20181128  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|経産省、下請け取引適正化

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

経産省、下請け取引適正化を加速 中小と国、直接対話
日刊工業新聞 電子版

経済産業省が、下請け取引の適正化へ向けた取り組みを加速させている。中小企業と国の政策担当者が直接対話する「取引適正化推進会議」を立ち上げ、全国各地で意見交換会を…

味の素 2030年をめどにグループのプラ廃棄ゼロへ
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 味の素が2030(平成42)年をめどに、グループでプラスチックの廃棄をゼロにする目標を掲げたことが28日、分かった。プラスチックごみによる海洋汚染の深刻化に対応する。この問題をめぐってはストロー廃止

商品がくしゃくしゃに変形しても画像認識できる技術、「数枚の画像登録でもOK」
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 日本電信電話(以下、NTT)は2018年11月26日、「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」(同年11月29〜30日開催)の報道陣向け先行公開において、同社のAI(人工知能)技術「corevo」の1つとなる「変形対応アングルフリー物体検索技術

なんだこの異次元な動き、浮遊体で運ぶベッコフの新リニア搬送システム
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

ベッコフオートメーションは2018年11月27日(現地時間)、ドイツで開催中の制御技術の展示会「SPS IPC Drives 2018」において、新たなリニア搬送システム「XPlanar」を発表した。

Microsoft Wins $480 Million Army Battlefield Contract
Bloomberg Professional Services

Microsoft Corp. has won a $480 million contract to supply prototypes for augmented reality systems to the Army for use on combat missions and in training, the Army said.

活気づく自律走行型ロボットの開発・実用化 ビル清掃、警備、商品棚卸など多方面で活躍へ(1/3) : JDIR powerd by JBpress
JBpress(日本ビジネスプレス)

 ロボットが自ら動き回りながら、人間に代わって日常業務を遂行する。そんな自律走行型ロボットを活用しようとする動きが目立っている。

企業で活用広がるAR/VR/MRの2019年を展望
ZDNet Japan 最新情報 総合

 2018年における法人向け分野の大きなITトレンドとして、企業向けの拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を活用した従業員向けの訓練プログラムが挙げられる。例えば、WalmartやTyson Foodsといった巨大企業は、最新のMR技術を用い

Intel、スマートなスマートグラスを発表――網膜走査、単色、カメラなし
TechCrunch Japan

スマートグラスについては長年実用化の努力が続けられてきたが、まだ成功していいない。 Google Glassesはひどく嫌われて失敗したし、Snap Spectaclesもブレークしなかった。しかしIntelの参入で事情は変わるかもしれない。

遠隔地のロボットを自分の“分身”にできるTelexistenceが十数億円を調達——エアバスやKDDI系のファンドから
TechCrunch Japan

遠隔地にいるロボットをまるで自分の分身のようにコントロールする技術によって、人間を時空の制約から開放する——。

日本のGDP、40年後に25%減 IMF、外国人材拡大を提言
日刊工業新聞 電子版

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

鹿島、ロボ活用戦略を始動 鉄骨溶接に先行導入
日刊工業新聞 電子版

鹿島が建設ロボット活用の戦略を始動する。次世代建築生産システム「スマート生産ビジョン」を策定、三つのコンセプトの一つに「作業の半…

独ボッシュ、曲面メーターパネル開発
日刊工業新聞 電子版

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

 

 

 

勉強会のご案内はこちら>>