20190103  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|3Dプリント製ブレーキ

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

ブガッティ3Dプリント製ブレーキのテスト映像を公開
3DP id.arts

2018年1月、ドイツの3Dプリンタ企業 Laser Zentrum Nord と共同で、世界初となる3Dプリント製ブレーキ・キャリパー(詳細はこちら)を開発したフォルクスワーゲン傘下の高級自動車メーカー「Bugatti Automobiles SAS(以下 ブガッティ

LG、労働者の作業をサポートするウェアラブルロボット「CLOi SuitBot」CESでお披露目へ
ガジェット通信 GetNews

オリジナルのデザインに改良を加えてより装着しやすくし、またサポート力も大幅にアップさせている。

スマート装具で産業用ロボットをプログラミング–成長を遂げる独新興企業Wandelbots
スマート装具で産業用ロボットをプログラミング--成長を遂げる独新興企業Wandelbots
Yahoo!ニュース

 Wandelbotsは、ドイツで最も著しい成長を遂げている新興企業の1つだ。同社は、コードを1行たりとも記述しなくても誰でもロボットのプログラミングができるようにしたいと考えている。ドレスデンを拠点とし、創業からた

インド、2022年に有人宇宙船打ち上げ ロ米中に次ぎ4番目
AFPBB News – 総合新着記事100 –

【12月29日 AFP】インド政府は28日、同国初となる有人宇宙船を2022年に打ち上げると発表した。宇宙船は宇宙飛行士3人を乗せて軌道に投入され、最大1週間にわたり宇宙空間を飛行する予定。有人宇宙船の打ち上げは、ロシア

原子拡散積層造形法による金属3Dプリンタ「Metal X」を日本で出荷開始
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

3D Printing Corporationは、Markforgedの金属3Dプリンタ「Metal X」の日本国内での出荷を2018年12月より開始する。従来の10分の1のコストで、高強度・高密度の金属部品を造形できる。

中部の工作機械受注、20カ月ぶり減 中国向け半減
日本経済新聞 電子版

中部の工作機械各社の受注増にブレーキがかかった。中部経済産業局が27日発表した主要8社の11月受注額は20カ月ぶりに前年実績を割り込んだ。特に中国での減速が鮮明だ。スマートフォン(スマホ)市場の変調のほか、米

協働ロボの世界市場、2024年には8500億円
日経デジタルヘルス 新着記事

登録会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

2018年のロボット業界まとめ、13分野70社超の事例から今後の潮流をつかむ
ビジネス+IT HotTopics

広がり続けるロボットの用途と価値  最初にまず、全体的な話をしておこう。  ロボットを使って何を目指すのかは事業者によって異なる。現状の作業の改善、あるいはオートメーションを目指すのか。そうではなくて何

世界の自動運転車、40年には4412万台で全体の3割超に LIDAR市場も本格化
ピックアップ | ニコニコニュース

 富士キメラ総研は25日、「自動運転・AIカー」の世界市場調査結果を発表した。2017年にAudiとGMによる発売(レベル3、条件付き運転自動化)で幕を開けた「自動運転・AIカー」市場は、その後もメーカー各社が熾烈な開発競

ヤマハ発動機が組織改編---「IT本部」を新設など
レスポンス

ヤマハ発動機は12月27日開催の取締役会において、2019年1月1日付の組織変更を決定した。「IT本部」を新設、「モビリティ技術本部」、「先進技術本部」、「PF車両ユニット」を再編するなど、変更は広範囲に及ぶ。

Micron、売上高減少も19年には回復見込む
EE Times Japan 最新記事一覧

 ここ数週間で、過去2年間にわたるメモリチップ販売の増加に歯止めがかかる兆しが強まっていたが、米国のメモリメーカーであるMicron Technology(以下、Micron)も、不況の波が間近に迫っている兆候を示した。

This is a chart about the world through the eyes of the US.
The Pudding

The countries that have preoccupied Americans since 1900.

ボッシュ、「CES 2019」でドライバーレスEVシャトルのコンセプカー世界初出展
Car Watch

 ボッシュは、米国 ラスベガスで開催される「CES 2019」(会期:現地時間2019年1月8日~11日)に出展。コネクテッドサービス機能を備えたドライバーレスEV(電気自動車)シャトルのコンセプトカーを世界初出展する。

重量物の運搬支援スーツは創業からの目標、イノフィスCTOの理科大小林教授
日経デジタルヘルス 新着記事

 東京理科大学発ベンチャー企業で作業者の負担を軽減するアシストスーツ(装着型ロボット)製品を手掛けるイノフィス(東京都新宿区)。2014年の創業時から手掛ける作業者の腰の負担を低減するタイプの製品「マッス

世界初! 11月1日に自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売を開始しました
ピックアップ | ニコニコニュース

世界初! 11月1日に自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売を開始いたしました。 アトラス、世界初! 生産性470倍の自動栽培農業ロボット「ロボファーム」の販売開始。 太陽光発電の次はファームシェアで失敗し

成長の鍵を握るAppleの動向 - GaNパワー半導体市場
マイナビニュース 企業IT

仏Yole Développementが最近発行したGaN市場動向調査レポートにおいて、今後のGaN市場の拡大に関して、AppleがiPhoneのワイヤレス充電用にGaNデバイスを採用するか否かによって2つのシナリオが考えられるとしている。

米中貿易戦争の影響は限定的 - 米半導体製造装置大手が語る今後の市場動向
マイナビニュース 企業IT

半導体製造装置大手の米Applied Materials(AMAT)は12月10日、同社CFOのDan Durn(ダン・ダーン)氏の来日に併せ、同社の決算概況ならびに今後の事業の見通しなどの説明会を開催した。

ダイヘン、100年企業が迫られる脱皮
日本経済新聞 電子版

溶接ロボット大手のダイヘンが難路に入っている。米中貿易摩擦によって成長期待が後退し、株価は2018年の1年間で約半分になった。足元では中国の自動車関連メーカーなどの設備投資の減退の影響も受ける。創業100年を迎

韓国電池大手、車載市場で「中国+1」開拓 SKやLG化学
日本経済新聞 電子版

韓国の車載向けリチウムイオン電池メーカーが「中国+1」の市場開拓に走り出した。新興勢力のSKイノベーションは2022年までに米欧などで新工場を稼働。世界4位のLG化学は19年秋に中国で稼働させる工場で輸出に注力する。

年収2000万円!謎めいた「キーエンス」の実態
東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

平均年齢35.

勉強会のご案内はこちら>>