20181016  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|PFN「全自動お片付けロボットシステム」

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

PFN、圧巻の「全自動お片付けロボットシステム」をCEATECで展示へ
ロボスタ

株式会社Preferred Networks(東京都千代田区、PFN)は、明日10月16日より幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」において、現在開発中のパーソナルロボットシステムの技術デモとして「全自動お片付けロボットシステム」を

中国初のフレキシブル半導体サービス製造基地が陝西省西咸新区に誕生
ACROFAN

TOKYO, Oct 16, 2018 – (JCN Newswire) – 10月16日午前、「柔里陝乾坤、屏中耀大同(フレキシブルに乾坤の煌きを、スクリーンに大同の輝きを)」をテーマとする陝西坤同フレキシブル半導体サービス製造基地プロジェクトが誕生し、

たった2つのモーターで物を操る器用なロボットハンド「SoftHand 2」(動画あり)|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

人間の手に合わせてデザインされた物を、ロボットに上手に操らせるのは至難の技。作業が複雑なほど、ロボットも複雑かつ高価になりがちだ。そんななか、ピサ大学とイタリア技術研究所の研究者たちは、安さと器用さ

「スマホの次はパーソナルロボ」、成功のカギは深層学習にあり
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

ほんやくコンニャクがみんなの手に、ハンズフリーのリアルタイム翻訳がAndroidスマホで利用可能に
TechWave(テックウェーブ)

Google 翻訳を使った“リアルタイム翻訳” 機能が、Googleアシスタントに対応した全てのAndroidスマートフォンで利用可能になることが発表されました。Googleアシスタント対応イヤフォンと組み合わせて使うことで、ハンズフ

[FT]米MIT、AI研究に10億ドル投資へ
日本経済新聞 電子版

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、コンピューティングと人工知能(AI)の研究に10億ドル(約1120億円)を投じ、関連分野の教授陣をほぼ2倍に拡大すると発表した。米投資ファンド大手ブラックストーンの共同創業者

史上初「脳のソーシャルネット」、テトリス風ゲームを協力プレイ
MITテクノロジーレビュー

他人の脳に思考を直接送る能力は、サイエンス・フィクション(SF)の範疇だと思われている。少なくとも、これまではそうだった。

AI(人工知能)スタートアップ33社まとめ、第3次AIブーム牽引する注目ベンチャーリスト
ビジネス+IT HotTopics

 ディープラーニング、機械学習で予測モデルの構築やビッグデータの解析を行っている企業。

資本金1億円で線引き=ポイント還元の中小企業-消費増税で麻生財務相
jiji.comアクセスランキング

 麻生太郎財務相は15日の臨時閣議後の記者会見で、2%の消費税増税分をポイントで還元する制度に関し、資本金1億円程度までの企業や小売店が対象となるとの認識を示した。中小規模の小売店でクレジットカード

ARで宇宙船の組立てに異変 現実になった「未来の工場」
MITテクノロジーレビュー

アイフォーン(iPhone)や靴のように、1つの製品を何千個も何万個も大量生産するような工場なら、すぐに組み立て作業の熟練工になれるだろう。だが、もし宇宙船を組み立てるとなると、そう簡単にはいかない。

宇宙飛行士が考える、人とロボットが「共生協働」する社会
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

レンゴー、段ボール原紙・製品値上げ
日刊工業新聞 電子版

来場前にチェック!工作機械業界を支える注目企業 【特集】高付加価値生産を支えるマシニングセンター(1)日本の工作機械をけん引

量子アニーリングマシン研究開発、NECなどがNEDOプロに参画
日刊工業新聞 電子版

来場前にチェック!工作機械業界を支える注目企業 【特集】高付加価値生産を支えるマシニングセンター(1)日本の工作機械をけん引

オークマ、旋盤内蔵ロボ開発 機械単体で自動化
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】オークマは15日、数値制御(NC)旋盤内蔵型のロボットシステム「ARMROID(アームロイド)=写真」を開発したと発表した。産業用ロボットを導入しなくても工作機械単体で加工対象物(ワー

安川電、米で産ロボ開発拡大 現地化徹底・需要に即応
日刊工業新聞 電子版

安川電機は米国で産業用ロボットの開発を拡大し、一部で生産にも乗り出す。日本で主導してきた米国向け半導体ウエハー搬送用ロボットの開発を現地で完結するほか、同社最大…

 

勉強会のご案内はこちら>>