これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時代がくるかも。

これは凄いですね。頭の中で考えている言葉の解読がある一定条件ではあるが、解読に成功。

これは凄いのと、怖い部分もありますね。

頭の中の言葉、解読に成功 障害者と意思疎通やロボット操作にも応用期待

頭で思い浮かべた言葉の一部を脳波の変化から解読することに、九州工業大情報工学部(福岡県飯塚市)の山崎敏正教授(58)の研究グループが成功した。グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件の下、それぞれの言葉が発声時と無発声時でほぼ同じ波形を示すと突き止めた。五十音の一部でも識別に成功しており、今後全ての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になる。

介護ロボットなどを手掛けるサイバーダイン社は、頭で考えた動作を皮膚から伝わる電気?を読み取って、補助するロボットが有名です。このこと自体も凄いですが、直接脳波から読み取る、それを言葉として。。。。

記事に書いてあるように、言葉がはなせない人とコミュニケーションが取れるのはもちろん、さまざまな指示が言葉に出さなくてもできてしまうということ。良い使い方、悪い使い方、どちらもできてしまうという凄い技術になります。いろいろ技術的な課題はあるのでしょうが、これは時間がかかるにせよ、実現して技術であると思いますね。

この技術が実用的になった場合の世界を、今から想像していくことが必要かも。