20181203  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|米中貿易摩擦

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

トランプ大統領、中国は米自動車への輸入関税の引き下げ・撤廃に同意
ブルームバーグ 独占ニュース

Daniel Ten Kate 2018年12月3日 13:37 JST A row of Fiat Chrysler Automobiles (FCA) 2017 Crysler Pacifica minivan vehicles are displayed for sale at a car dealership in Moline, Illinois, U.S., on Saturday, July 1, 2017. Ward’s Automotive Group released U.S.

百度のAI公園が北京市にオープン。人工知能のテーマパークとして話題に
中華IT最新事情

11月1日、北京市の海淀区に百度がプロデュースしたAI公園がオープンした。園内交通として自動運転車が使われている他、AR太極拳などの遊具も人気だと生活と熱点が報じた。

パナソニックAWS活用の衝撃。勝ち残る日本メーカーはもう「モノ売り」には頼らない
BUSINESS INSIDER JAPAN

パナソニック・ビジネスイノベーション本部 PaN/Vieureka プロジェクト CEOの宮崎秋弘氏。手にしているのはVieurekaで利用しているエッジAI搭載カメラ。

German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売|fabcross
fabcross

株式会社メイテック~個人情報保護について~ 入力前に下記の「個人情報の取り扱いに関して」をお読みいただき、記載されている内容に関して同意していただく必要があります。同意していただけない場合には、弊社が

水素ステーションじわり普及 国内約100カ所、セルフ式も解禁
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

燃料電池車に水素を補充する施設「水素ステーション」。国内ではこれまでに約100カ所が整備された(岩谷産業提供)

これぞ理想の働き方!?大和リースが事務所機能を搭載した「移動現場事務所」の新型車を発売
ジャンル

働き盛りの「ハードワーカー」にとっては夢の自動車…?大和リースは車両内に事務所機能を搭載した「移動現場事務所」を開発。2016年から、自社の支店・営業所18ヶ所に導入されている。

10月の建機出荷額23.5%増、2カ月ぶりプラス – 日本経済新聞
高所作業ニュース

日本建設機械工業会(東京・港)がまとめた10月の建設機械出荷額(補給部品を含む総額)は前年同月比23.

テラドローン、「空飛ぶクルマ」開発事業に参入 CARTIVATORへの支援開始
日本最大級のクルマ総合情報サイト、カービュー!

テラドローンは11月29日、「CARTIVATOR(カーティベーター)」とスポンサー契約を締結。日本発の「空飛ぶクルマ」開発事業に参入すると発表した。

脳からの信号でダイレクトにタブレット操作!ブレイン・コンピューター・インターフェースはここまで進化
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

キーボードやマウス、音声入力に替わるデバイス操作方法として、神経信号を直接解釈して操作するブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)が注目されている。

CPUのライバルが続々、GPUに次ぐ新たな刺客
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

米インテル製CPU「Xeon」のライバルは、米AMDや英アームが開発するサーバープロセッサだけではない。成長著しいAI分野ではGPUに奪われて久しく、“新顔”が続々と台頭してきた。

【データで読む】設計・開発で存在感を増す中国の半導体企業
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 中国政府は半導体を含めた次世代技術の国家戦略である「中国製造2025」を掲げ、半導体の生産能力向上を目指している。しかし、中国企業の生産技術は、世界の半導体製造をリードする韓国のサムスン電子や台湾の

経産省、イノベ中期戦略改定 日本が勝てる分野確立へ
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は、イノベーション創出に向けた中期戦略の改定に乗り出す。6日から約2年半ぶりに産業構造審議会「研究開発・イノベーション小委員会」を開き、半年近くの議論…

ロボメーカー認知度調査 日本1位はファナック、中国はABB
日刊工業新聞 電子版

IDCジャパン(東京都千代田区、竹内正人社長、03・3556・4760)は、日本と中国における産業用ロボットの利用動向調査をまとめた。ロボットメーカーの認知度で…

18年超モノづくり部品大賞/日本力(にっぽんぶらんど)賞 シンフォニアテクノロジー
日刊工業新聞 電子版

「電磁ブレーキの小型化は進む。今まで世の中にないサイズを目指そう。将来、必ずニーズは出てくる」。プロジ… PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

地域の“強み”を生かすため、北海道がSI育成に力を注ぐ
ニュースイッチ Newswitch

 北海道でロボットによる食品製造業の生産性向上に向けた取り組みが本格的に始動する。北海道立総合研究機構(道総研)工場試験場は20日、食品用のロボットの実機を設置した実証ラボ「ROBOLABO(ロボラボ

目指すべきは「働き方改革」ではなく「経営改革」~ネスレ日本のマネジメント・イノベーション
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

7年間で売上は27%増え、利益は78%増えたネスレ日本。その一方で一般管理費は年間9%抑えられている、という。人員減のなか増収増益を達成できた理由はどこにあるのか。

民生技術の防衛装備品適用へ、新たに選ばれ3社
Yahoo!ニュース

 防衛省は、建設機械の遠隔操縦や飛行ロボット(ドローン)、人工知能(AI)による船舶航行識別の3件における民生技術の装備品適用研究で、カナモト、セコム、日立製作所の3社をパートナー企業にそれぞれ選ん

包装・荷造機械/8年連続で生産増、輸出も過去最高
LNEWS

日本包装機械工業会は11月26日、2017年度の包装機械工業の生産・輸出入高を発表した。 生産高は年初に対前年を下回って推移したものの、夏以降に生産が回復し、4458億円(前年度比3.

AWSが新しい機械学習チップInferentiaを発表
TechCrunch Japan

AWSは、いかなる市場のいかなる部分といえども、他社に譲るつもりはない。だが現在機械学習チップと言えば、NvidiaやGoogleのような名前が心に浮かぶ。しかし本日(米国時間11月28日)ラスベガスで開催中のAWS re:Inventにおい

中小製造業の労働生産性向上の現在地、多能工化や設備投資は何をもたらしたか (1/6)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 経済産業省 中小企業庁は2018年4月に「2018年版中小企業白書(以下、中小企業白書2018)」を公表した。本稿では「中小製造業の生産性革命は、深刻化する人手不足の突破口になり得るか」をテーマとし、中小企業白書2018を

ドコモとトヨタ、ロボットのVR遠隔制御に成功 5G駆使
Mogura VR » ドコモとトヨタ、ロボットのVR遠隔制御に成功 5G駆使 のコメントのフィード

株式会社NTTドコモとトヨタ自動車株式会社は、第5世代移動通信方式(5G)を用いた遠隔地間を想定した実験環境において、トヨタが開発したヒューマノイドロボット「T-HR3」の制御に成功したことを発表しました。

アメリカによるファーウェイ叩きは欧州・日本にも影響が及ぶか?
週刊アスキー – 週アスのITニュースサイト

 米政府によるファーウェイ叩きが続いている。国内でのファーウェイ製通信機器の締め出しに加えて、欧州、そして日本に対してもファーウェイのネガキャンを展開しているという報道が出ている。米国に続いてオースト

「5G時代」の覇者は、あの国内メーカー4社だ
ビジネス+IT HotTopics

絶好調の電子部品メーカー4社の共通点  2018年11月9日、電子部品セクター主要企業の4~9月期中間決算が出そろった。  中間期決算と通期の業績見通しを村田製作所、TDK、アルプス電気、太陽誘電の4社について見てみると

AGC、EUV露光用マスクの生産能力を3倍に増強 7nm半導体の量産を見据える
財経新聞:主要記事の最新ニュースフィード

 AGCは28日、極端紫外線(EUV)マスクブランクス生産能力を2020年に現在の約3倍に増強すると発表した。7nm(ナノメートル:1ナノメートルは、10億分の1メートル)世代の半導体について、微細加工の量産化に対応する。

JEL、半導体搬送ロボ工場新設 生産能力倍増
日刊工業新聞 電子版

【福山】ジェーイーエル(JEL、広島県福山市、崎谷信夫社長、084・952・5590)は、福山市佐波町の現本社を解体し、半導体ウエハーの搬送用ロボット生産工場を…

超大型機から金属3Dプリンターまで新機種相次ぐ
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

機械加工の現場で今後の主力となっていくであろう5軸のマシニングセンター・複合加工機。第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF2018」(2018年11月1~6日、東京ビッグサイト)でも、超大型機から金属AM(Additive Manufacturing:付

ものづくり推進は「ものづくりだけを見ず」で
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

日経 xTECH有料会員または、日経ものづくり購読者限定 現在はどなたでも閲覧可能です

大同特殊鋼、「サーチャージ制」適用 来年から全顧客対象
日刊工業新聞 電子版

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

建機出荷、2カ月ぶり増 10月23%増の2526億円
日刊工業新聞 電子版

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

3Mジャパン、ロボット研磨に参入 愛知産業と連携
日刊工業新聞 電子版

スリーエムジャパン(3Mジャパン、東京都品川区、スティーブン・ヴァンダー・ロウ社長、03・6409・3800)は29日、ロボット研磨の市場に参入すると発表した。愛知産業(東京都品川区)の自動倣い機能付

味の素 2030年をめどにグループのプラ廃棄ゼロへ
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 味の素が2030(平成42)年をめどに、グループでプラスチックの廃棄をゼロにする目標を掲げたことが28日、分かった。プラスチックごみによる海洋汚染の深刻化に対応する。この問題をめぐってはストロー廃止

商品がくしゃくしゃに変形しても画像認識できる技術、「数枚の画像登録でもOK」
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 日本電信電話(以下、NTT)は2018年11月26日、「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」(同年11月29〜30日開催)の報道陣向け先行公開において、同社のAI(人工知能)技術「corevo」の1つとなる「変形対応アングルフリー物体検索技術

 

 

 

勉強会のご案内はこちら>>