20180226 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|ボッシュがモビリティに

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

グーグル、スマホ向けAR本格展開スタート 対象は全世界1億台から Xperiaも対応視野
Mogura VR

グーグルは2月23日、スマートフォン向けのAR機能「ARCore」を公開しました。対応するAndroidスマートフォンで本格的なARが体験できるようになります。スマートフォン向けのARについてはすでにアップルがiOS向けに「ARKit」を

ボッシュがモビリティサービスに参入「移動の在り方が根本的に変わる」
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 ボッシュ(Robert Bosch)は2018年2月21日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催した自社イベント「Bosch ConnectedWorld 2018」において、モビリティサービスに参入すると発表した。新設の事業部「コネクテッドモビリティ ソリ

2018年 有望な世界のAI系企業1を徹底調査 -CB Insights発表の100社-
人工知能ニュースメディア AINOW

いよいよ日本でJ-Debit「キャッシュアウトサービス」が解禁へ、買い物ついでに店舗レジで現金引き出し
ペイメントナビ

2018年2月26日7:00 銀行法施行規則改正を受け、この4月からスタート キャッシュレス化推進の起爆剤となり得るか――? 2017年4月に施行された、銀行法施行規則改正に伴う規制緩和を受け、2018年4月2日から、いよいよ日本でJ

ブロックチェーンが秘めるものすごいポテンシャル 暗号通貨だけではないブロックチェーンの活用事例その1 : IoT Today : IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)をほぼ毎日掲載 -
IoT Today

暗号通貨とりわけビットコイン市場が加熱している。2017年の12月にはビットコイン及びほかの暗号通貨も軒並み高騰し、1年で20倍になった! と盛り上がった。本稿執筆時点ではそこから約40%下がり、暗号通貨界隈だけで

日本のAI予算、米中の2割以下 18年度770億円 : 共同通信
共同通信

 政府の2018年度予算案に計上された人工知能(AI)関連予算は総額770億4千万円で、研究開発で先行する米国や中国の2割以下にとどまると推計されることが24日、分かった。前年度比で3割増、過去最大の予算を投じるものの

企業間の垣根のない取り組みが、製造業の未来を作る ーIVI 福本氏、鍋野氏インタビュー
Feedly Blog

福本:もともと日本機械学会 生産システム部門の「インターネットを活用した「つながる工場」における生産技術と生産管理のイノベーション研究分科会」が母体でした。そこから、2015年6月に設立されました。

2~3割が「有償でも使いたい」―― IDCがコネクテッドカー関連サービスのユーザー調査を発表
business network.jp 新着記事

クルマに乗るユーザーはコネクテッドビークル(コネクテッドカー)、いわゆる「つながるクルマ」に対してどのような期待を持っているのか。そして、どんなサービスなら“カネ”を払っても使いたいと考えているのか

イーロン・マスク氏、AI研究組織OpenAIの幹部職を退任へ
CNET Japan 最新情報 総合

 Elon Musk氏がOpenAIの会長職から退くようだ。OpenAIは、人工知能(AI)を研究する非営利団体で、Musk氏らが2年前に共同で立ち上げた。同氏をめぐっては、利益が相反する恐れがあると懸念されていた。

スマートモビリティで何が起きる? 自動運転車やカーシェアが都市を変えるプロセスとは
ビジネス+IT HotTopics

執筆アシスタント:フロスト&サリバン ジャパン 吉川 仁 電気自動車の普及拡大を支えるモノ  スマートモビリティとは、人の移動を効率化する新時代のテクノロジーの総称である。本記事では、スマー

【通商弘報】イスラエル、自動運転技術の開発競争で評価高まる-相次ぐ大型買収や提携の動き
日刊工業新聞 電子版

テルアビブ発 2018年02月22日 自動運転技術の開発に向けた世界的な取り組みの進展に伴い、イスラエル発の技術に対する評価が高まっている。自動運転は、センサー、ソフトウエア、半導体の3つの要素技術を組み合わせる

経産省、「IoTラボ」最終審査に7件
日刊工業新聞 電子版

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック 「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

倒産企業の平均寿命23・5年、3年ぶりに前年下回る−東京商工リサーチ
日刊工業新聞 電子版

東京商工リサーチは2017年に倒産した企業の平均寿命が前年比0・6年短い23・5年と、3年ぶりに前年を下回ったとする調査結果をまとめた。17年の企業倒産件数は8…

経産省、遺伝子検査など医療機器開発15テーマ−有望度を評価
日刊工業新聞 電子版

経済産業省が3月中にもまとめる医療機器産業施策の方向性が見えてきた。医療機器開発に関し、注目する領域を遺伝子検査による疾患リスク診断・発症前治療など15テーマに絞り込んだ。今後さらに、15テーマ

日立化成、全固体電池材の米ベンチャーに出資
日刊工業新聞 電子版

日立化成は22日、全固体電池向け素材ベンチャーの米アイオニック・マテリアルズ(マサチューセッツ州)に出資したと発表した。アイオニックがもつ樹脂系の固体電解質開発…

東京ロボティクス、ロボ移動用の無人搬送車 秒速1.5mで全方位移動
日刊工業新聞 電子版

[ ロボット ] 東京ロボティクス トロボモバイル トロボアーム 早稲田大学 東京ロボティクス、ロボ移動用の無人搬送車 秒速1.

バイタク配車アプリ運転手、テト7日間で公務員給与2か月分の売上げ
VIETJOベトナムニュース

 バイクタクシー配車アプリ大手2社のグラブベトナム社(Grab Vietnam)とウーバーベトナム社(Uber Vietnam)の登録ドライバーらの多くが、2018年のテト(旧正月)期間の7日間で公務員の給与2か月分相当を稼いだとされている。

ロボット活用拡大のボトルネック、ロボットインテグレーターの現実 (1/2)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 人手不足の解決策としてロボット活用を――。あらゆる現場でこうした掛け声が起こっている。政府も「ロボット新戦略」の下、さまざまな施策を実施しており、さまざまな現場でロボット活用への意欲は高まってきて