンサルタントの井上です。

今日のツイートでもしましたが、3Dデータの専用検索サイトが出来たそうです。

以前のブログでも取り上げたのですが、ミスミの「iCAD Library」など3Dデータの共有が進む兆しが徐々に出てきました。

機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる

いつか来るとは思ってましたが、予想よりも早いと感じてます。

考えられることは、ものづくりが今まで以上に「簡単になる」ということです。

特にものづくり肝の部分の「設計業務」が簡単になる兆しが出てきました。

これは消費財、産業財など分ける必要がありますが、大雑把に言っても簡単になる方向に行くでしょう。

設備財を設計している機械設計製作会社でも、社内では当然CADデータを流用しながら設計しています。これがデジタルの良いところです。

産業財では、今までノウハウと工数がかかった設計業務が徐々にですが、いいかは適切でないかもしれないが楽になって行くでしょう。生産性が上がるといも言えます。とは言え、設計者は設計出来るだけではだめで実際にもの(機械)が動かないと駄目です。そのために必要な知識は、広範な範囲に渡り大変であることには変わりはありません。

消費財になると、3Dプリンタなども普及してくれば、設計段階から携わることが可能になってきます。こちらもとは言え、様々な材質や加工などあるので、それを踏まえた設計ができるということ自体も大変なことです。

書いていて、結局、大変ではないかと思ったが、現在、設計に携わっている人達にはメリットがあり、生産性が上がる可能性がでてきたと言えます。

最終的には、落合陽一氏が言われてものづくりもコンピュータ上でシュミレーションが全てでき、そのデータを使いものづくりが比較的容易にできる世界が近づいていることは間違いないでしょう。

ソリューション

ものづうり企業経営力32の視点
製造業ものづくり企業WEBマーケティング
製造業ものづくり企業 賃金評価制度
産業用ロボット導入自動化コンサルティング
技能技術伝承コンサルティング

ものづくり企業工場見学型勉強会

【よく読まれている記事】 戦略

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

トヨタイムズ 「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020 第2回 」 (社長コメント全文書き起こし) から学ぶ
トヨタの組織変革のリアル
トヨタ、副社長職を廃止 役員階層減らしから見る 組織について考察
トヨタが頭を悩ませているのは「変わろうとしない」社員の存在。〜世代間ギャップは「現代病」〜
「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
今後の製造業は 生産技術と教育を 「ブラックボックス化」 することが重要

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧