製造業経営コンサルタントの井上です。

2019年8月の鉱工業指数(生産)の工作機械を見ていきます。それと合わせて、工作機械受注統計の2019年8月も見て下さい。

機械受注高が1000億を下回り、特にマシニング系の生産が落ち込みが激しいです。流石に旋盤系も落ち込み始めた感じです。

鉱工業生産指数 工作機械(旋盤・マシニング)(品目)2019年8月

鉱工業指数(品目別)_工作機械(旋盤マシニング)

未だに、マシニングの生産が下げ止まった可能性があります。旋盤は下降に転じました。ついに100を切りました。

鉱工業生産指数(業種別)金属加工機械 2019年8月

鉱工業指数(業種別)金属加工機械

業種別の金属加工機械で見てみると、下降トレンドです。

工作機械受注統計 2019年8月

工作機械受注統計201908

2019年5月の工作機械受注高はもう少し下げると思ってましたが、意外と横ばいで推移。

鉱工業生産指数 工具等 2019年8月

鉱工業指数(品目別)_工具

工作機械 2019年10月までの関連ニュース 

工作機械の今年受注見通し、1兆2500億円に下方修正 日工会
日刊工業新聞 電子版
自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策
工作機械―ロボデータ共有、マザックが接続技術 7社と提携
日刊工業新聞 電子版
きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識 おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学
ファナック・富士通・NTTコム、工作機械クラウド共同開発
日刊工業新聞 電子版
おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学 SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる
工作機械、8月受注883億円 76カ月ぶり800億円台
日刊工業新聞 電子版
おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学 SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる
iPhone支える「古びた旋盤」 ブラザーの技伝承 ナゴヤの名企業 新戦国時代 第2部 工作機械(3)
日経新聞 速報
愛知県刈谷市にあるブラザー工業の刈谷工場。金属を削ったり穴を開けたりするマシニングセンターと呼ばれる工作機械をつくるこの工場の中に対照的な光景がある。
5Gで自らソフト更新 DMG森精機、つなぐ力が要に ナゴヤの名企業 新戦国時代 第2部 工作機械(1)
日経新聞 速報
「母」に例えられる工業製品がある。金属を削ったり穴開けしたりして部品をつくる工作機械だ。「マザーマシン(母なる機械)」と呼ばれ、中部地方に集積する自動車や航空機など様々な製造業を黒子として支える。
工作機械EVシフト急務 スギノマシン杉野新社長に聞く
日経新聞 速報
工作機械のスギノマシンは6月、18年ぶりのトップ交代を実施し、杉野良暁氏(50)が社長に就任した。杉野社長は自動車の電動化に合わせて「多様な部材を加工する技術が必要になる」と開発を強化する方針を表明。医薬品
日本の工作機械はすごい・・・だから日本の製造業は強い=中国メディア
エキサイトレビュー | エキサイトニュース
 マザーマシンとも呼ばれる工作機械は製造業にとって必要不可欠な存在だ。日本工作機械工業会によれば、「あらゆる機械やその部品類は工作機械によって作られ」、「工作機械の性能の優劣が、生み出される製品の競争
中国で工作機械の生産を撤退する豊和工業、国内に集約する背景
ニュースイッチ
 豊和工業は海外の工作機械の製造・販売体制を再編する。中国での工作機械生産を止め、生産は日本に集約した。東南アジアでの販売はインドネシアに集約し、2020年3月にシンガポール販売子会社を清算する。一方
工作機械受注、底ばい続く 7月33%減の1012億円
日経新聞 速報
景気の先行指標である工作機械受注の底ばいが続いている。日本工作機械工業会(日工会)が13日発表した7月の受注額(速報値)は、前年同月比33.
工作機械に要求される知能化技術
日刊工業新聞 電子版
 スマートファクトリーでは、コンピューター上のサイバー空間と現実世界のフィジカル空間が連携してシステムを自律的に最適化するサイバーフィジカルシステム(CPS)の活用により、まさに「賢い工場」の実現が期
津田駒工業、ロボット導入 繊維・工作機械製造を自動化
日経新聞 速報
繊維機械の製造などを手掛ける津田駒工業は11日、年内をメドに石川県内の自社工場にロボットを導入すると発表した。繊維機械や工作機械の部品を製造する工程を自動化する。米中貿易摩擦の影響で受注の先行きが見通し
産業市場をグラフで見るシリーズ一覧

よく読まれている記事

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差が判明!

中小の金属加工業の今後、未来とは?
ミスミ「meviy」から見えてきた、中小部品加工業の今後、未来について

下請け製造業の活きる道・戦略

受託加工業は「下請け企業」でなく「パートナー企業」を目指すべき

デジタル時代の「ものづくりは、人づくり」とは

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

ロボットシステムインテグレータ(SIer)の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

機械設計製作の未来・戦略を、ミスミの「inCAD Library」から考察してみる