【統計】工作機械受注高2019年3月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年3月(速報)の工作機械の受注高が発表されました。

下げ止まる可能性が出てきました。

しかも1300億円を超えての水準です。

4月の動向をしっかり見ないと言えませんが、戻りは早いかもしれません。

大手は残業規制など始まっているのえ、受注増の対応をしっかりしておかないといけないです。

次に日経からですが、どうして設備関連の統計で前年対比ばかりいうのか理解できない。以下に悪く見せるかに苦心している印象がある。

3月の工作機械受注、前年比28.5%減 6カ月連続減

(日本経済新聞より)

日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が10日発表した3月の工作機械受注額(速報値)は前年同月比28.5%減の1307億円だった。受注額が前年を割り込むのは6カ月連続。米中貿易摩擦の影響などを受け外需(輸出)が減少した。国内企業も設備投資を手控えるムードが広がり内需も減少した。18年3月の受注額が過去最高だった反動もあった。

工作機械 前年対比グラフ 日経

(グラフ 筆者作成)

合わせて「鉱工業指数(付加価値額生産)工作機械関連」の2019年2月を掲載しておきます。

00★鉱工業指数(品目別)工作機械

2019年3-4月の工作機械に関連するニュース

日本企業にiPhoneを作らせた本当の理由
ライブドアニュース – プレジデントオンライン

世界有数のものづくり大国、日本。その成長の歴史は、機械を作る機械である「工作機械」をリードしてきたファナックを抜きに語れない。同社はiPhoneの筐体を作る工作機械をはじめ、ロボット市場で8割の世界シェアをも

中国受注半減、それでも工作機械メーカーは積極開拓を止めない!
ニュースイッチ

 日本工作機械工業会(日工会)のまとめでは、最新2月の中国受注は前年同月比50・4%減と半減した。前年割れは12カ月連続と1年にわたりブレーキがかかっている。設備余剰の抑制、中国経済の減速に直面してい

製造業向けの加工部品調達オンラインサービスを拡充
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 ミスミグループ本社は2019年3月26日、3Dデータで精密部品を調達できるオンラインサービス「meviy(メヴィー)」において、新たに切削プレートの提供を開始した。

CNC装置に対応した工作機械向けプロトコルコンバーター、スマート工場化に貢献
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 サイレックス・テクノロジーは2019年3月18日、CNC(Computer Numerical Control:コンピュータ数値制御)装置に対応した工作機械向けのプロトコルコンバーター「FBR-100AN」を発表した。同年4月8日から出荷を開始する。

軸受異常、AIで検知・正常範囲設定 アローセブンがシステム
日刊工業新聞 電子版

【浜松】アローセブン(浜松市中区、鈴木弘光社長、053・469・0031)は、軸受異常を検知するシステム「ヴィブインサイト」に人工知能(AI)を搭載したモデルを開発し、納入を始めた。化学メーカーを中心

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧