部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
航空機業界

20180313 製造業の経営者が押さえるべき産業・テクノロジーニュース|航空機産業(新潟NSCA)

製造業コンサルタントの井上です。

本日のトピックスです。 初めに記事にわたくしのクライアントも出てますね。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

タイムリーかつすべての情報はこちらまで

新潟市の航空機関連企業、台湾と連携 アジア集積地、飛躍の足がかりに
日刊工業新聞 電子版

新潟市に拠点を置く航空機関連の企業が海外展開を模索している。1月に航空機産業が集積する台湾を視察した。今回の訪問を契機として今後、現地企業との連携を強化していく…

グーグルのウェイモ、自動運転の大型トラックの実証実験へ
レスポンス

グーグル(Google)の自動運転開発部門、ウェイモは、米国ジョージア州アトランタにおいて、自動運転の大型トラックの実証実験を行うと発表した。

パナソニック、中国・大連で車載用電池の量産開始
日本経済新聞 電子版

 パナソニックは13日、中国・遼寧省の大連工場で車載用リチウムイオン電池の量産出荷を始めたと発表した。ハイブリッド車(HV)などに使う電池として、まずは中国市場向けの自動車などに供給する。世界最大の自動

「世界一厳しい」スカパーが選んだベゾス氏のロケット
日本経済新聞 電子版

 スカパーJSATは13日、米宇宙開発企業、ブルーオリジンと新型ロケット「ニューグレン」を使って静止衛星を打ち上げることで合意した。2020年代前半の打ち上げを予定している。これまで衛星の打ち上げには欧州ア

半導体前工程の装置投資、19年も5%成長へ 中国が需要をけん引
日本経済新聞 電子版

 世界の半導体産業では2019年も強気の装置投資が続きそうだ。業界団体の国際半導体製造装置材料協会(SEMI)の日本法人は13日、半導体前工程の装置投資額が19年も前年比5%増と4年連続で成長を続けると発表した

イーロン・マスク氏、火星ロケットを「来年」打ち上げ
国際ニュース – CNN.co.jp

ニューヨーク(CNNMoney) 米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日までに、火星への有人飛行を目指して開発しているロケットについて、2019年前半に発射する準備

イーロン・マスク氏、火星コロニーが人類を救うと再び語る
sorae:宇宙(そら)へのポータルサイト

  宇宙開発を押し進めるスペースX社CEOのイーロン・マスク氏はテキサス州オースティンにて開催されたSWSX(サウス・バイ・サウスウエスト)に登壇し、なぜ人類は火星にコロニーを建設しなければならないのか

リテールテック展を見るほどに、「Amazon Go」が恐ろしい(上)
BCN RETAIL

【日高彰の業界を斬る・5】 今年も3月6日から9日までの4日間、店舗向け情報システムの展示会「リテールテックJAPAN 2018」(日本経済新聞社主催)が東京ビッグサイトで開催された。

製造業のIoT化を支援するプラットフォームを提供
MONOist「オートモーティブ」 最新記事一覧
IoT看板センサによる点検・保守・見守りサービスを開始 ~ 看板の傾き・揺れを遠隔監視、蓄積したデータを活用しリスクを検知・駆け付け ~
ValuePress!

【サービス内容】  昨今、老朽化した看板落下による事故が全国で多数発生しており、事故のリスクのある看板は少なくありません。そもそも、屋外に設置している看板は、風雨や直射日光などにさらされる過酷な使用環

旭化成、ポリアミド樹脂50円上げ
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいトンネルの本 「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

SiCパワー半導体の世界市場、30年に8.3倍の2270億円 富士経済予測
日刊工業新聞 電子版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいトンネルの本 「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

富士ソフト・安藤ハザマ、ARで室内の温度・気流可視化
日刊工業新聞 電子版

富士ソフトと安藤ハザマは、米マイクロソフトの複合現実(MR)端末を活用した室内環境可視化技術を開発した。仮想現実(AR)技術を活用して室内の温度や気流を可視化す…

明電プラントシステムズ、IoTで生産改革 離席率縮め原価30%減
日刊工業新聞 電子版

明電プラントシステムズ(東京都品川区、白鳥宗一社長、03・5487・6426)が、工場の生産改革を進めている。ライン構成を全面的に見直した上でIoT(モノのイン…

武蔵精密、独子会社とブランド統一 機械加工で融合加速
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】武蔵精密工業は年内をめどに、子会社の独ハイ・ホールディング(HD)が手がける鍛造・機械加工事業のブランド名を「MUSASHI」に一本化する。2016年…

AI・データ活用人材を社内で育成、DataRobotがパッケージ商品
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH登録会員限定ですが、2018年3月13日20時まではどなたでもご覧いただけます。

RFIDを制したものが小売業を制す
商業界

 RFIDは「Radio Frequency Identification」の略で、ID情報が埋め込まれたRadio Frequency タグ(チップ)により、電磁界や電波等を用いて近距離間の無線通信を実現する機能を有したもの。通常、ICタグのことを指します。

経営者は 黒字に逃げてはいけない
経営者は 黒字に逃げてはいけない
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー – 新着記事

企業が持続的な成長を遂げるためには、過去の成功体験に囚われることなく、経営環境の変化に対応し続けなければならない。サイバーエージェントは、創業から20年にも満たない短期間で、3度にわたる大胆な事業転換を

「将来必要なくなる」…ビル・ゲイツの予測が現実に? 銀行は何に特化し生き残るのか (1/5ページ)
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 銀行の脅威になる、アマゾンのサービス

地球の裏側から名医が手術 次世代通信5Gの威力 VentureBeat
日本経済新聞 電子版

 先日開催された世界最大のモバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」の最大の目玉は次世代高速通信規格「5G」で、通信速度が格段に上がることが実証されていた。もっとも、5Gの秘密

厚さ0.7mmの透明導電膜付きガラス、日本板硝子が開発
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

この記事は日経 xTECH登録会員限定ですが、2018年3月13日7時まではどなたでもご覧いただけます。  日本板硝子は2018年3月8日、厚さ0.

東芝メモリ・WD、打倒サムスンへ再び手を握り動き出す
ニュースイッチ

 東芝の半導体メモリー子会社、東芝メモリ(TMC、東京都港区)と米ウエスタンデジタルが、NAND型フラッシュメモリー市場の覇権を奪うべく、再び手を取り合い動きだした。15日にはTMC四日市工場(三重県

DMG森精機、導入・操作容易な産ロボ 準備期間、8割削減
日刊工業新聞 電子版

DMG森精機は導入や操作が容易な産業用ロボットの新システム(写真)を開発、発売した。搬送・計測機器など周辺装置の通信規格や設置面積、配線を統一し、パッケージとし…

機械加工のコツ伝授 TEKNIA、フランチャイズで技術研修を全国展開
日刊工業新聞 電子版

【名古屋】TEKNIA(名古屋市中川区、高橋弘茂社長、052・303・3347)は、主力の機械加工の技術を生かし、同社の技術者が勘どころやコツを教える研修事業「…

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。