部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
【産業・業界別動向】

20180706 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|民間宇宙産業

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

「New Space時代到来、民間宇宙産業最前線」が開催
sorae:宇宙(そら)へのポータルサイト » 「New Space時代到来、民間宇宙産業最前線」が開催 のコメントのフィード
GoogleのTPUって結局どんなもの? 日本法人が分かりやすく説明
@IT 全フォーラム 最新記事一覧

 機械学習に特化したGoogleの自社開発プロセッサ、「TPU(Tensor Processing Unit)」。2018年7月6日、日本法人がこれについて分かりやすく説明した。

ロボットに一発で芸を仕込む新手法、UCバークレーが開発
MITテクノロジーレビュー

研究者は「ワンショット学習」と呼ばれる手法を使って、ロボットがそれまでに見たことがない物でも持ち上げられるように教育した。

PS4品薄の犯人? 極小部品が世界的に不足
This Morning With Gordon Deal

【東京】探している電子製品が店頭で見つからなければ、それは一辺が1ミリに満たないセラミックの塊のせいかもしれない。

Tesla Model 3に自動パーキングモードがついた
TechCrunch Japan

あのModel 3が自分で駐車できるようになった。Summonと呼ばれるその機能はTeslaの新しいセダンにやってきた。

その二足歩行ロボは火のなかを通り抜け、セグウェイを乗りこなす(動画あり)|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

ミシガン大学の研究チームが研究している遠隔操作の二足歩行ロボット「キャシー」は、ときに火のなかを歩き、セグウェイにも乗る。繊細な動きが可能で、人が多い都市部での活動にはうってつけだ。オープンソースで

指にお金をチャージする!?
ニュースイッチ

 日立製作所が指静脈認証装置を活用し、指をかざすだけで決済ができるシステム「指チャージマネー」の普及に乗り出した。電子マネー対応のスマートフォンやICカードなどの媒体に現金をチャージするのではなく、指

燃料電池車、商用に活路 トヨタ、小型トラックやバスに展開 (1/2ページ)
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 トヨタ自動車が、燃料電池車(FCV)の普及に向け商用車に活路を求めている。来年春からコンビニの配送に小型トラックの活用を始め、バスやフォークリフトへの展開も進める。燃料を短時間で補給できるFCVは

働き方改革の原点は社員の呼び名 ロート社長の挑戦 山田邦雄ロート製薬会長兼CEO(上)
NIKKEI STYLE

ロート製薬の山田邦雄会長兼最高経営責任者(CEO) 2016年に発表した、社内外との「副業解禁」制度が注目されたロート製薬。主力商品に力がある老舗企業は変革が遅れがちですが、山田邦雄会長兼最高経営責任者(CEO)

19年度概算要求、成長分野に特別枠4.4兆円 10日にも閣議了解
日刊工業新聞 電子版

政府は2019年度予算の概算要求基準の大枠をまとめた。10日にも閣議了解する。人材育成や経済成長につながる分野に予算を重点配分する特別枠は18年度比で1割増額し…

半導体・FPD製造装置、20年に初の3兆円超 SEAJ予測
日刊工業新聞 電子版

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は5日、2020年の日本製半導体・フラットパネルディスプレー(FPD)製造装置販売額が17年比19%増の計3兆179億円になる…

パナソニック、顔認識ゲート全量受注 国内5空港で16億円
日刊工業新聞 電子版

パナソニックは羽田や成田、関西など5空港から、入出国審査に顔認識技術を使う機器システム「顔認証ゲート」を受注した。法務省が2018年内に5空港へ導入する134台全量で、受注額は15億8209万円

中国ロボット産業連盟理事長に聞く、中国メーカーの競争力 「本体よりAI・IoT」
日刊工業新聞 電子版

■後発中国、海外勢を追撃 世界最大となる中国のロボット市場が拡大している。中国ロボット産業連盟(CRIA)は2018年の同国の産業用ロボットの販売台数が前年比約30%増の約18万台になるとの見通し

カーシェア、売りは手軽さ タイムズ会員100万人に
朝日新聞デジタル

 車を手軽に共同利用するカーシェアリングが広がっている。最大手のタイムズ24は3日、カーシェア「タイムズカープラス」の会員数が100万人を突破したと発表した。車を所有から共有しようとする消費者の変化

次世代自動車戦争「100年後も生き抜く」トヨタの覚悟と戦略
現代ビジネス | 講談社

にじみ出るトヨタの危機感

豊田市トヨタ町、6月14日。「招集通知」を手にする株主たちが、続々とトヨタ本社に吸い込まれていく。「招集通知」の1ページ目には、両手を広げた豊田章男社長がステークホル

デンソー:数千億円規模のM&Aやりたい、自前主義から脱却-常務
Bloomberg

トヨタ自動車グループ最大の部品メーカー、デンソーは電動化や自動運転などの新技術で急速に変化する経営環境に対応するため、自前主義など従来の企業文化からの脱却を進めている。M&A(企業の合併・買収)も含

パートナーであり人機一体の乗り物、搭乗型知能ロボット「RidRoid」は自動変形 (1/2)
MONOist 最新記事一覧

 千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo)は2018年7月4日、東京都内で会見を開き、プロダクトデザイナーの山中俊治氏と共同で開発した、自動変形する搭乗型知能ロボット「RidRoid(ライドロイド)シリーズ」

不撓不屈/豊電子工業(3)ロボの可能性を拡大
日刊工業新聞 電子版

ロボットシステムインテグレーター(RSI)の豊電子工業(愛知県刈谷市)は、ファナック製の産業用ロボットを軸に、… 【参加募集】東京都企業立地セミナー2018夏「東京に立地するメリット」(7/12開催)

浜松会議所、ロボットSIと連携 中小に導入促す
日刊工業新聞 電子版

【参加募集】東京都企業立地セミナー2018夏「東京に立地するメリット」(7/12開催) おもしろサイエンス 疲労と回復の科学

日立ハイテク、エッチング装置生産倍増 検査効率化・1割増員
日刊工業新聞 電子版

日立ハイテクノロジーズは半導体製造装置の生産能力を増強する。生産効率化や増員により、2―3年後をめどに半導体製造で使うエッチング装置の生産能力を現在の2倍に引き…

中国、産ロボ販売が最高更新へ 今年30%増18万台
日刊工業新聞 電子版

【上海=西沢亮】中国の産業用ロボット市場が高成長を維持している。中国ロボット産業連盟(CRIA)は2018年の同国の産業用ロボットの販売台数が過去最高を更新し、前年比約30%増の約18万台になる

電子部品、クルマに軸足 “脱スマホ”最終局面
日刊工業新聞 電子版

電子部品メーカー各社が“脱スマートフォン”に向けて事業戦略の転換への最終局面に入る。米アップルなどスマホメーカーの旗艦機種はユーザーの期待に十分には応えきれず、2018年度は市場成長の鈍化

世界各国の「労働者1人あたりの平均労働時間」発表、日本の労働者たちはどれくらい働いているのか?
GIGAZINE
スバルの改良エンジン、EGR率30%超えで世界最高水準
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

有料会員限定記事 現在は登録会員(無料)の方も閲覧可能です

LG会長に40歳の「誰も知らない」4代目、電撃就任
JBpress(日本ビジネスプレス)

 2018年6月29日、韓国のLGグループの持ち株会社にあたる「LG」は臨時株主総会と理事会(取締役会に相当)を開き、40歳の具光謨(ク・グァンモ=1978年生)LG電子常務を会長に選出した。

シュリンクする時代に成功するマーケターの条件
JBpress(日本ビジネスプレス)

 昨年(2017年)、大好評を博したビッグビート主催のBtoBマーケターの祭典「Bigbeat LIVE」が、今年も8月1日に開催される。今年はBtoBマーケティングの重鎮3名がホストとなり、登壇者を交えたトークセッションが繰り広げ

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。