20180308 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|設計部門における働き方改革の進め方

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

2月の鍛圧機械受注、13%減の238億円 3カ月ぶり減
日刊工業新聞 電子版

日本鍛圧機械工業会(日鍛工)が8日発表した2月の鍛圧機械の受注実績は、前年同月比13・4%減の238億1800万円だった。減少は3カ月ぶり。板金系機械は受注を伸…

製造業者に新たな事業機会を――ものづくりベンチャーとのマッチング事業(愛知県)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

イノベーションの概要  愛知県豊田市は、市内製造業者の新たな事業展開を支援することを目的に、2017年6月から「ものづくりベンチャーとのマッチング事業」を開始した。この取り組みは、オープン・イノベーションに

独ダイムラーが「スマートヘッドライト」開発、周囲の状況を路面に高精細表示
ニュースイッチ Newswitch

 夜間に車で走行中、周辺の状況を高精細(HD)画像で前方の路面に投射してドライバーに知らせる――。そんな「スマートヘッドライト」を独ダイムラーが開発し、8日開幕のジュネーブ国際自動車ショーに出展する。

0-96km/h加速1.85秒、最高速412km/h、リマックがEVハイパーカー発表…ジュネーブモーターショー2018
レスポンス

クロアチアのリマック・アウトモビリ社は3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、新型EVハイパーカー、リマック『C_Two』を初公開した。

邦銀61行がブロックチェーン利用の送金を商用化、活用は第3段階を視野に
ZDNet Japan 最新情報 総合

 邦銀61行などが参加する「内外為替一元化コンソーシアム」は3月7日、ブロックチェーン(分散台帳)技術を利用した送金サービスの商用化を発表した。

謎のARスタートアップ、Magic Leapがサウジから4.61億ドル調達
TechCrunch Japan

Magic Leapは依然として何のプロダクトもリリースしていない。しかし多額の資金の調達は続けている。今日(米国時間3/7)、フロリダ州フォートマイヤーズに本拠を置くARスタートアップはサウジアラビア王国の国営投資機関

【産業動向】 半導体製造装置のASML、台湾で600人採用 EUV露光装置好調で
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
機械設計4月号/設計部門における働き方改革の進め方
日刊工業新聞 電子版

10日に発売する日刊工業新聞社発行の月刊誌「機械設計」4月号では、「設計部門における働き方改革の進め方」を特集する。いま“働き方改革”が世を賑わせているが、設計部門においては、多くの事業所において長

産総研、AI検証環境整備 工場・コンビニなど再現
日刊工業新聞 電子版

産業技術総合研究所は、人工知能(AI)技術を工場や小売りなど、さまざまな産業の利用シーンで試す「テストベッド事業」を2018年度に始める。工作機械や半導体製造装置を配置した工場、コンビニなどを再現

IVIと産総研が包括連携協定 AI技術などスマート製造実現
日刊工業新聞 電子版

インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI、西岡靖之理事長=法政大学教授)と産業技術総合研究所は、人工知能(AI)技術などを使ったスマート製造の実現に向けて包括連携協定を締結した

安川電、産ロボ向け中核ユニットを中国で本格提供
日刊工業新聞 電子版

安川電機は今春から中国で現地の産業用ロボットメーカーに主要部品のコントローラーとサーボモーターを中核ユニットとして本格的に提供する。これまでロボットメーカーにサ…­