20180115 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|システムインテグレータ

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

特に、産業用ロボットの出荷額が3~5年後に2兆円を予想。またシステムインテグレーターの連携組織も発足していきます。

人間は、想像できることは必ず実現できるものだと最近革新してます。

“記者ゼロ”AIで報じる「JX通信社」29歳社長が見据えるニュースの産業革命
BUSINESS INSIDER JAPAN

JX通信社は報道機関向けのAIによる緊急速報サービス「FASTALERT」や一般消費者向けのニュース速報アプリ「NewsDigest」などを提供している。

月定額の“マイカー賃貸”サービス 「カルモ」公開——申し込みまで全てオンライン、新たな車の乗り方を提案
TechCrunch Japan

HuluやNetfrilxなどでもおなじみの「サブスクリプション」モデルは、いまや珍しいものではない。従来は製品やサービスを売り渡すのが一般的だった業界でも、定額でサービスを利用する権利を与えるというモデルが少しず

金属3Dプリント製高級水栓金具
3DP id.arts

高級キッチン&バス用品メーカーKALLISTAは、3D Systemsの金属3Dプリント技術を利用し、革新的なデザインの水栓金具を開発した。

世界の3Dプリンタ支出2018年に120億ドルへ拡大
3DP id.arts

米国の調査会社IDC(International Data Corporation)は、半年毎に報告するレポートで、3Dプリント技術に対する世界的支出が、2018年に120億ドル(約1兆3,5600憶円)に達すると予想。これは、2017年に発表したレポートと比較し19.

工作機械3社が事業提携で協議を開始
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧
経産省、医療機器の競争力向上へ 国際戦略など検証
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は、医療機器産業の競争力を強化するため、今後の施策の方向性を3月にもまとめる。医療機器市場は成長が見込まれる一方で、特に治療分野では上位を欧米メーカー…

賀詞交歓会/SI連携組織設立へ ロボット工業会
日刊工業新聞 電子版

日本ロボット工業会は、産業用ロボットのシステムインテグレーター(SI)の連携組織を年内に設立する。国内SIの不足が指摘され、組織化が不可欠だと判断した。都内で製…

日本精工、17―18年度の設備投資1400億円以上に 当初比1割強増やす
日刊工業新聞 電子版

日本精工は自動車や産業機械向け部品の需要増を受け、2017―18年度の設備投資を当初計画比1割強増の1400億円以上に引き上げる。中国や日本、韓国などで設備を増強し、軸受やボールネジなどの生産を拡

産ロボ需要が急拡大、3−5年後に受注2兆円も 今年の生産額は初の1兆円台見通し
日刊工業新聞 電子版

車・電子機器向けなどすそ野広がる 産業用ロボットの需要が急拡大している。日本ロボット工業会によると、2018年のロボット生産額は初の1兆円の大台に乗る見通しだ。17年も前年比28%増の9000億円と過

実習生3年で22人労災死 外国人技能制度、過労死も : 共同通信
共同通信

 労災による死亡と認定された外国人技能実習生が2014~16年度の3年間で計22人に上ることが14日、厚生労働省のまとめで分かった。大半が事故とみられるが、過労死も1人いた。政府統計で実習生の労災死の実態が明らかに