20180408 製造業の経営者が押さえるべきニュース|製造業人材不足

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

素材産業、フル生産できず 人手不足、製造業に波及
メーカーニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 素材メーカーが人手不足でフル生産できない状況に追い込まれている。各社は採用条件を良くするなどして対応を急ぐが、人手確保は容易でない。このままでは機械メーカーなど製品の供給先の生産に悪影響が出る恐れ

テスラは「生産地獄」から、ようやく抜け出したかもしれない|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

イーロン・マスクが「生産地獄」とたとえた、電気自動車(EV)の「モデル3」の生産だが、週次で見れば軌道に乗り始めたように見える。だが、目標達成までの道はほど遠いうえ、いまだにテスラは赤字が続いている。リ

「MRJのために1円もお金を借りていない」(三菱重工CFO)
ニュースイッチ

 主力の火力発電設備事業や国産小型旅客機「MRJ」など、大型プロジェクトで苦戦が続く三菱重工業。不振事業の立て直しに向けて構造改革を進める一方、フリーキャッシュフローの創出や有利子負債の圧縮など財務体

テンセントが初の自動運転「公道テスト」開始、北京で目撃
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

4月2日、中国の北京市の高速環状道路「北京四环路」を走行中の自動運転車両の写真が中国メディアに掲載された。英字メディア「China Money Network」によるとこの車はテンセントが開発中の自動運転車のプロトタイプとみられ

RPAとAIで描く未来 ~RPA発展に関するよくある誤解とAI利用事例~
技術トレンドが見える“イマ旬!”

WinActorの新規提供実績が月50社を超えるペースで伸び、この1年で800社との契約に至った。誠に有難いことに、RPA(robotic process automation)自体の有効性を確認する段階は過ぎたようで、ユーザからの問い合わせも、RPA全社運用

VRの認知度は高く経験も増加、4割が「勤務先で活用する可能性あり」と回答
ビジネス+IT HotTopics

 VR、AR、MRの認知度は、VRが「よく知っている」(26.5%)、「なんとなくわかる」(44.5%)、「言葉だけ知っている」(16.6%)で、これらを合計した認知度は87.6%となった。  「画像や写真で見たことがある」人は61.

ミシガン大学、太陽電池と画像センサが一体となった自己給電する小型センサを発表。最大毎秒15フレームの画像キャプチャに成功
Seamless

ミシガン大学の研究チームは、光を電気に変換する太陽電池と、光を電気に変換する画像センサを同じチップで動作させるようにした自己給電小型センサを発表しました。

【電子版】革新機構、JDI能美工場取得 パネル増産、6月までに1000億円増資
日刊工業新聞 電子版

産業革新機構の志賀俊之会長兼最高経営責任者(CEO)は6日、ジャパンディスプレイ(JDI)の能美工場(石川県能美市)を約200億円で取得することについて「きちんと今必要な資金を使ったと説明できる」との認識を示した

蛇の目ミシン、スカラロボ投入 高速動作可能に
日刊工業新聞 電子版

蛇の目ミシン工業は最大可搬質量6キログラムの水平多関節(スカラ)ロボット「JS3シリーズ=写真」の販売を始めた。ロボット本体の位置繰り返し精度を表す標準サイクル…

AR技術を用いた技術伝承サービス
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 アウトソーシングテクノロジーは2018年3月20日、AR(拡張現実)技術を用いて熟練工が持つ技術の伝承を円滑にするサービス「AR匠(エーアールタクミ)」を発表した。