20171228 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|全固定電池

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

時代の「流れる方向」だけは確認してください。まずはざっとでいいと思います。

焦点:全固体電池の「点火」に挑む日特、EV時代生き残り図る部品各社
ロイター: トップニュース

[名古屋 28日 ロイター] – スパーク(点火)プラグ最大手の日本特殊陶業(日特)(5334.

正解率は90%以上、嘘をつく人間の微細な表情を読み取れるAIが開発される
switch

これまで犯罪捜査などで容疑者の嘘を見抜く場合は、「嘘発見器」などが用いられてきた。しかしこれからは人工知能が、この役割も果たすかもしれない。

M&A3000件超、11年ぶり最多 17年の日本企業
日経ビジネスオンライン最新記事

 2017年は日本企業の関わったM&A(合併・買収)件数が過去最多となった。06年の2775件を11年ぶりに上回り3000件を超えた。日本企業による海外企業の買収が活発で、小売りや人材派遣など内需型の企業も積極的だ。空

従来比6万倍の速さで自己修復するセラミックス、人間の骨と同じ治り方だった (1/3)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

開発した自己修復セラミックス。一見すると金属材料のように見える(クリックで拡大)  物質・材料研究機構(NIMS)は2017年12月27日、茨城県つくば市内で会見を開き、同年12月21日に発表した自己修復セラミックスの技

トヨタがEV用に開発中の高出力「全固体電池」、日産・ホンダも追従か?
clicccar.com(クリッカー)

大気汚染問題で中国政府が推進する新エネルギー車(NEV)政策などを背景に、クルマの電動化が世界的な潮流になっており、自動車各社がリチウムイオン電池を使ったEV開発を進めていますが、航続距離や充電時間の長さな

楽観視されている”中国リスク”を再検証
楽観視されている
会社四季報オンライン – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

 2018年の世界金融市場にとって、大きなリスク要因となるものは何なのか。

2017年のディープラーニング論文100選
Atom Feed

キュレーションサイト等 画像分類・検知 オブジェクト検知 Mask R-CNN [pdf] 2Dから3D物体検知 2D-Driven 3D Object Detection in RGB-D Images [pdf] オブジェクト追跡 End-to-end representation learning for Correlation Filter based tracking [p