【統計】工作機械受注高2019年5月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年5月(速報)の工作機械の受注高が発表されました。

もう少し下がるかと思ってましたが、意外と横ばいです。実需は確かにあるが米中貿易戦争など政治的要因で景気不安定というところです。

次に日経からですが、どうして設備関連の統計で前年対比ばかりいうのか理解できない。以下に悪く見せるかに苦心している印象がある。

日本工作機械工業会が11日発表した5月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比27.3%減の1084億円だった。受注額が前年を割り込むのは8カ月連続。5月は米中貿易摩擦が先鋭化し、一部でその影響が出ているが、マイナス幅は4月の33.4%減から縮小した。好不況の目安とされる1千億円もかろうじて維持した。

工作機械受注統計 日経

2018年の受注が好調だった反動減もあった。内訳は外需(輸出額)が23.8%減の658億円、内需は32.2%減の426億円だった。それぞれ下げ幅は4月から縮小した日本経済新聞より

工作機械受注統計 2019年5月

鉱工業生産指数(品目)工作機械 2019年4月

鉱工業生産指数 工作機械

2019年5月の工作機械に関連するニュース

オークマが中国の産業開発区に生産子会社を設立
MONOist 最新記事一覧
 オークマは2019年5月7日、中国江蘇省の常州市武進国家高新技術産業開発区に、工作機械の生産子会社「大隈(常州)机床」を設立すると発表した。同年4月12日付で、同開発区管理委員会との投資協定に合意している。
ファナックの工場用アプリ、外部も開発しやすくなった!
ニュースイッチ
 ファナックは工場用IoT(モノのインターネット)基盤「フィールドシステム」の機能を拡充する。同基盤は第三者企業(サードパーティー)がアプリケーション(応用ソフト)を開発して提供できるオープンプラット
「予想以上に動いていなかった」 機械加工の“ムダ”を可視化、IoTで20%削減 コマツ工場の改革
ITmedia NEWS 最新記事一覧
 「予想以上に動いていなかった」――建設機械メーカー、コマツの山中伸好氏(生産本部 生産技術開発センタ 所長)は、工場の状況に驚いた。同社は2014年から、工作機械や溶接ロボットのデータを収集・分析し、生産効
中村留精密、工作機械の熱変位補正にAI採用
日刊工業新聞 電子版
【金沢】中村留精密工業(石川県白山市、中村健一社長、076・273・1111)は、人工知能(AI)機能を導入した工作機械熱変位補正システム「NTサーモナビゲータ…
IoT提案を進めるアマダ、板金加工の現場を働き方改革
MONOist 最新記事一覧
 アマダは、「スマートファクトリーJapan 2019」(2019年6月5〜7日、東京ビッグサイト 青海展示棟)において、同社のIoT(モノのインターネット)ソリューション「V-factory」を中心とした工作機械やサービスを展示。IoTを活用
自動ロボ導入、無人稼働が最長3日 工作機械のオークマ
朝日新聞デジタル
 工作機械大手のオークマ(愛知県大口町)が革新技術の導入を掲げて可児工場(岐阜県可児市)内に建設中だった新棟「ドリームサイト3(DS3)」が完成し、報道公開された。機械や部品をネットとつなぐ「IoT」
5月の工作機械受注27.3%減 8カ月連続マイナス
日本経済新聞 電子版
日本工作機械工業会が11日発表した5月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比27.
産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧