20181115  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|小衛星ビジネス

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

目指すは“宇宙のFedEX”—ロケット・ラボが開いた小型衛星ビジネスの世界:今週の宇宙ギャラリー
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

これまで政府機関や大企業が担っていた、人工衛星の打ち上げサービス。SpaceXの再利用ロケットによる快挙は記憶に新しいが、今週新たな破壊的プレーヤーが現れた。米スタートアップであるロケット・ラボが小型ロケッ

楽天モバイルが5G実証実験、空撮配信や配達ロボも
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 楽天モバイルネットワークは15日、野球場「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で、第5世代(5G)移動通信方式を活用し、ドローン(無人航空機)で撮影した高画質な映像を大型ビジョンに伝送するなどの実証実験

オークマがAI(人工知能)を活用したドリル加工の診断技術 「OSP-AI 加工診断」を世界に先駆けて開発
製造現場ドットコム – 製造現場は日本の底力!

 オークマ(社長=花木義麿氏)と日本電気(社長兼CEO=新野 隆氏、以下NEC)はこのほど、AI( ディープラーニング) を活用し工作機械が自律的にドリル加工の診断を行う技術「OSP-AI 加工診断」を共同開発致したと発表

設計・生産の多品種少量対応をAIで支援、オートデスクのAI研究
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

テーマ一覧の 切り替え 2018/11/15 14:50ニュース解説 設計・生産の多品種少量対応をAIで支援、オートデスクのAI研究 アセンブリ情報を基に、ロボットへ自動で指示を出して組み立てる この記事は 仕事に役立った0 人

先端チップの製造が本当にTSMC独占になれば、半導体の発展は終焉する
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

これが自動運転時代のヘッドランプ、1000チップ超のLEDアレーが製品に
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

テーマ一覧の 切り替え 2018/11/15 05:00electronica 2018 これが自動運転時代のヘッドランプ、1000チップ超のLEDアレーが製品に OSRAM Opto Semiconductorsが披露 この記事は 仕事に役立った0 人に勧めたい0 難しい0 易しい0  ド

“眠れる獅子”HuaweiがAIで覚醒、あらゆる用途にフルスタック戦略
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 中国の老舗通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為)が急速に存在感を増してきた。同社は最近は第5世代移動通信システム(5G)やIoT(Internet of Things)で大きな市場シェアを握り始めている。2018年第2四半期にはス

経済産業省の黒田金属課長、自工会・材料部会の会合に出席。取引適正化の重要性を強調
鉄鋼新聞
グーグル系ウェイモのCEO「完璧な自動運転は実現はムリ」
自動運転ラボ

ウェイモ社のジョン・クラフチック最高経営責任者=出典:ウェイモ社プレスキット完璧な自動運転は実現しない——。グーグル系ウェイモのジョン・クラフチック最高経営責任者(CEO)がこんな予測をアメリカ国内で行わ

百度と一汽、自動運転車を2020年末に量産へ レベル4相当の技術搭載
自動運転ラボ

中国で検索大手・百度(バイドゥ)が、国営の大手自動車集団である中国第一汽車集団有限公司(FAW)と共同でレベル4クラスの自動運転車を開発し、2020年末ごろから量産に乗り出す。中国国営通信社CNSが報じた。

スペイン、ハイブリッド車など40年までに販売禁止へ
日本経済新聞

【パリ=白石透冴】スペイン政府は13日、2040年までにガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車の国内での販売を禁止し、温暖化ガス削減を目指すと発表した。英国やフランスも40年までに似た規制を作る方針を17年に発表

ダイムラー、完全自動運転タクシーの公道実験を米で開始へ
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

ドイツのダイムラーとボッシュは今年7月、2019年にシリコンバレーで自動運転タクシーの試験運用を開始すると発表していた。11月8日、両社は2019年下半期から米サンノゼで、メルセデス・ベンツ「Sクラス」の自動運転車両

シリコン負極のベンチャーにルノー日産三菱が出資、1分で80km分の充電を実現
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧
月間の残業時間は昨年より0.6時間短く、29.7%が昨年より残業時間が減っている
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » 月間の残業時間は昨年より0.6時間短く、29.7%が昨年より残業時間が減っている のコメントのフィード

エンジニアのキャリアを応援するマガジン「fabcross for エンジニア」では、2018年7月26日~8月2日の間に、20~59歳の公務員・会社員1万123人を対象として、残業時間に関するアンケート調査を実施した。 ※調査方法はネット

グーグルがNASAと提携 「量子超越性」実証へ
MITテクノロジーレビュー

MITテクノロジーレビューが入手した航空宇宙契約(Space Act Agreement)によると、グーグルは今後数カ月以内に「量子超越性」を証明するため、米国航空宇宙局(NASA)に協力を求めていることが分かった。

「折り畳みスマホ」普及なるか。日本企業は素材・部品に商機?
ニュースイッチ Newswitch

 閉じればスマートフォン、開けばタブレット端末になる「折り畳みスマホ」(フォルダブルフォン)が2019年から市場に本格投入される。頭打ちが著しいスマホ市場に新風を吹き込むか注目だ。日系の化学や電子部品

【独占】ライザップ瀬戸・松本が語る「赤字転落と不仲説」の真相
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

RCEP妥結断念 中印など難色、「19年目指す」
日刊工業新聞 電子版

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に参加する16カ国の首脳会合が14日、シンガポールで開かれた。関税の撤廃などで各国の溝が埋まらず、目標にしていた年内の…

フォード、車載電池工場検討 DHLなどと共同で
日刊工業新聞 電子版

米フォードモーターや国際輸送大手のドイツポストDHLグループなどが共同で、車載用リチウムイオン二次電池(LIB)工場の建設を検討していることが分かった。独ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW

機械の稼働見える化 NTT東、中小向けIoTパッケージ発売
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本 機械設計者の基礎技術力向上 図解力を鍛えるロジカルシンキング ~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

ファナック、浮上した新たな中国リスク 証券部 寺井伸太郎
日本経済新聞

米中貿易摩擦などに揺さぶられるファナックに、新たな「中国リスク」が浮上している。地元企業からの申し立てを受け、中国当局が日本や台湾の工作機械メーカーへの反不当廉売(ダンピング)調査を10月中旬に始めた

平田機工—急落、自動車関連などの設備投資計画先送りで業績下方修正
マネーボイス

平田機工<6258>は急落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は35.3億円で前年同期比39.

Desktop Metalが世界最速金属3Dプリントシステムを発表
3DP id.arts

ボストンに本拠を置くメタル3DプリンタプロバイダDesktop Metalは、工業レベルの生産システムとしてアナウンスされていた『Production System』に関するアップグレードを、Formnext 2018で発表した。

 

 

 

勉強会のご案内はこちら>>