製造業経営コンサルタントの井上です。

社内向けにまとめた受託製造加工業向けのコンサルティングについて、書いておきます。

受託製造加工業の提供する価値(商品力) = マネジメント力
受託製造加工業の提供する価値(商品力)はこちら>>

ものづくり企業の経営力「32」の視点についてこちらまで>>

簡単に説明します。

BtoBの受託型製造業のコンサルティングとしての方向性は、受託型製造業は受託のため製品を持ってない。顧客の仕様に基づいて、製造・加工されます。代表的には、部品加工業、装置設計製作、ロボットシステムインテグレータ(Sier)など業種になります。

受託型製造加工業は製品を持っていませんが提供している価値(商品力)はあります。その「商品力を上げるコンサルティング」と顧客接触する為の「WEBマーケティング」が重要になります。

また、「規模」に応じてやるべきレベルが違い「規模の壁」を超えていくための支援(仕組み化)が必要となります。規模にあった「仕組み化」のあるべき姿に近づく為の「壁」を超える為のコンサルティングを行っています。

補足として、受託型製造業の商品力は、大雑把に言うと「マネジメント+技術」になります。顧客の要求仕様QCDを満たすべく生産活動を行います。QCDをコントロールするのが、各種マネジメントになります。この「マナジメント+技術」を29に因数分解をしたコンサルティングメニューるでクライアントを永続的に成長するための支援を行っています。

と考えて行動しています。

※補足 : 受託製造加工業のマーケティング4P

ものづうり企業経営力32の視点
製造業ものづくり企業WEBマーケティング
製造業ものづくり企業 賃金評価制度
産業用ロボット導入自動化コンサルティング
技能技術伝承コンサルティング

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
会社を変化・変革させるには、今より1割の社員が動き出せば全社が動く。
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」

【よく読まれている記事】 その他

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧