20190215  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|自動車軽量化

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

旭化成:自動車関連売上高5000億円目指す、軽量化追い風-25年度に
ブルームバーグ 独占ニュース

旭化成は自動車関連事業の売上高を2025年度に5000億円と現在の倍以上に増やすことを目指す。環境対策による燃費規制の強化を受けて、世界中の自動車メーカーが車の軽量化に取り組むなど同社の素材への需要は高まるとみ

コラム:中国の5G覇権、米国の切り崩しで「大損」の可能性
ロイター: トップニュース

[香港 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] – 中国政府は次世代高速通信規格「5G」の覇権争いに勝つため膨大な資金をつぎ込み、国内企業を支援している。しかし米国は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.

中国、補助金やめる方針表明 具体策は示さず=通商協議関係筋
ロイター: トップニュース

[北京/ワシントン 14日 ロイター] – 今週北京で行われている米中通商協議に詳しい関係筋3人によると、中国は市場を歪めている国内産業への補助金制度をやめる方針を表明したものの、その手段について詳細を提

「ものづくり大国」日本の輸出が少なすぎる理由
東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名をはせたデービッド・アトキンソン氏。退職後も日本経済の研究を続け、『新・観光立国論』『新・生産性立国論

死ぬ気で学ぶ、AI開発のPFNがユニコーンになった理由
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

AI分野をリードしているのは米中の巨大IT企業だが、レースの勝敗はまだ決まっていない。注目すべき国内AIスタートアップがある。ニッポンAIは捨てたもんじゃない。

日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証 -世界で初めて日本人の基本6感情の表情を報告-
京都大学

佐藤弥 こころの未来研究センター特定准教授らの研究グループは、日本人65人を対象として、表情の表出を調べ、日本人の表情が心理学研究において著名なエクマン博士の理論とは異なることを実証しました。

自動化・ロボット化で「失われる雇用」「生まれる雇用」総まとめ
MITテクノロジーレビュー

こんな見出しを目にしたことがあるだろう。「ロボットが我々の仕事を破壊する日が来る—我々の方はまだその準備ができていない」、「ロボットに仕事を奪われる—それも予想以上に早く」、「今後13年間でロボットに8

可搬質量1kg、容積を45%縮減した超小型コンパクトロボット
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

不二越は、超小型コンパクトロボット「MZ01」を発売した。1kgの可搬ロボットでは従来製品と比較して容積が45%縮減し、ロボットへの干渉範囲を抑え、設備の省スペース化に貢献する。

超小型EVを3月発売 電池交換式で挑むベンチャー
日本経済新聞 電子版

電気自動車(EV)ベンチャーのFOMM(フォム、川崎市)がビジネス面で大きな一歩を踏み出す。2019年2月にタイで超小型EVの量産を始め、同年3月以降に顧客へ納入する。同社初の量産モデルで、「FOMM ONE(ワン)」という4人乗

Armは自動運転向けプロセッサの覇権を握れるか、本命は5nmプロセス (1/3)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 前回の記事で紹介した通り、「Arm TechCon 2018(以下、TechCon)」の最大の話題はサーバ関連だったのは確かだ。しかし、地味ながらかなり力を入れていたのが自動車関連である。ただし、本当ならTechConで発表すると思ってい

iPhone不振で間に合う? 液晶大手JDIの改革
日本経済新聞 電子版

米アップルのiPhone販売不振が株式市場に引き起こした「アップル・ショック」。先の見えない米中貿易摩擦。日本メーカーの行く手に暗雲が垂れ込める。中でも、iPhoneや中国メーカーのスマートフォン(中華スマホ)向けの

米議会、日韓に結束促す決議案提出
日刊工業新聞 電子版

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

JDIの通期見通し、5期連続の営業赤字
日刊工業新聞 電子版

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

 

 

 

勉強会のご案内はこちら>>