20180926  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|今後も市場拡大が続くCMOSイメージセンサ

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

今後も市場拡大が続くCMOSイメージセンサ - Yole
マイナビニュース 企業IT 開発/エンジニア

半導体市場調査企業の仏Yole Développementは、2017年に139億ドルまで市場規模を成長させたCMOSイメージセンサ市場が、今後5年間で、年平均9.4%で成長を続けていくとの見通しを明らかにした。

村田製など電子部品、国内投資相次ぐ EVで需要急増
日本経済新聞 電子版

 村田製作所は25日、島根県で400億円を投じ電子部品の新工場を建設すると正式発表した。京セラも鹿児島の2工場でセラミック部品などの新棟建設を進め、太陽誘電も新潟で工場増設に動く。電子部品各社による異例の

なぜドイツ人は短時間労働でも稼げるのか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾

政府の「働き方改革」は、残業規制や同一労働同一賃金を謳っている。本当に実現できるのだろうか。日本総研の山田久主席研究員は、「改革が中途半端になれば、中長期的な生産性を押し下げることになる。それを避け

ジャガーが初のEV投入、高級車ブランドがエコ市場に攻勢 (1/2ページ)
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーの日本法人は26日、ジャガー初の電気自動車(EV)「I-PACE(アイ・ペイス)」を発表した。高級車ブランドでは、ドイツのメルセデス・ベンツやアウディが今

2019年のファブ装置投資額、過去最高記録を更新
EE Times Japan 最新記事一覧

2017〜2020年着工の新規ファブ向け装置投資額は2200億米ドル超  SEMIは2018年9月17日(米国時間)、半導体前工程ファブ向け装置の投資額を発表した。2019年は675億米ドルとなり、年間投資額で過去最高となる見込みである。ま

経産省、航空機産業振興でフォーラム 11月開催
日刊工業新聞 電子版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版 あたらしいアンチエイジングスキンケア 食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

旭有機材、新工場完工 小型精密バルブの加工能力2倍
日刊工業新聞 電子版

【宮崎】旭有機材は25日、延岡本社工場(宮崎県延岡市)で第6工場の完工式を開いた(写真)。半導体製造装置などに使う小型精密バルブ「ダイマトリックス」を加工する工…

テラドローン、ドローン測量をUAVレーザーで時短
日刊工業新聞 電子版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版 あたらしいアンチエイジングスキンケア 食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

コンテナ内混載商品を仕分け機に自動投入 MUJIN、ロボシステム開発
日刊工業新聞 電子版

MUJIN(東京都墨田区、滝野一征最高経営責任者〈CEO〉、03・4577・7638)は、混載したコンテナ内の商品を取り出してソーター(仕分け機)に自動で投入す…

box06 title=”あわせて読みたい”][/box06]

 

勉強会のご案内はこちら>>