20181116  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|2018年半導体メーカーランキング

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

「4年以内に、VRは次の段階へ」VR研究開発の最前線からの見通し
Excite Bit コネタ | エキサイトニュース

2018年11月、Facebookが米国ワシントンに巨大な研究施設を建設予定であることが報じられました。この施設は主に、Oculusの研究開発(R&D)部門である「Facebook Reality Labs」(旧名Oculus Research)のチームが使うことになります。

自動車業界に波紋!マツダの「新・人材採用法」が画期的すぎるワケ
現代ビジネス | 講談社

AI(人工知能)時代の本格的な到来を迎え、産業界ではディープラーニングなどいわゆるソフトウエアの最先端の知識・スキルをもったエンジニアの争奪戦が起こると言われている。

2018年の半導体メーカーランキング予測 - 日本企業はトップ15中に2社
マイナビニュース 企業IT

今年も余すところ1月半あまりとなったが、米IC Insightsは、はやばやと2018年における半導体メーカーの売上高ランキング・トップ15予測(ファウンドリを含む)を公開した。

「もうお手上げ」、セラコン不足で増産できない機器メーカー
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

テーマ一覧の 切り替え 2018/11/16 05:00コンデンサーが足りない! 「もうお手上げ」、セラコン不足で増産できない機器メーカー 積層コンデンサー争奪戦(前編) この記事は 仕事に役立った0 人に勧めたい0 難しい0

ファッションの未来が変わる!北欧から完全3Dプリントのリアルクローズブランド「Neo-Ex」が登場
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

ここ数年、ファッション業界に吹き荒れる3Dプリントブーム。シャネルやロエベといった有名メゾンも、競うように3Dプリントアイテムを発表している。

メルセデスベンツの次世代工場、5G通信やVR導入…2020年に「ファクトリー56」稼働へ
レスポンス

ダイムラー(Daimler)は11月15日、メルセデスベンツの次世代工場「ファクトリー56」(Factory 56)の詳細を発表した。

ニュージランドから新たな民間ロケット「Electron」が商業打ち上げに成功
ギズモード・ジャパン

先週土曜日のこと、アメリカの航空宇宙メーカーRocket Lab社が初めてのロケット発射に成功しました。軌道まで運んだ積み荷は、6つの極小人工衛星や宇宙空間で帆を張るデモ機などが含まれたとのこと。

SpaceX、7000基以上の衛星打上げ承認獲得。総数1万2000基の衛星コンステレーション計画着々
Engadget Japanese RSS Feed

イーロン・マスク率いるSpaceXが、衛星コンステレーションで高速インターネット環境を提供しようというStarlink計画のために、新たに7000基以上の人工衛星の打ち上げ承認を得ました。SoaceXは今年3月に4425基の衛星打ち上げ承

セミコンポータル
EVに載ったトヨタの全固体電池、開発に8年、走行試験に成功
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 トヨタ自動車は、電解質が固体のLiイオン2次電池である「全固体電池」を8年前から開発し、最近になって当初の目標値を達成。同社の1人乗り電気自動車(EV)「COMS」に実装して、走行試験に成功した。

米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マスクCEO
ロイター: トップニュース

[15日 ロイター] – 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は15日、セダンタイプの「モデル3」について今月中の受注分は年内に納車すると表明した。

エプソン、バッテリーなしで動く産業ロボ
日本経済新聞

セイコーエプソンは15日、腕が水平方向に動く水平多関節ロボット「LSシリーズ」の新機種「LS10」の受注を開始したと発表した。同シリーズの製品はロボットが作業する位置を記憶するため、モーターユニット部分にバッテ

中国商務省、ファナックなど日系5社でダンピング調査 今後1年間、台湾メーカー5社も
日本経済新聞

【北京=多部田俊輔】中国商務省はファナックなど日本メーカー5社などが同国に輸出する一部の工作機械に対して、反不当廉売(ダンピング)調査を始めた。工作機械は習近平(シー・ジンピン)最高指導部が掲げる産業

インテルのUSBスティック型組み込みAIデバイス、最新版の動作デモが公開中
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

岡谷エレクトロニクスが展示した「Intel Neural Compute Stick 2」(クリックで拡大)

社説/トヨタのサービス業シフト 未来のモビリティー時代を見据え
日刊工業新聞 電子版

自動車業界がサービス事業へのシフトを急いでいる。例えば、トヨタ自動車とソフトバンクとの共同出資による移動サービス(=モビリティー・アズ・ア・サービス〈MaaS〉)事業での新会社設立や、月額車を所有せ

湘南にロボタウン 神奈川県、23日から始動イベント
日刊工業新聞 電子版

神奈川県は23―25日にJR辻堂駅(同県藤沢市)周辺の商業施設などで、人とロボットが共生する社会をイメージできるモデル空間「かながわロボタウン」のキックオフイベ…

ヒト型ロボ開発加速 産総研と川重が整える、ハード・ソフト基盤(動画あり)(18/11/16)
日刊工業新聞 電子版

WRSで披露された「Kaleido」のダンス ヒューマノイド(ヒト型ロボット)の開発環境が急速に整備されている。川崎重工業は転んでも壊れない身体と、バランスを崩さない姿勢制御ソフトを開発した。産業技術総合

FUJI、工作機械を中国一貫生産 来年投入の新旋盤から
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】FUJIは2019年初頭にも中国で工作機械の現地生産を本格化する。現在は日本で生産した機種を江蘇省昆山市の昆山工場で完成品に仕上げているが、19年に投…

目指すは“宇宙のFedEX”—ロケット・ラボが開いた小型衛星ビジネスの世界:今週の宇宙ギャラリー
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

これまで政府機関や大企業が担っていた、人工衛星の打ち上げサービス。SpaceXの再利用ロケットによる快挙は記憶に新しいが、今週新たな破壊的プレーヤーが現れた。米スタートアップであるロケット・ラボが小型ロケッ

楽天モバイルが5G実証実験、空撮配信や配達ロボも
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 楽天モバイルネットワークは15日、野球場「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で、第5世代(5G)移動通信方式を活用し、ドローン(無人航空機)で撮影した高画質な映像を大型ビジョンに伝送するなどの実証実験

オークマがAI(人工知能)を活用したドリル加工の診断技術 「OSP-AI 加工診断」を世界に先駆けて開発
製造現場ドットコム – 製造現場は日本の底力!

 オークマ(社長=花木義麿氏)と日本電気(社長兼CEO=新野 隆氏、以下NEC)はこのほど、AI( ディープラーニング) を活用し工作機械が自律的にドリル加工の診断を行う技術「OSP-AI 加工診断」を共同開発致したと発表

設計・生産の多品種少量対応をAIで支援、オートデスクのAI研究
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

テーマ一覧の 切り替え 2018/11/15 14:50ニュース解説 設計・生産の多品種少量対応をAIで支援、オートデスクのAI研究 アセンブリ情報を基に、ロボットへ自動で指示を出して組み立てる この記事は 仕事に役立った0 人

先端チップの製造が本当にTSMC独占になれば、半導体の発展は終焉する
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

これが自動運転時代のヘッドランプ、1000チップ超のLEDアレーが製品に
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

テーマ一覧の 切り替え 2018/11/15 05:00electronica 2018 これが自動運転時代のヘッドランプ、1000チップ超のLEDアレーが製品に OSRAM Opto Semiconductorsが披露 この記事は 仕事に役立った0 人に勧めたい0 難しい0 易しい0  ド

“眠れる獅子”HuaweiがAIで覚醒、あらゆる用途にフルスタック戦略
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 中国の老舗通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為)が急速に存在感を増してきた。同社は最近は第5世代移動通信システム(5G)やIoT(Internet of Things)で大きな市場シェアを握り始めている。2018年第2四半期にはス

経済産業省の黒田金属課長、自工会・材料部会の会合に出席。取引適正化の重要性を強調
鉄鋼新聞
グーグル系ウェイモのCEO「完璧な自動運転は実現はムリ」
自動運転ラボ

ウェイモ社のジョン・クラフチック最高経営責任者=出典:ウェイモ社プレスキット完璧な自動運転は実現しない——。グーグル系ウェイモのジョン・クラフチック最高経営責任者(CEO)がこんな予測をアメリカ国内で行わ

百度と一汽、自動運転車を2020年末に量産へ レベル4相当の技術搭載
自動運転ラボ

中国で検索大手・百度(バイドゥ)が、国営の大手自動車集団である中国第一汽車集団有限公司(FAW)と共同でレベル4クラスの自動運転車を開発し、2020年末ごろから量産に乗り出す。中国国営通信社CNSが報じた。

スペイン、ハイブリッド車など40年までに販売禁止へ
日本経済新聞

【パリ=白石透冴】スペイン政府は13日、2040年までにガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車の国内での販売を禁止し、温暖化ガス削減を目指すと発表した。英国やフランスも40年までに似た規制を作る方針を17年に発表

ダイムラー、完全自動運転タクシーの公道実験を米で開始へ
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

ドイツのダイムラーとボッシュは今年7月、2019年にシリコンバレーで自動運転タクシーの試験運用を開始すると発表していた。11月8日、両社は2019年下半期から米サンノゼで、メルセデス・ベンツ「Sクラス」の自動運転車両

nbsp;

 

 

勉強会のご案内はこちら>>