20171227 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|建機(建設機械)

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

時代の「流れる方向」だけは確認してください。まずはざっとでいいと思います。

外需好調の1417億/内需は3ヵ月連続減少/建機工11月出荷
外需好調の1417億/内需は3ヵ月連続減少/建機工11月出荷
建設通信新聞Digital

 日本建設機械工業会(平野耕太郎会長)は27日、11月の建設機械出荷金額を発表した。内需は前年同月比…

週刊VR情報局 の他の記事
Engadget Japanese RSS Feed

やっとマイクロソフトより「HoloLens」を借用できました! これまでは品川のマイクロソフトを訪問しなければ体験する機会がなく、しかも時間も30分程度と限られていたのですが、年末年始にかけて長期借用できたので

EVシフト下の自動車と電池業界、新規組の思惑 次世代革新電池の実用化以前に戦いの場が
日経ビジネスオンライン最新記事

 12月14日のコラム、「トヨタとパナの提携で加速する次世代電池開発」に関しては、読者の支持率を96%もいただき、発信した筆者としても、お陰様で満足感を得た。それだけこの内容が、自動車業界や電池業界、そ

「IoT減税」を押さえた企業が2018年の勝者になる
現代ビジネス | 講談社

2018年度税制改正でIT関連の“目玉”になりそうなのが「IoT投資減税」だ。「法人税を控除することで、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にかかわる投資を促進する」のがねらいである。

EV普及による変化を見据えよ-リチウムイオン電池生みの親の吉野氏
Bloomberg

カーシェアでは1台で10倍の距離走行、耐久性が重要に 二次電池の小型軽量化が求められていた点に注目、新型電池を開発 リチウムイオン電池を発明した旭化成名誉フェローの吉野彰氏は、電気自動車(EV)の自動

第4四半期の中国経済、来年の景気減速示唆=中国版ベージュブック
ロイター: トップニュース

[北京 27日 ロイター] – チャイナ・ベージュブック・インターナショナル(CBB)の調査によると、中国の鉱工業部門の企業は、第4・四半期も引き続き生産を拡大した。

なんで作った!? すごいけど、発想がナナメ上の“変な”ロボットまとめ (1/2)
ITmedia NEWS 速報 最新記事一覧

2017年に見つけた“変な”ロボットを振り返る。  2017年、多くのロボットを取材してきた。Pepperが登場した14年から3年が経ち、“第3次ロボットブーム”は徐々に落ち着きをみせている。ロボット業界を見渡せば、「ロボッ

みずほ「Jコイン」実証実験 来年3月にも QR決済、地銀と連携
SankeiBiz:企業ニュース

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長は26日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、電子マネー「Jコイン(仮称)」の創設に向け、早ければ2018年3月にも実証実験を行う計

ビットコイン取引所「コインチェック」27歳創業社長の素顔。いかにして日本最大級になったのか
BUSINESS INSIDER JAPAN

ビットコインの乱高下が続いている。その価格変動に巻き込まれているのは日本人投資家だ。2017年10月〜11月は世界の取引の4割を日本円建てが占め、米ドルを超えて世界最大のシェアを占めた。

AI(人工知能)との向き合い方~AIビジネスのかたちを考える
InfoComニューズレター

IoT・ビッグデータ・AIが注目されて久しいが、各々どの程度身近になってきたのか捉えがたいのではないだろうか。もちろん、これらは相互に関連し、相乗効果を出して、ビジネスや生活に役に立つものであるが、本稿では

ガレッジニア部門が初開催、マイクスタンドまでスマート化?〜ETロボコン2017チャンピオンシップ大会〜 (1/4)
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧

 若手エンジニアの育成を目的としたロボット競技会「ETソフトウェアデザインロボットコンテスト2017(ETロボコン2017)」の全国大会(チャンピオンシップ大会)が2017年11月15日、パシフィコ横浜で開催された。16回目とな

ロシア、宇宙ステーションにホテル開業を計画中。週45億円より、オプションで宇宙遊泳も
Engadget Japanese RSS Feed

ロシアの宇宙機関Roscosmosが、国際宇宙ステーション(ISS)に「高級ホテル」の建設計画を検討しています。ISSへの発着便の関係で滞在期間は週単位で設定され、宿泊料は1~2週間でおよそ4000万ドル(約45億円)から。オプション(

爆発するかもしれない —— マスク氏、「ファルコン・ヘビー」の最新画像を公開
BUSINESS INSIDER JAPAN

イーロン・マスク氏は、ファルコンヘビーの打ち上げ準備を進めている。スペースXにとって最大のロケットだ。