製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

NECが協働ロボットのインテグレーターに、「匠」によるライン設計が違いを生む (1/3)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 NECは2019年2月1日、玉川事業所(川崎市中原区)内にある「NEC DX Factory共創スペース」で会見を開き、次世代のモノづくりを具現化するコンセプト「NEC DX Factory」の展開を説明するとともに、生産ラインのスループット向上

『量子』に色めくIT業界、王道のゲート方式実用化はいつ?
ニュースイッチ

 量子コンピューター開発をめぐるITベンダー各社のつば競り合いが熱気を帯びてきた。量子コンピューターは汎用的な量子計算を行う万能型のゲート方式と、組み合わせ最適化問題に特化したイジングモデル方式に大別

ユニクロとニトリ、倉庫もすごい ロボが行き交う 物流テック最前線(上)
日本経済新聞 電子版

深刻な人手不足に悩む物流が大きく変わる。小売業や商社、ガスなど様々な業種の企業が自ら、物流のデジタル変革を急ピッチで進めている。人工知能(AI)やロボットなど最新技術を駆使する「物流テック」の最前線に迫

サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
Social Game Info

サン電子<6736>は、2月4日に、自社開発したARスマートグラス「AceReal One」の一般受注を開始を発表した。「AceReal One」は、産業用途、屋内外のフィールド作業で使用可能なMade in Japanのウェアラブルデバイスとなる。 近年、国

ディスコ、最大規模の新工場 500億円投じ半導体装置増産
日刊工業新聞 電子版

ディスコは半導体製造装置などを増産するため、同社最大の桑畑工場(広島県呉市)と同規模の新工場を呉市に建設する検討に入った。中長期の計画で、投資額は500億円程度を想定する。IoT(モノのインターネット

勉強会のご案内はこちら>>