【統計】工作機械受注高2019年2月<グラフで見るシリーズ>

製造業 経営コンサルタントの井上です。

2019年2月(速報)の工作機械の受注高が発表されました。

下降トレンドが続くかもしれません。

先月の予想通り下降トレンドに入りました。まだどの程度深くなるかは予想できないですが、ショックはあるでしょう。

日経より、

2月の工作機械受注額、前年比29.3%減 5カ月連続減

日本工作機械工業会が11日発表した2月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比29.3%減の1097億4400万円と、5カ月連続で前年実績を下回った。内需は28.4%減の416億7100万円と3カ月連続で減少。外需は29.8%減の680億7300万円と5カ月連続で減少した。(日本経済新聞より)

繰り返しますが、まだ全体ではギリギリですが高い水準です。ただ3月がこれ以上落ちるようだと景気はやや落ちるでしょう。落ちると思いますがが。。。

(グラフ 筆者作成)

工作機械受注高の目安として、1000億円(細い赤線)あれば景気がいいという目安です。最近は、部品を海外調達なども増えているので、1100億円程度が目安になるのではないかと考ええます。(赤い太線)

合わせて「鉱工業指数(付加価値額生産)工作機械関連」の2019年1月を掲載しておきます。

工作機械に関連するニュース

工作機械受注、頼みの米向け落ち込む 1月 2年ぶりマイナス 頭打ち鮮明に
日本経済新聞 電子版

日本工作機械工業会(日工会、東京・港)が21日発表した1月の工作機械受注額(確報値)によると、米国向け受注額が前年同月比5.

IoTシステムは導入して終わりではない、成果に結び付けるための運用の心得
TechFactory 最新記事一覧

IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。

工作機械でも進む「つながる化」、欧州では「umati」に注目
MONOist「組み込み開発」 最新記事一覧

 工場のスマート化などが進む中、工場で使用される工作機械でも通信への対応などに大きな注目が集まっている。ドイツの国際金属加工見本市「EMO Hannover」を主催するドイツ工作機械工業会(VDW)のEMOハノーバー マネー

米中貿易戦争は中国経済低迷の主因ではない
WEDGE Infinity(ウェッジ・インフィニティ) 最新記事

 トランプ大統領の貿易・通商政策が経済学のイロハでは推し量れないことが多いことは、エコノミストたちから指摘されてきたことである。

ディズニーやNASAも認めた、型破りな「京都の試作屋」世界へ #スモールジャイアンツ
ライブドアニュース – Forbes JAPAN

「24時間無人稼働」の工場で時代の最先端を走るアルミ加工メーカーのヒルトップ。京都・宇治市の「試作屋」が世界に求められる真の理由とは。

DMG森精機がマイクロソフトと協業、工作機械の制御データ分析をクラウドで
IT(情報技術) – 日経 xTECH(クロステック)

 工作機械メーカー最大手のDMG森精機は2019年1月22日、工作機械の制御データの活用で日本マイクロソフトと協業すると発表した(写真)。顧客の拠点で稼働している工作機械の稼働実績やセンサーデータを米マイクロソフ

2月の工作機械受注額、前年比29.3%減 5カ月連続減
日本経済新聞 電子版

日本工作機械工業会が11日発表した2月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比29.3%減の1097億4400万円と、5カ月連続で前年実績を下回った。

産業市場をグラフで見るシリーズ 一覧