部品加工業・ロボットSIer・製造業専門 経営コンサルタント(井上雅史)のブログ
自動車業界

20180911 製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|ダイソン、電気自動車

製造業の経営者が押さえるべきニュース

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

メルセデスは初の電気SUVの発表で、「EVの未来」を宣言した|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

メルセデス・ベンツが市販タイプの電気自動車(EV)の第1弾「EQC」を発表した。競合がひしめくなかでのEV市場への参入は必然の動きとなるが、2020年の発売に向けた早々の発表は同社にとって何を意味するのか。

電化製品の王者、電気自動車ビジネスに参入!──ダイソンの壮大な2020年構想
ファッション、時計、高級車、男のための最新情報 | GQ JAPAN

紙パックが要らないサイクロン掃除機や羽根のない扇風機で家電のイメージを塗り替えてきた英電化製品ブランド、ダイソンが電気自動車ビジネスに参入するという。英版『GQ』がジェームズ・ダイソンを直撃した。

中国 製造業のデジタル戦略(前編):独インダストリー4.0型発展を目指す「中国製造2025」
ビジネス+IT HotTopics

 中国の政策においてイノベーションが掲げられたのは、1999年に国務院が発表した「技術革新の強化、ハイテクの発展、産業化の実現に関する決定」にまでさかのぼります。

メーカーごとの無人搬送車比較に最適、国際物流総合展
Logistics Today|国内最大の物流ニュースサイト

イベント数ある見どころの中でも目玉といっていいのがAI、IoT、ロボット関連の展示だろう。例えば、無人搬送車(AGV)は多くの種類が出展され、メーカーによってそれぞれの強みを活かした製品となっていたが、実際に導

1兆ドル企業になったアマゾンの敵は、もはや「政府」だけかもしれない|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

アップルに続いて、アマゾンの時価総額が1兆ドル(約111兆円)を超えた。電子商取引の世界で向かうところ敵なしに見えるアマゾンだが、実は書籍販売を除けばシェアはそれほど高くはない。そうしたなかで最大のリスク

プラスティック製ストローの問題は、ゴミ処理のシステムを「すり抜ける」ことにある|WIRED.jp
WIRED.jp最新情報 Feed – WIRED.jp

世界各国で利用停止が叫ばれている使い捨てプラスチック製品のなかでも、特に廃止の動きが拡大しているプラスティック製ストロー。その大きな問題は、ストローがゴミ処理のシステムを文字通り「すり抜けて」しまう

クアルコムとエリクソン、39GHz帯の5Gスマホ試作機で通信実験成功
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

登録会員限定記事 現在はどなたでも閲覧可能です

シチズンマシナリー、自動旋盤最上位機8年ぶり刷新 生産・重切削性向上
日刊工業新聞 電子版

【米シカゴ=六笠友和】シチズンマシナリー(長野県御代田町、中島圭一社長、0267・32・5900)は、棒状の材料を連続加工する自動旋盤の最上位機を8年ぶりに刷新…

マイクロLEDのフィーバーは一段落、冷静な議論が始まる
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 今年(2018年)で18回目を数えるディスプレー技術の国際会議「IMID(International Meeting on Information Display)」が、昨年(2017年)と同じ韓国・釜山の「BEXCO(Busan Exhibition and Convention Center)」で8月29~31日に開催された(図1)

8月の鍛圧機械受注、53%増322億円 日鍛工まとめ
日刊工業新聞 電子版

日本鍛圧機械工業会(日鍛工)が10日発表した8月の鍛圧機械の受注実績は、前年同月比53・3%増の322億2600万円となり、5カ月連続で増加した。2017年はプ…

ツガミ・東芝機械・三菱電、中国から第三国に生産移管 米制裁関税で
日刊工業新聞 電子版

【米シカゴ=六笠友和】機械業界で米国向け製品の生産を中国から第三国に変える動きが広がっている。ツガミは月内に、棒状の材料を加工する自動旋盤の最終生産地を中国から日本に改める。東芝機械は10月、樹

 

勉強会のご案内はこちら>>

 

 

ABOUT ME
井上 雅史
(株)船井総合研究所  上席コンサルタント/ エグゼクティブ経営コンサルタント/シニアエキスパート    ●製造業分野のトップコンサルタント    ●船井総研 実績5位(2017年)→実績2位(2018年現在) 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営 → 船井総研。 コンサルティグ分野は、受託系組立・金属加工業・樹脂加工業から、メーカーの産業機械(工作機械、半導体・液晶装置、印刷製本紙工機械、包装機械、化学機械、真空装置・真空機器、試験・分析機)など、また、修理・メンテナンス、エンジニアリング商社産業財を中心として、圧倒的経験値と実績があります。 特に、経営戦略・マーケティング戦略構築の攻めから、即効性だけでなく永続的に成長できるコンサルティグがポリシーです。また、クライアントの再生や株式公開に導くなど実績は多数。