3Dプリンター

20180423 製造業の経営者が押さえるべきニュース|3Dプリントシステム

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

NVIDIA、画像内の一部を削除しリアルに修復するDeep learningを用いた画像修復技術を発表
Seamless

NVIDIAの研究チームは、画像内の一部を削除し修復するDeep learningを用いた画像修復法を発表しました。 論文:Image Inpainting for Irregular Holes Using Partial Convolutions 著者:Guilin Liu, Fitsum A. Reda, Kevin J.

ロボが生産・受発注完結 独で見本市、最新技術を披露
日本経済新聞 電子版

 【ハノーバー=増田有莉、深尾幸生】ものづくりの現場が大きく変わろうとしている。23日にドイツで開幕した世界最大級の産業見本市では、工場のあらゆるデジタル情報を取り込み生産性を高める技術などが披露された

三菱マテリアル、複合部材の開発本格化。炭素材料企業と協業
鉄鋼新聞

 三菱マテリアルは20日、炭素系新素材「グラフェン」の開発・製造を手掛けるインキュベーション・アライアンス(InALA社)の第三者割当増資を引き受けて株式を取得し、同社との協業によるグラフェンを用い

自動運転、制度整備大綱が決定 物流部門 隊列走行など対象 事業許可要件 現行の枠組み踏襲
Logistics Viewpoints

 政府は17日、自動運転の制度整備大綱を決定した。自動運転車の導入初期段階である2020~25年ごろに公道で一般車と混在する「過渡期」を想定し、関係する法制度の在り方などを提示。物流サービスの実現に向けては、高

火星見据えた月面基地建設、カギは「地産地消」技術 世界中で高まる月面探査の機運
日経ビジネスオンライン最新記事

人類が月面に到達したのは1969年。それから約半世紀が経過し、新たなレースが始まった。各国が掲げる次の目標は月面に「基地」を建設し、火星などへの足がかりにすることだ。地上で培った技術を応用することで企業

河南省が2020年までに産業用ロボット3万台応用へ―中国
河南省が2020年までに産業用ロボット3万台応用へ―中国
中国韓国東アジアニュース|レコードチャイナ

16日に開幕した両岸スマート設備製造鄭州フォーラム2018において、河南省工業・情報化委員会が発表した「2017年河南省スマート製造白書」によると、河南省は2020年までに産業用ロボット3万台の応用を促進し、スマート生産

【中国を読む】加速するロボット市場の変革 三菱総合研究所・猪瀬淳也
政策・市況ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 中国における人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の取り組みは、既にいろいろなところで報じられているように国家的な取り組みが進んでいる。まずAIについては「新一代人工智能発展規●」が、ま

【携帯】 液晶版iPhone、デュアルSIMで「爆売れ」期待 パネル7割供給JDIの救世主に KGI証券調査
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
【半導体】 中国に狙われるTSMCの28nm技術 元社員が中国に漏洩疑い
EMSOne 「EMS/ODM 市場専門ウェブサイト」ホームページへようこそ!
5期連続増益のディスコ、生産強化でまだまだ攻める
ニュースイッチ

 半導体需要が長期的に拡大し続ける「スーパーサイクル」に入ったとの見方が強まる中、ディスコの関家一馬社長は「消耗品の完全バックアップ体制を作る」と力を込める。その主役となるのは、4月1日付で子会社から

Samsungが出願していた「バーチャルリーシュ(離れないようつなぎとめておく仮想紐)」に関する特許公開。モバイルからの無線通信で指向性の力を生成
Seamless

リーシュとは、サーフボードや犬の首輪などで使用する離れないように繋ぎとめておく紐のことで、本特許はそんな紐を仮想で行うアイディアを記載します。

ワシントン大学、バッテリ不要の軽量スマートグラスでHDビデオストリーミングを可能にするシステム発表。スマートフォンからの無線電力供給で実現
Seamless

ワシントン大学の研究者らは、近くにあるモバイルデバイス(スマートフォン等)を用いてワイヤレス電力供給することで、バッテリ不要のカメラ付きメガネ型ウェアラブルデバイス(スマートグラス)からHDビデオストリ

三菱UFJ、MUFGコインでレジなし店舗の実験開始
ロイター: トップニュース

[東京 23日 ロイター] – 三菱UFJフィナンシャル・グループが、独自に開発を進めるデジタル通貨「MUFGコイン」を使った実証実験を進めている。23日からは米アマゾン・ドット・コムの認証技術を使い、レ

経産省、地域未来牽引企業シンポ開催 経済の牽引役を期待
日刊工業新聞 電子版

【和歌山】経済産業省は21日、和歌山県白浜町で「地域未来牽引(けんいん)企業シンポジウムin白浜」を開いた。地域経済の牽引役を期待し同省が選定した「地域未来牽引… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

日産、電動車の国内販売4割へ 22年度めど
日刊工業新聞 電子版

日産自動車が日本国内で電動車を拡販する戦略を鮮明にした。2022年度末までに電気自動車(EV)を3車種、エンジンで発電してモーターで走る技術「eパワー」搭載車を5種類投入し、国内販売に占める電動

経産省・日機連、「ロボ大賞」拡充 SI企業応募しやすく
日刊工業新聞 電子版

経済産業省と日本機械工業連合会は、優れたロボット技術・製品をたたえる「ロボット大賞」制度を拡充する。ロボットシステムに特化した表彰枠「ロボット応用システム部門」… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

食品製造業のロボ導入、情報・技術者不足が障壁 北海道経産局調べ
日刊工業新聞 電子版

【札幌】北海道経済産業局がまとめた食料品製造業へのロボット導入に関する企業調査によると企業への導入障壁として、ロボットに関する情報や技術者が不足していることがわ… 【コネクテッド インダストリーズ vol.

IoT×AI 動きだすファナック(上)ユーザーのアプリ開発広がる
日刊工業新聞 電子版

ファナックはIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)を活用した商品や機能の開発を加速する。工場用IoT基盤「フィールドシステム」では稼働データの分析結果を現場に戻し、各機器をより効率的に動

三菱航空機、従業員300人削減 MRJ開発を合理化
日刊工業新聞 電子版

国産小型ジェット旅客機「MRJ」を手がける三菱航空機(愛知県豊山町、水谷久和社長、0568・39・2100)が全従業員の15%程度に相当する約300人を削減したことが明らかになった。設計手順の見直

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史 (1/4)
ねとらぼ 最新記事一覧

 現在ではあまりにも当たり前の東京の人口1位。しかし、かつては東京が人口1位ではなかった時代が続いたことは、あまり知られていません。

Stratasysは従来の50倍高速な3Dプリントシステムを開発
3DP id.arts

米国とイスラエルに本拠を置く3Dプリント業界のリーダーStratasys Ltd.

世界最大の金属3Dプリント橋が完成
3DP id.arts

オランダの3Dプリント建設企業「MX3D」は、2015年6月に発表した3Dプリント橋製作プロジェクト「MX3D Bridge プロジェクト」の最新情報として、ステンレス鋼構造のメタル3Dプリント橋の完成を発表した。

3Dプリント包帯で損傷した皮膚を治療
3DP id.arts

米国・フィラデルフィアのテンプル大学バイオ・エンジニアリング部門 Jonathan Gerstenhaber(ジョナサン・ゲーステンハーバー)教授率いる研究者チームは、大豆たんぱく質と水をベースとした、パーソナライズされたカスタ

BMWは3Dプリント技術の研究施設を建設
3DP id.arts

ドイツの自動車大手BMWは、ドイツ・ミュンヘン北部オーバーシュライスハイムに、1,000万ユーロ(約13億5千万円)を投資し、Additive Manufacturing Campus(アディティブ・マニュファクチャリング・キャンパス)を設立する。

ナイキは3Dプリントシューズで世界記録を目指す
3DP id.arts

スポーツブランド大手Nike(ナイキ)は、ケニア人陸上競技選手で世界最速のマラソンランナーと呼ばれるエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手と共に、同社の最新3Dプリントシューズでロンドン・マラソンに出場する。

未来のガジェットはぐにゃぐにゃになる? 液体を3Dプリントするアメリカの研究
ギズモード・ジャパン

この技術から「液体系ガジェット」とか誕生したりして…。

AI・人工知能EXPOから感じ取れる人工知能の実用化の向かう先
TechCrowd

はじめにAI・人工知能EXPOのふたつの講演の記事を紹介します。最初がアマゾンの講演、次がNVIDIAの講演です。そのあと、約300社からの展示の中からピックアップして紹介している記事を三本ご紹介します。

リフォーム業者向けARアプリ企業が7,000万円を調達
Mogura VR » リフォーム業者向けARアプリ企業が7,000万円を調達 のコメントのフィード

業務用のARアプリを提供するKAKUCHO株式会社は、2018年3月、ニッセイ・キャピタル株式会社らをを引受先とした総額約7,000万円の第三者割当増資を実施しました。同社は2017年10月にも第三者割当増資を実施しており、今回は2回

グーグル、AR顕微鏡のプロトタイプ発表 癌を正確に発見
Mogura VR » グーグル、AR顕微鏡のプロトタイプ発表 癌を正確に発見 のコメントのフィード

医療分野では様々な用途でVR/AR技術活用が進んでいます。グーグルの研究チームは2018年4月、癌をリアルタイムに発見できるAR顕微鏡のプロトタイプを発表しました。

税制の大幅要件緩和で中小企業の相続しやすく 今後起こりうる問題点とは?
新着記事 – THE PAGE

 中小企業の後継者不足問題を解決する「事業承継税制」(非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予・免除制度)の大幅な適用要件緩和が今年1月に始まった。

イーロン・マスクが挑み、ソフトバンクも出資する「巨大ネット衛星通信網」計画とは?
Yahoo!ニュース

投資ファンドSpace Angelsの4月10日付けの発表によれば、2018年第1四半期でSpaceXは新たに5億ドルの投資を受け、同社の価値は275億ドル(2兆9400億円)に達したという。この投資の大きな目的のひとつは、SpaceXが計画中の衛

2021年までに“5G”スマホは1億1,000万台に!普及のカギを握るのは日本などのアジア勢か
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » 2021年までに“5G”スマホは1億1,000万台に!普及のカギを握るのは日本などのアジア勢か のコメントのフィード

デジタル技術が向上することで、今やスマートフォンで動画を閲覧することが普通の時代となった。しかし、そこには回線速度などの問題もあるだろう。今後、さらなるデジタル社会が進む中で、情報通信量は格段に増え

日本郵政、正社員の手当削減はタブーなのか (1/4)
ITmedia ビジネスオンライン 最新記事一覧

日本郵政グループが正社員のうち約5000人に対する住居手当を2018年10月から段階的に削減し、最終的には廃止することを決めた。背景には「同一労働同一賃金」の考え方がある。今回の郵政グループの対応はどう評されるべ

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  2. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  3. 00 半導体業界

    製造業のWEB活用方法:引合いを取る仕組み②ソリューションサイト
  4. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  5. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
PAGE TOP