部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
金属3Dプリンタ

20180712 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|金属3Dプリンタは量産対応

製造業の経営者が押さえるべきニュース

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

金属3Dプリンタは量産対応とともに「誰でも使える」を目指す、ソフトウェアも続々 (1/4)
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 2018年6月20〜22日、東京ビッグサイトで「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」が開催された。その中で金属3Dプリンタは海外を中心に10社以上の製品が並んだ。Industry 4.

ホンダ、パナが電動二輪車向け蓄電池シェア インドネシアで実験
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 ホンダとパナソニックは13日、インドネシアで12月から、電動二輪車を使用した着脱式蓄電池のシェアサービスを実験的に始めると発表した。リースで電動二輪車を貸し出し、利用者は電池の残量が少なくなると最

鴻海Micro LED技術大突破
經濟日報

A- A+ 2018-07-13 02:03經濟日報 記者張瑞益/台北報導 鴻海旗下Micro LED新創公司eLux昨(12)日透露,已在流體裝配與定位技術已取得專利,可實現最大裝配速度,是技術一大突破。eLux股東包含群創、榮創、夏普等鴻家軍要角

セールスフォース「Service Cloud Einstein」--AI活用で顧客サービス向上を支援
TechRepublic Japan 最新情報 総合

 Salesforceは米国時間7月11日、次世代の「Service Cloud Einstein」を発表した。同社のCRMに人工知能(AI)とガイド付きプロセスを活用する3つのサービスを組み合わせたもので、企業が自動化を通じて顧客サービスを向上できる

夏ボーナス、半導体関連2社が260万円超え
日本経済新聞 電子版

 1位ディスコ、2位東京エレクトロン――。日本経済新聞社がまとめた2018年夏のボーナス支給額ランキングでは、521社の支給額のほか個別企業の浮き沈みもチェックできる。 URL(https://vdata.nikkei.

働き方改革、今年度取り組み企業38% 企業規模で格差
日刊工業新聞 電子版

NTTデータ経営研究所(東京都千代田区)は12日、2018年度の「働き方に関する調査」結果を発表した。それによると働き方改革に取り組む企業は38・9%。17年度…

カワダロボティクス、新型の協働双腕ロボ投入 可搬重量2.5kgに
日刊工業新聞 電子版

カワダロボティクス(東京都台東区、川田忠裕社長、03・5830・3951)は、協働型双腕ロボット「ネクステージ」の新機種(写真)を発売した。片腕の可搬重量を従来…

日刊工業新聞 電子版

【京都】KTCは、工具生産現場で働く職人の“匠(たくみ)の技”を協働ロボットに伝える技術の研究開発に着手した。職人の高齢化対策や生産革新活動の一環。熟練の動きが重要な金属工具の職人の磨き作業のロ

5月の産機受注、39%増の3759億円 2カ月連続増
日刊工業新聞 電子版

日本産業機械工業会(産機工)が12日発表した5月の産業機械受注実績は前年同月比39・5%増の3759億600万円となり、2カ月連続で増加した。内需は同14・0%…

医工連携事業化推進事業の成果(平成30年7月版)|医工連携事業化推進事業の成果|MEDIC 医療機器開発支援ネットワーク ポータルサイト
RSS

経済産業省 商務・サービスグループ 医療・福祉機器産業室 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

米中の終わらぬ覇権争い 米国、6031品目に追加関税 中国は秋波送るも…
日刊工業新聞 電子版

トランプ米政権は10日(日本時間11日)、中国に対し2000億ドル相当の輸入品に10%の制裁関税を追加する手続きに入ったと発表した。すでに米政権は産業ロボットなど500億ドル分の高関税措置を決め

国産“空飛ぶクルマ”開発急ぐ カーティベーター、期間・コスト半減へ
日刊工業新聞 電子版

走行と飛行が可能な“空飛ぶクルマ”を開発する有志団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」は、2020年に試験飛行を予定する機体設計にモデルベース開発(MBD)手法を採り入れる。20年まで

金型業界アンケート(5)EV化の影響
日刊工業新聞 電子版

自動車の製造に欠かせない樹脂やプレスなどの金型。金型業界でも車産業に押し寄せる「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリン…

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。