20180726  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|トヨタ自動車、中国生産200万台規模

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

 

トヨタ、中国生産200万台規模へ 旺盛な需要背景に
朝日新聞デジタル

 トヨタ自動車は、中国での現地生産を大幅に増やす。2020年代前半にも、現在の約2倍にあたる200万台規模に拡大する検討に入った。成長が続く中国市場では独フォルクスワーゲンなどに後れをとってきたが、

3Dプリンタ事業を拡大、BNBがAdvanc3D MaterialsとSetup Performanceを買収
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧
シカゴ、ベーシックインカムの導入実験を行うアメリカ最大の都市に
BUSINESS INSIDER JAPAN

シカゴは、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の導入実験を行うアメリカ最大の都市となるだろう。もし地元自治体が、一部の家庭に毎月500ドルを無条件で支給する新しい提案を受け入れたなら。

戦闘機からMRJまで。発注先から信頼される「設計十訓」
ニュースイッチ

 タマディック(東京都新宿区、森実敏彦社長)は、航空宇宙産業の発展に貢献してきた設計会社だ。三菱重工業の設計者だった森実社長の祖父が1959年に設立し、戦後初の国産旅客機「YS11」の設計作業に参加す

クアルコム、NXP買収断念方針表明 中国当局の承認得られず
ロイター: トップニュース

[北京/ニューヨーク 25日 ロイター] – 米半導体大手クアルコム(QCOM.O)は25日、オランダ同業のNXPセミコンダクターズ(NXPI.

韓経:【社説】中国の攻勢で韓国半導体・OLEDも危機に
韓経:【社説】中国の攻勢で韓国半導体・OLEDも危機に

韓国主力産業の砦といわれるDRAM、NAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体とOLED(有機発光ダイオード)までが中国の全方向攻勢で危機を迎えている。メモリー半導体の価格が調整され始める中、中国

半導体関連株が売り優勢、TSMCの売上見通しが予想下回る
会社四季報オンライン – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

 半導体関連株が売り優勢の始まり。製造装置の東京エレクトロン(8035)やSCREENホールディングス(7735)、アドバンテスト(6857)、新川(6274)をはじめ、半導体ウエハ大手のSUMCO(3436)、製造工程で使われるフォトレジ

日本電産、ロボット部品40倍に 成長投資を本格化 4~6月期 純利益33%増で過去最高
日本経済新聞 電子版

 日本電産は25日、ロボット部品などの生産能力を大幅に増強すると発表した。2020年度までの3年間で過去最大の5千億円を投資。ロボット部品の減速機の生産能力を19年度時点で16年度比40倍に増やすほか、車と家電の省

駐車場「タイムズ」、超最先端IT企業の秘密…膨大な走行データ収集してカネに?
ビジネスジャーナル

タイムズの駐車場(撮影=編集部)  今、パーク24の経営が面白い。同社は、先端テクノロジーを使って時間貸しの駐車場「タイムズ(Times)」を運営している。市場参加者の間でも、同社への注目度は高まっている。

企業の休廃業リスク格付けサービス 帝国データバンクが8月から開始、非上場130万社対象
企業ニュース – SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト

 帝国データバンクは、全国の非上場企業約130万社が休業や廃業するリスクを格付けする新たなサービスを8月から開始する。業績や経営者の年齢などに基づき企業を10段階で評価するもので、こうした格付けサー

ファナック、4─6月期連結営業益は前年同期比7.9増 予想やや下回る 
ロイター: トップニュース

[東京 25日 ロイター] – ファナック(6954.T)は25日、2018年4─6月期の連結営業利益が前年同期比7.9%増の544億円になったと発表した。

IoT時代の学び直し 経産省など、新たな産業人材育成
日刊工業新聞 電子版

経済産業省を旗振り役に、第4次産業革命を見据えた新たな産業人材育成が動きだす。IoT(モノのインターネット)など新技術を社会人に学んでもらい、現場や経営の革新につなげる。特にモノづくりや保安など

ウラノ、群馬に新工場 MC新規導入、航空機部品など生産
日刊工業新聞 電子版

【前橋】ウラノ(埼玉県上里町、小林正伸社長、0495・33・2511)は、群馬県伊勢崎市に新工場を建設する。航空機や半導体関連産業の旺盛な需要に対応し、受注機会…

考えるだけで動くアームロボ、ATRが開発
日刊工業新聞 電子版

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所の西尾修一主幹研究員らは、考えるだけで操作できるアームロボットを開発した。人の腕を模し、第3の腕として動かせる。検出する脳波を工夫し、操作だけ

 

勉強会のご案内はこちら>>