20180806  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|防衛装備庁(ATLA)

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介
ミリブロNews

防衛省・防衛装備庁(ATLA: Acquisition, Technology & Logistics Agency)が公式チャンネルを使って陸上装備研究所の広報ビデオを投稿した。

「Fusion 360」と商用ミッドレンジCADの違いとは? そして両者の共存の道を探る (1/3)
TechFactory ���J�݌v �V���L��

個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆

18年上期は前年比20%超、絶好調が続く半導体の世界売上高
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

登録会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

三菱電機、スイスの板金レーザー加工自動仕分け装置メーカーを買収
M&A ニュース速報 | M&A タイムス

三菱電機【6503】は、板金レーザー加工自動化システムを構成する仕分け装置の開発・製造・販売会社であるスイスのASTES4 SA(以下ASTES4)の全株式を取得し、完全子会社化したと発表。

中国、同国初の超音速飛翔体の実験に成功
スプートニク日本 – 速報ニュースとオピニオン:写真、ビデオ、インフォグラフィック | Sputnik Japan

軍事専門家ソン・ジョンピン氏は「テストが成功し、それについて我々が公表できるということは、中国がすでに兵器分野で技術革新を行ったことを物語っている」とコメントした。

シーメンスが「Vision2020+戦略」を発表、IoT統合サービスへ投資
Feedly Blog

シーメンスは、組織の簡素化、スリム化を図り、成長のスピードを加速、収益性を高めることで、長期的な価値を創出するための戦略であるVision2020+を発表した。

2023年に自動運転技術を確立する、SIP第2期が始動
EE Times Japan 最新記事一覧

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年8月3日、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期の1課題である「自動運転(システムとサービスの実用化)」について研究開発計画の説明会を開催した。

中国宇宙事業が世界から宇宙ステーション実験プロジェクトを募集
経済

中国航天科技集団五院はこのほど、同院の院士14人からなる宇宙ステーション科学技術実験委員会を立ち上げ、世界から宇宙ステーション実験プロジェクトを正式に募集することを5日の取材に対して明らかにした。科技日

自動車4社増益、3社減益 原材料高が重荷 4~6月期決算
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 自動車大手7社の平成30年4~6月期連結決算が6日、出そろった。海外販売が好調な4社が前年同期比で増益を確保し、このうちトヨタ自動車とスズキは4~6月期の最終利益が過去最高を記録した。ただ、トラン

自律走行する運転席なしの電気トラックが、北欧の森で木材を積んで走り出す|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

自律走行に特化して運転席をなくした電気トラックを、スウェーデンのスタートアップであるEinrideが発表した。林業における木材運搬を主な用途に開発されたこのトラックは、物流コストの削減のみならず二酸化炭素の排

トヨタが考える「エッジコンピューティング×つながるクルマ」の具体策
business network.jp 新着記事

OpenStackの重要なユースケースの1つとして急浮上しているエッジコンピューティング。OpenStack Foundationは今年、エッジコンピューティングに関するホワイトペーパーをまとめ、さらに「Airship」と「StarlingX」という2つのエッジ

「ムーアの法則」終焉で 米軍が目指す、半導体の 「クラフトビール」革命
MITテクノロジーレビュー

軍事関連の基礎研究に資金を提供する米国国防先端研究計画局(DARPA)は2017年、半導体チップの進歩を支援するために「エレクトロニクス復興イニシアチブ(Electronics Resurgence Initiative:ERI)」と呼ばれる予算15億ドルの5カ

ネットスーパーで受注した商品を自動ピックアップする恊働ロボットを米ウォルマートが試験導入
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

大手スーパーマーケットチェーンのウォルマート(Walmart)は、2018年8月、米マサチューセッツ州のスタートアップ企業「Alert Innovation(アラート・イノベーション)」と提携し、ネットスーパーで受注した商品のピックアッ

LG Display、液晶への投資を有機ELに転換へ
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

【一挙公開】量子コンピューティングで実現する社会(全7回)
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

▶平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから! ▶ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

[特報]トヨタの全固体電池、実用化に道開く基盤技術が明らかに
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

1400社30万人がテレワーク、見えた3つの課題
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

小型タービン・エンジンに乗って166km/hで滑空する乗り物「Flyboard Air」。軍事利用にも開発中
ギズモード・ジャパン

こんなんで戦争されたら、ひとたまりもありません。 水圧を利用して空中浮遊する、ZAPATA社の「Flyboard」。さらに彼らは、それを発展させタービン・エンジンで空を飛ぶ乗り物「Flyboard Air」を作っています。

手書き文字認識率99.91%のAI-OCRで紙業務を効率化するAI insideが5.3億円を調達
TechCrunch Japan

AIを活用したOCRツールによって書類のデータ化の効率をあげるAI inside。同社は8月3日、東京大学エッジキャピタル、日本郵政キャピタル、三菱UFJキャピタルを引受先とした第三者割当増資により総額約5.

トヨタ、電動車200万台 来年生産、環境規制で市場拡大
日刊工業新聞 電子版

トヨタ自動車が2019年(暦年)にハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の生産・販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を除く)で、200万台規模…

オークマ、台湾に第2工場 低価格旋盤・MC、4割増
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】オークマは台湾・新北市に旋盤、立型マシニングセンター(MC)を生産する第2工場を建設する。7月に稼働した新工場の隣接地に数年内をめどに設ける。投資額は約20億円の見通し。台湾で生産する

マイクロソフトの株価が、いま、最高値を記録した理由
現代ビジネス | 講談社

「現代の魔法使い」とも称される天才科学者・落合陽一氏が「いま自分が22歳ならここに行く」とウェブサイトのインタビューで語った企業がある。世界最大のソフトウェア会社、マイクロソフトだ。

「宇宙観光」が、いよいよ現実になる|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

誰もが憧れた「宇宙観光」が、いよいよ現実のものになりそうだ。ヴァージン・ギャラクティックやブルーオリジンがテスト飛行を成功させており、2019年にも商用フライトが始まる可能性が出てきた。(お金さえあれば)

 

勉強会のご案内はこちら>>