製造業経営コンサルの井上です。

2019年10月の中国の製造業購買担当者景気指数を見ていきましょう。

11月の製造業に影響を与える政治的な事象が多くでるとおもいますので、注目です。実需はあると見てます。

<中国>中国 製造業購買担当者景気指数

<中国>  製造業購買担当者指数

中国は統計の正確性の問題はありあすが、同じ条件でのトレンドを捉えることが主眼として見てください。

下げ止まりつつありますが、直近が予測より結果がかなり良くないのが気になります。

<米国>ISM製造業景況指数

(米国)ISM製造業景況指数

アメリカのISM製造業景況指数がここ数ヶ月で急激に悪くなっています。

<日本>製造業担当者景気指数

<日本>製造業購買担当者景気指数

<日本>鉱工業指数

鉱工業指数

日本は、2015年=100としてみた場合、全体的にはそれほど悪くない状況で。先行きの見通しは、現場感では悪くなってきています。景気の先行指数を表す「工作機械受注高」を見ておいてください。悪いです。

<ユーロ>製造業購買担当者景気指数

ユーロ圏 製造業購買担当者指数

ユーロ圏も、悪いです。その中で特に経済を牽引してきたドイツが特に悪いです。次のグラフを参照。

<ドイツ>製造業購買担当者景気指数

<ドイツ>製造業PMI(購買担当者景気指数)

ドイツはかなり悪い状況でしょう。中国への輸出減などが原因なのでしょう。

総 括

全世界的に製造業も景気の底が見えつつあり感じです。ただし、米中貿易の合意がまだなされていない状況の中では、楽観視できません。

ー 戦略 ー

中小の金属加工業の今後 未来とは?

受託加工業は「下請け企業」 でなく「パートナー企業」を 目指すべき

下請け製造業の活きる道

機械設計製作の未来・戦略を ミスミの「inCAD Library」 から考察してみる

ロボットシステム インテグレータ(SIer) の取るべき戦略

機械設計がアップデートされる日

ー マネジメント ー

トヨタイムズ「ボスになるなリーダーになれ トヨタ春交渉2020第二回」 (社長コメント全文書き起こし)から学ぶ

トヨタを悩ませているのは「変わろうとしない社員」の存在

産業用ロボットを 「導入している企業」と 「導入していない企業」の差が 圧倒的と判明!

マネジメント・エンジニアリングという考え方

決定事項の歩留まりを改善する

製造業の採用方法を考える 「オープン・ファクトリー」

組織は叩けば固くなる。 組織運営の難しさ。

会社の変革は1割の社員が 動き出せば全社が動く

受託製造業の管理者として 求められること (管理職の仕事・役割)

今後の製造業は生産技術と教育 を「ブラックボックス化」 することが重要

ー その他 ー

スマート工場に向けたIoTシステムが氾濫中!

ベトナム(ハノイ)の製造業を視察して

「ゲーム性」を 仕事に取り入れて ビジネスを強くする

産業市場をグラフで見るシリーズ一覧