部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
宇宙開発

20180902 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|日本版シャトル」民間構想

製造業の経営者が押さえるべきニュース

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

 

「日本版シャトル」民間構想 宇宙への観光旅行、6年後にも出発
Yahoo!ニュース

 宇宙への観光旅行が日本でも現実味を帯びてきた。東京都内のベンチャー企業が先月、構想を明らかにし、愛知県の企業も2024年の商業飛行を目指す。先行する米国では年内にも有人での試験飛行がスタート。

その他4輪-国内
トーチュウF1EXPRESS

JEVRA第4戦  電気自動車のシリーズ戦で米テスラ社の車両がトップ3を独占した。静岡県の富士スピードウェイで8月25日に開かれたシリーズ第4戦(東京中日スポーツ後援)で、テスラ・モデルSを駆る地頭

2027年までに有人宇宙飛行を目指すSPACE WALKER【ゲスト寄稿】
2027年までに有人宇宙飛行を目指すSPACE WALKER【ゲスト寄稿】
THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) » 2027年までに有人宇宙飛行を目指すSPACE WALKER【ゲスト寄稿】 のコメントのフィード

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。

3Dプリンターによりコンクリート製の建物を24時間で建設する技術をアメリカ海兵隊が開発
GIGAZINE

3Dプリンターを使って生コンクリートの層を薄く積み重ねることで、何人もの兵士が寝泊まりできるバラック(兵舎)を作ってしまう技術が開発されています。この装置を使うと、従来は10人の兵士が5日かけて建設してい

【政府・19年度概算要求】ロボット・AIの研究開発予算まるっと早わかり
ニュースイッチ Newswitch

 政府の2019年度予算概算要求における研究開発は、ロボット・人工知能(AI)が主役となる。ロボット・AIは、社会課題の解決やイノベーションを目指すには不可欠な基盤技術になった。文部科学省での基礎研究

「働き方改革で収入減」2割
日本経済新聞

 働き方改革がサラリーパーソンの懐にも影響を及ぼしている。NTTデータ経営研究所と「NTTコムリサーチ」が6月に実施した調査で、働き方改革によるマイナスの変化(複数回答)を聞いたところ、「収入が減少

日立建機、鉱山機械4割増産 資源価格回復に対応
日本経済新聞

 日立建機は31日、鉱山採掘に用いる超大型の機械を4割以上増産することを明らかにした。海外拠点で一部の生産を肩代わりしたり、部品メーカーへの従業員派遣などを通じて人手不足に対応したりする。生産ラインを刷

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。