製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

トヨタ系サプライヤーの業績、「米中」直撃で下方修正相次ぐ
ニュースイッチ

 米中貿易摩擦が日系自動車部品メーカーに与える影響が、徐々に増している。中国新車市場の減速や関税の影響を受けて、トヨタ自動車グループの主要部品メーカー7社の内、計4社が2019年3月期連結業績見通しを

1億円したシンセサイザー「Synclavier」がiOSアプリに。およそ99.9976%OFF
ギズモード・ジャパン

デフレがハンパない。 1980年代のポップス史を彩ったシンセサイザー、「Synclavier(シンクラヴィア)」。サンプラーにシーケンサーにFM音源にミキサーにコンピューターにと、とっにかく全部詰めだったこのリッチシンセは

まさに奇々怪々 - ソユーズ宇宙船にあいた「謎の孔」の正体とは?
マイナビニュース 企業IT

事実は小説より奇なりとはいうが、はたして「いつの間にか宇宙船にドリルの孔があいていた」などという奇怪な出来事が実際に起こることを、いったい誰が予想できただろうか。

サムスンが曲面ディスプレイを用いた広視野角HMD技術の特許を申請!
VR Inside

現在市販されているヘッドマウントディスプレイ(HMD)が解決すべき課題の一つが、視野角の狭さです。

LG電子が8割減益、テレビとスマホが不振
Nature Nanotechnology

アジア経済ニュース 韓国 電機 韓国LG電子は1月31日、2018年10~12月期の連結営業利益(確定値)が前年同期比79.

キーエンスはなぜこんなにも強いのか、営業利益率55%を叩き出す「カイゼン」とは?
ビジネス+IT HotTopics

 キーエンスの2018年3月期の業績は売上高5,268億円、営業利益2,929億円と営業利益率はメーカーとしては驚異的な55.6%である。

ルネサス1000人削減へ 国内市場の縮小に対応
日本経済新聞 電子版

半導体大手のルネサスエレクトロニクスはグループ従業員の5%にあたる1000人近くを削減する。6月末を退職日として希望退職を募る。顧客の自動車、産業機器メーカーが海外シフトを進めており、国内市場の縮小にあわせて

空飛ぶクルマ、19年にも全国4地域で実証 ボーイングやエアバスも参加検討
日本経済新聞 電子版

経済産業省と国土交通省は電動・自動で垂直に離着陸して移動する「空飛ぶクルマ」で、東京、大阪、福島、三重の4都府県と連携し、本格的な実証試験を2019年中にも始める方針だ。国内メーカーに加え、欧州エアバスや米

勉強会のご案内はこちら>>