20181104  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|工作機械 JIMTOF

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

工作機械がつながった先には何があるのか、JIMTOFが開幕
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」が開幕。「IoT オープニン グディスカッション」として、主催団体会長の日本工作機械工業会会長の飯村幸生氏、日本工作機械工業会 副会長で技術委員長 稲葉善治氏、Indust

安田工業、テーブルをDDモーターで駆動する5軸加工機を参考出展
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 安田工業(本社岡山県・里庄町)は、ワークを載せるテーブルの回転動作にダイレクトドライブモーターを使用する5軸マシニングセンター「YBMVi40 Ver.

JIMTOF2018、工場設備の「つながる」はもう当たり前
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

テーマ一覧の 切り替え 2018/11/02 11:00 この記事は 仕事に役立った0 人に勧めたい0 難しい0 易しい0  2018年11月1日、「JIMTOF 2018」(第29回 日本国際工作機械見本市)が始まった。会期は11月6日まで。出展社数は

旋盤内部にロボット組み込みました――オークマの提案
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 第29回を数えた2018年の「日本国際工作機械見本市(JIMTOF)」。今回のJIMTOFもさまざまな工作機械が勢ぞろいし、多くの来場者を迎えている。

【別刷特集】ロボットを内包する工作機械 搬送機能を持つMU―S600V
日刊工業新聞 電子版

 当社の「新コンセプト5軸制御立形マシニングセンタ MU―S600V」は機械幅1400ミリメートルの極少スペースで直径最大600ミリメートルまでのワークを加工できる。鋼材、アルミ、耐熱鋳鉄、F

9月の建機出荷、8.4%減の2371億円 1年11カ月ぶり減少
日刊工業新聞 電子版

【工作機械特集】3Dプリンター、マシニングセンターなど 話題の技術、動向の解説記事更新中 【注目の出展企業/菅機械産業】加工精度と作業効率を向上。デジタル定寸装置「デジピタット!」

パナソニック社長:米テスラとの電池工場黒字化「かなり早い」
ブルームバーグ 独占ニュース

パナソニックと米電気自動車(EV)メーカー、テスラが共同運営するネバダ州のリチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」は、早期に黒字化する見通しだ。

驚愕…!25歳サラリーマンが、3000万円で「会社を買った」話
現代ビジネス | 講談社

最初は起業を考えていたけれど 「学生時代から、会社員として働き続けるのではなく、いつかは独立したいと思っていました。ただ、いざ独立しようと心に決めても、起業がいかに難しいかということも分かっ

 

勉強会のご案内はこちら>>