20181113  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|国家戦略「メイド・イン・チャイナ2025」に見る中国の未来

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

国家戦略「メイド・イン・チャイナ2025」に見る中国の未来〜「メイド・イン」から「クリエイテッド・イン」へシフト
AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア » 国家戦略「メイド・イン・チャイナ2025」に見る中国の未来〜「メイド・イン」から「クリエイテッド・イン」へシフト のコメントのフィード

「メイド・イン・チャイナ」と聞くと安価な服や靴などをイメージするかもしれない。

中国が開発をリードする、「ソーラー道路」のポテンシャル
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

日本がリードするアジアの航空機サプライチェーン
経済産業省 METI Journal » 日本がリードするアジアの航空機サプライチェーン のコメントのフィード

高まるアジアの重要性、日本への期待  民間航空機市場は今後20年間で約4万機の需要が予測されており、その4割がアジア太平洋地域である。この需要を見込んで、航空機の売り込みやコスト低減を実現したい欧米

1万人に聞いたネット通販の利用率は58%。20~30代は約80%、60代は29%、70代で14%
ネットショップ担当者フォーラム

メインコンテンツに移動 現在地 ネットショップ担当者フォーラム » ニュース » 1万人に聞いたネット通販の利用率は58%。20~30代は約80%、60代は29%、70代で14% ネットショップ担当者フォーラムを

メモリ市場予測、ボトムは2019年中盤か (1/2)
EE Times Japan 最新記事一覧

連載一覧へ  2018年1月の本コラムで、2018年の半導体市況の見通しについて書かせていただいた。昨年、2017年のメモリ市場は、クラウドコンピューティング(以下、クラウド)のインフラであるサーバ/データセンター向

インテル、5G普及に向け「XMM 8160」モデムを発表--2019年後半に提供へ
CNET Japan 最新情報 総合

 Intelが5G対応のマルチモードモデム「XMM 8160」を発表した。5Gモバイルネットワークの世界的普及に対応するため、当初の計画よりも半年早く提供を開始する。

PEVE、ニッケル水素電池増産 年12万台以上
日刊工業新聞 電子版

PR 自動車・輸送機のニュース一覧 おすすめコンテンツ わかる!使える!鋳造入門 <基礎知識><段取り><実作業> 原子力年鑑2019 技術大全シリーズ 切削加工大全 わかる!使

米SEMI、シリコンウエハー出荷面積が過去最高
日刊工業新聞 電子版

(残り:214文字/本文:214文字) PR エレクトロニクスのニュース一覧 おすすめコンテンツ わかる!使える!鋳造入門 <基礎知識><段取り><実作業> 原子力年鑑2019

半導体装置各社が先行投資 足元停滞も、AI・IoT普及見据え
日刊工業新聞 電子版

半導体製造装置メーカー各社が半導体メーカーの設備投資延期などの影響を受け、2019年3月期の業績予想や販売見通しを相次ぎ下方修正した。ただ、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)

2軸方向に無限回転するロボアーム、山形大などが試作(動画あり)(18/11/13)
日刊工業新聞 電子版

球関節を三つ連結したロボットアーム(NECエンベデッドプロダクツ提供) 2軸方向に無限回転 山形大学の多田隈理一郎准教授とNECエンベデッドプロダクツ(NECEP、東京都港区)は共同で、2軸方

10月の工作機械受注、23カ月ぶり減も高水準 国内堅調・中国に陰り
日刊工業新聞 電子版

日本工作機械工業会(日工会)が12日発表した10月の工作機械受注実績(速報値)は、前年同月比1・1%減の1391億7700万円だった。減少は23カ月ぶりとなる。国内はプラスを維持したが、外需の減

アトミックレイヤーエッチングとドライエッチング技術の未来展望 (1/5)
EE Times Japan 最新記事一覧

14Åの微細加工も可能か 連載一覧へ  1973年に日電バリアンの松崎と細川が発明し、IBMがRIEと名付けて普及させ、日米が総力を結集してチャージング・ダメージの問題を解決したドライエッチング技術は、45年の歳月を経

量子アニーリングマシンで、夢の量子コンピュータを実用化に導く ~従来より1000倍安定させて、実社会の多様な課題を解決へ~
wisdom

 実現すれば、従来のコンピュータとは比較にならないほどの膨大な計算を瞬時に実行できる夢のマシン「量子コンピュータ」。NECは、この量子コンピュータのキー・テクノロジーとなる量子の動作を世界で初めて検証し

 

 

 

勉強会のご案内はこちら>>