製造業経営コンサルの井上です。

そろそろ世界の製造業もやばい領域に入ってきそうです。と思ってましたが、ついにアメリカのISMが上昇に転じだしかも。

11月の製造業に影響を与える政治的な事象が多くでるとおもいますので、注目です。実需はあると見てます。

<米国>ISM製造業景況指数

(米国)ISM製造業景況指数

<日本>製造業担当者景気指数

<日本>製造業購買担当者景気指数

<日本>鉱工業指数

鉱工業生産指数

日本は、2015年=100としてみた場合、全体的にはそれほど悪くない状況で。先行きの見通しは、現場感では悪くなってきています。景気の先行指数を表す「工作機械受注高」を見ておいてください。悪いです。

アメリカのISM製造業景況指数がここ数ヶ月で急激に悪くなっています。

<中国>中国 製造業購買担当者指数

<中国>  製造業購買担当者指数

中国は統計の正確性の問題はありあすが、同じ条件でのトレンドを捉えることが主眼として見てください。

良くはないですが、また上がろうとしている底堅さが少し見えます。

<ユーロ>製造業購買担当者景気指数

ユーロ圏 製造業購買担当者指数

ユーロ圏も、悪いです。その中で特に経済を牽引してきたドイツが特に悪いです。次のグラフを参照。

<ドイツ>製造業購買担当者景気指数

<ドイツ>製造業PMI(購買担当者景気指数)

ドイツはかなり悪い状況でしょう。中国への輸出減などが原因なのでしょう。

総 括

中国の製造業の状況は政治的に要因がなければ上昇に転じます。またアメリカもついに上昇の兆しが見えだしました。景気はめちゃくちゃ悪いわけではないですが、好転する可能性が出てきたと見てます。

【よく読まれている記事】 戦略面

中小の金属加工業の今後、未来とは?
受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について
下請け製造業の活きる道・戦略
デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは
機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる
ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略
機械設計がアップデートされる日

【よく読まれている記事】 マネジメント・管理面

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!
受託製造業の管理者として求められること(管理職の仕事・役割)
マネジメントエンジニアリング1
決定事項の「歩留まり」を改善する
組織は叩けば固くなる。組織運営の難しさ。
ゲーム性を仕事に取り入れてビジネスを強くする
製造業の採用方法を考える「オープンファクトリー」
ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧