20180903  製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)|エコカー戦略、トヨタは「全方位」対応、BEVなど

製造業コンサルタントの井上です。

本日の製造業の経営者が押さえるべきニュース(抜粋版)をお届けします。

エコカー戦略、トヨタは「全方位」対応 燃料電池車増産へ/販売半数を電動化
産経新聞 経済

 エコカーにはEVのほか、モーターとエンジンを併用したハイブリッド車(HV)や、水素で走る燃料電池車(FCV)がある。「電動車」とも呼ばれ、その“本命”の行方は混沌(こんとん)としている。トヨタ自動

「EV強国」へ中国、猛ダッシュ 最大市場で戦略練る自動車メーカー
産経新聞 経済

 自動車産業の変革期を象徴する電気自動車(EV)市場に、中国が猛攻勢をかける。新たな環境規制を来年導入して関連産業を育成し、「自動車強国」の地位獲得を狙う。世界最大の自動車市場となった中国がEV普及

VRでも重要な“触覚”デザインの今までとこれから【CEDEC 2018】
Mogura VR » VRでも重要な“触覚”デザインの今までとこれから【CEDEC 2018】 のコメントのフィード

2018年8月22日から24日の期間中、ゲームを中心とするコンピュータエンターテインメントの開発者カンファレンス、CEDEC 2018が開催されました。本記事では、23日に行われたセッション「ただのブルブルで終わらせないっ! ゲ

4─6月期設備投資額は全産業で前年比+12.8%、7期連続増=法人企業統計
NewsPicks Blog

NewsPicks編集部が制作する 記事コンテンツが 全て閲覧できるようになります。

【解説】地球のプレート運動、14.5億年後に終了説
ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 地球のプレート運動は、すばらしい芸術作品を生み出している。地球に山と海があり、恐ろしい地震や激しい火山噴火があり、今この瞬間にも新しい陸地が誕生しているのは、プレート運動がずっと続いているからだ。

Oculus創業者パルマー・ラッキーが考察するMagic Leap One
Mogura VR » Oculus創業者パルマー・ラッキーが考察するMagic Leap One のコメントのフィード

発売以来、様々な意見が登場しているデバイスMagic Leap One。アメリカのメディアはこれまで集めてきた投資額に比較して批判的な意見が多くなっていますが、開発者からはハードウェアの評価としては肯定的な意見も聴かれ

VRとARでリアル観光を促進、遠隔操作ロボットが物理的な制約を無くす
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 片道24時間の移動時間がゼロに――。現実空間の物理的な制約を気にせず、デジタル空間で自由に観光体験が可能なVR(Virtual Reality)技術は、一見すると観光と相反する存在に見える。だが実際には、VR観光はリアル観光

日立がEV向けSiCパワー半導体、耐久性向上とエネルギー損失半減を両立
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧
【日本版】自動運転開発を手掛ける主要企業・会社総まとめ 自動車メーカーからベンチャー・スタートアップまで、LiDARやカメラ開発も
自動運転ラボ

クルマ本体をはじめAI(人工知能)技術や各種センサー、高精度地図情報、通信技術などさまざまな分野が結集して初めて完成する自動運転車。自動運転にマッチした新たなサービスを模索する動きも多くみられる。

プラスチックの表面酸化で金属と接着、メッキなどに応用へ
ニュースイッチ Newswitch

 大阪大学大学院工学研究科の浅原時泰特任准教授と麻生隆彬准教授、宇山浩教授らは、プラスチックの表面を酸化させて金属と接着する技術を開発した。常温常圧で二酸化塩素により表面を酸化させると、疎水性が軽減し

9割近くが必要性を感じる「生産ラインの自動化」
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

生産効率の追求はもちろん、昨今の人手不足や人件費の高騰などを背景に生産ラインを自動化すべきとの機運が高まっている。ただし、その必要性は強く感じつつも、初期投資が大きい、投資対効果が見えない、汎用性が

量子コンピュータに集まるカネとヒト、野心
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

量子コンピュータにカネとヒトが猛烈に集まり始めている。量子コンピュータが実用的な性能を発揮する「Xデー」が迫っているとの期待が高まっているからだ。この熱狂に根拠はあるのか。ブームは本物なのか。そしてX

開発者はサラリーマン、夢の超小型衛星が宇宙へ
開発者はサラリーマン、夢の超小型衛星が宇宙へ
読売新聞 科学・IT

 宇宙好きのサラリーマンらで構成する一般社団法人「リーマンサットスぺーシズ」(東京都江戸川区)が超小型衛星を開発し、1日に都内で記者会見した。衛星は11日に種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から

2019概算要求/経産省、10%増1兆4085億円 ものづくり補助金、初の計上
日刊工業新聞 電子版

経済産業省は2019年度予算概算要求として、18年度当初予算比約10%増の1兆4085億円を計上した。キャッシュレス対策やスタートアップ支援などを重点的に支援する。一方、中小企業対策費は同約19

 

勉強会のご案内はこちら>>