20180828  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|NAFTA 米とメキシコ合意 車関税

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

 

<NAFTA>米とメキシコ合意 車関税ゼロの条件厳格化
<NAFTA>米とメキシコ合意 車関税ゼロの条件厳格化
Yahoo!ニュース

 【ポートランド(米西部オレゴン州)清水憲司】トランプ米大統領は27日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐり、メキシコとの間で大筋合意したと発表した。自動車関税をゼロにする条件を厳格化す

半導体ファブGlobalFoundriesが7nmプロセスを全部中止へ方針転換
GIGAZINE

AMDから派生した半導体ファウンドリ大手のGlobalFoundriesが、7nmプロセスでの製造をすべてやめる方針に変更しました。ライバルのSamsungやTSMCとのシュリンク(微細化)競争を一時中止した背景には、GlobalFoundriesの収益面での

細菌の力で発電する紙ベースの電池はIoTで活躍する!
Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト

ヘルスケアデバイスからIoTセンサーまで、小型電子機器の普及は、爆発的な電池の需要をもたらしている。

韓国の生産年齢人口、昨年初めて減少に…高齢者14%で「高齢社会」突入
韓国の生産年齢人口、昨年初めて減少に…高齢者14%で「高齢社会」突入
Yahoo!ニュース

昨年、韓国の生産年齢人口(15~64歳)が前年比初めて減少に転じた。年間人口増加率(0.3%)が、1949年に人口調査を開始して以来、最も低い水準に落ち、65歳人口は急増して本格的な「高齢社会」に突

ロケット開発、宇宙ごみ除去… 大手重工が宇宙ビジネス強化 海外勢やベンチャーに対抗
産経新聞 経済

 大手重工メーカーが宇宙ビジネスを強化している。三菱重工業とIHIは新型ロケット、川崎重工業は宇宙ごみ(デブリ)を除去する人工衛星を開発し、新たな事業の可能性を探る。各社とも長年の事業で培った技術や

ユニクロ柳井とZOZO前澤が頼る、知られざる「黒子企業」の正体
現代ビジネス | 講談社

世界中のアパレル関係者が和歌山を目指して、来日している。その行き先は島精機製作所。ニット編み機のトップメーカーで、世界シェア60%を誇る。知る人ぞ知る日本のエクセレントカンパニーだ。

泳ぐ魚にQRコード アリババ先進店舗を現地レポ 半端ない中国IT(上)
日本経済新聞 電子版

 ネットサービスを得意とする中国IT(情報技術)大手のアリババ集団や京東集団が、ここにきてリアルの小売業界に相次ぎ参入。新機軸の店舗で一大旋風を巻き起こしている。短期間で消費者のハートをつかんだ背景には

ホースにも入り込める超小型ロボで災害対応--DARPAの研究支援プログラム
CNET Japan 最新情報 総合

 米国防高等研究計画局(DARPA)は、インターネットをはじめとする重要な技術の誕生に大きな役割を果たしてきた機関だ。そのDARPAが、いかにもDARPAらしい計画を進めている。

トヨタ、米ウーバーに5億ドル出資へ 自動運転で協業 米報道
日本経済新聞 電子版

【NQNニューヨーク=滝口朋史】トヨタ自動車は米配車サービス大手ウーバーテクノロジーズに5億ドル(約555億円)を出資する。米ダウ・ジョーンズ通信が27日、事情に詳しい人物の話として報じた。トヨタはウーバ

開発中EVを公開 「テスラがライバル」
ニュース速報(総合)

 【モスクワ大前仁】ロシアの兵器メーカー、カラシニコフ社は開発中の電気自動車(EV)を公開した。薄い水色の車体はソ連時代の1970年代に生産された乗用車をモデルにしたレトロ仕様となっている。将来的に

モビルスーツ的なやつかな?ロシアの兵器メーカー、カラシニコフが防弾スーツとして機能する歩行型の戦車をお披露目
カラパイア

Hi-tech arms and Kalashnikov robot ‘Igoryok’ highlight Russian arms expo 騎乗型の戦闘用ロボット、イゴレク  全高4メートルのイゴレクはまだ開発段階であり、将来的なスペックは極秘とされているが、騎乗型の戦車のような

日の丸エンジン、次期戦闘機で悲願の離陸なるか
日経ビジネスオンライン最新記事

 IHIは航空自衛隊の次期戦闘機への採用を想定した最先端エンジン「XF9」を防衛装備庁に納入した。パワーを示す推力は15トンで、性能は「世界最強の米空軍の『F22』のエンジンに匹敵する」という。日本は戦時

東京エレクトロン子会社 新製造棟建設へ調印/岩手・奥州市
東京エレクトロン子会社 新製造棟建設へ調印/岩手・奥州市
RSS

半導体の製造装置などを手がける、東京エレクトロンの子会社が岩手県奥州市で製造棟を増設することになり27日、奥州市役所で調印式が行われました。 27日は東京エレクトロンテクノロジーソリューションズの佐々木貞

茨城県、宇宙産業を支援 ベンチャー創出で拠点づくり
日刊工業新聞 電子版

茨城県は27日、宇宙ベンチャー創出・誘致と県内企業の新規参入を目指した「いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクト」を立ち上げた。県の9月補正予算案で7570万円を計上し、内閣府や経済産業省、宇宙

2019概算要求/経産省、10%増の1兆4085億円に
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は2019年度予算概算要求と19年度税制改正の骨子を固めた。概算要求は18年度当初予算比約10%増の1兆4085億円を計上。このうちキャッシュレス社会の実現に向け、端末の導入支援などに

三菱電、貿易摩擦で生産移管 米向け工作機械、中国から日本へ
日刊工業新聞 電子版

三菱電機は米中貿易摩擦に対応するため、米国向けの工作機械の生産を中国から日本に移管した。金型製造などに使う放電加工機と金属板を切断するレーザー加工機で、両品目とも米政府が7月に発動した25%の制

 

勉強会のご案内はこちら>>