製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年9月の鉱工業指数(生産)の四輪自動車を見てみます。

9月は大きな動きはなさそうです。

今月は東京モーターショーでしたね。トヨタ自動車が新車を全く出していません。Maas時代に向けたコンセプトが示されています。

鉱工業生産指数(品目)四輪自動車 2019年8月

鉱工業生産指数 四輪自動車

鉱工業生産指数(品目)自動車部品 2019年9月

鉱工業生産指数 自動車関連部品

鉱工業生産指数(業種別)自動車・輸送工業 2019年9月

鉱工業生産指数(業種別)自動車工業

鉱工業生産指数(業種別)自動車工業(乗用車・バス等) 2019年9月

鉱工業指数 業種別(付加価値額生産)自動車工業png (1)

鉱工業生産指数(品目別)タイヤ・ゴム製品 2019年9月

鉱工業指数(品目別)_タイヤ・ゴム

2019年10月までの自動車関連ニュース

「このままでは自動車会社は下請けに」 ノーベル賞・吉野氏が警鐘
日経ビジネス電子版 最新記事
2019年のノーベル化学賞受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェローが23日、日経ビジネスの単独インタビューに応じた。自動車産業に大きな転換点が訪れていると指摘し、ハードからソフトへの業態転換が欠かせないとした
中国の自動車市場、完全に成長が止まった模様
JBpress(日本ビジネスプレス)
 乗用車市場信息聯席会(以下「乗聯会」)の発表によると、中国の2019年第1~3四半期(1~9月)におけるライトバンを除いた狭義の乗用車累計販売台数は、前年同期比8.
ランボルギーニが宇宙へ? 自動車メーカーとして初めて国際宇宙ステーションでカーボン素材を研究
GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)
アウトモビリ・ランボルギーニと米国ヒューストンメソジスト研究所が2年前にスタートした、カーボンファイバー複合素材に関する共同研究が重要な転機を迎えている。
東京モーターショー 各社が注力「CASE」とは 自動車業界変革期
RSS: FNN PRIME
24日の開幕に先駆け、23日に報道陣に公開された、2年に一度行われる「東京モーターショー」。
トヨタ自動車の世界販売、3.2%増の495万0808台で8年連続プラス 2019年度上半期
レスポンス
トヨタ自動車は10月30日、2019年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は同3.2%増の495万0808台で8年連続プラスとなった。 海外販売が同1.
ボルボから初の完全電動の自動車『XC40 Recharge』が登場!
bouncy / バウンシー
ボルボから11月発売予定の「XC40 Recharge」は、ボルボ初となる完全電動の電気自動車だ。運転者と同乗者の安全とバッテリーを守るための独自の安全機能も開発。安全性とエコを両立した高性能な自動車である。
自動車は「CASE」に対応し、人の心とつながるモビリティづくりの時代へ
SUSTAINABLE BRANDS JAPAN
SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイトです。ページの先頭です。 SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイト SUSTAINABLE BRANDS 日本版 ブランドが社会とつながる、持続可能な未来へ  「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:SB.
フォルクスワーゲンが中国の電気自動車を支配する計画
EVsmartブログ
元記事:Volkswagen Plans To Dominate Electric Vehicle Manufacturing In China by Steve Hanley on 『CleanTechnica』 世界中の工場設備を一新 VW(フォルクスワーゲン)は新しいMEB電気自動車プラットフォームを使った自動車を生産するために、世界6
自動車国内生産4.6%増=トヨタ、マツダ好調-19年度上半期
乗りものニュース
 自動車大手8社が30日発表した2019年度上半期(4~9月)の国内生産台数は、合計で前年同期比4.6%増の458万6837台だった。上半期で2年ぶりのプラス。新型車が寄与したトヨタ自動車やマツダなど
自動車軽量化の大本命、表舞台に躍り出る「CNF関連株」 <株探トップ特集>
株探 | 【株式の銘柄探検】サイト – 株式投資の銘柄発掘をサポート | かぶたん
―車体用などセルロースナノファイバーの用途広がり、同関連銘柄に改めて注目―
中国産テスラ電気自動車の予約受付開始、EV業界の競争が激化
AFPBB News – 総合新着記事100 –
【11月1日 CNS】米EV(電気自動車)メーカー大手のテスラ(Tesla)は25日、基本補助運転機能付「Model3」標準航続距離アップグレードモデル(中国産)の予約受付を開始したと明らかにした。同モデルの最低価格は35万5800元(
日立とホンダ、傘下の自動車部品メーカー4社を合併へ
朝日新聞デジタル
 日立製作所とホンダが、傘下の自動車部品メーカー4社を合併させることが分かった。自動車部品業界では車の電動化や自動運転など次世代技術に対応した部品開発をめぐる競争が激化しており、系列の枠を超えた規模拡
自動車大手6社、ミャンマー争奪戦 トヨタが工場着工 21年生産開始へ
日本経済新聞 電子版
【ヤンゴン=新田裕一】自動車大手のミャンマー進出が相次いでいる。トヨタ自動車は1日、2021年に操業を予定する新車組み立て工場の建設を始めた。東南アジア各国では大手の勢力図がほぼ固まり、約5千万人の人口を擁す
自動車業界と人々の生活を変える、3つの大きな技術的変化
ライブドアニュース – Forbes JAPAN
ボルボは先日、同社初の完全な電気自動車(EV)を発表し、脱炭素化へ向けた重要なコミットメントを表明した。同社は今後、EVの新型モデルを毎年投入し、従来型の燃料自動車やハイブリッドモデルの生産台数を減らし、20
米自動車販売:10月は持ち直す、ホンダが増加-日産自とトヨタは減少
ブルームバーグ 海外ニュース
10月の米自動車販売は前年同月比で増加。新車購入価格が過去最高を記録したにもかかわらず、大幅に減少した前月から持ち直したようだ。
産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧

よく読まれている記事

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略

デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する

組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧