一言

今月も輸出額も増加が継続中だが、輸入額の伸びには追いつかず資源の高止まりや円安を背景に、巨額の貿易赤字を計上する状況が続いています。

今月は1ヶ月の輸出入額が過去最大になってます。ポイントや要因は以下の通りです。

<貿易収支>
  ●貿易収支が赤字となるのは15か月連続
  ●赤字額は去年の同じ月と比べて23.8倍に
 
(貿易赤字の要因)
  ●原油やLNG=液化天然ガスなどエネルギー関連の輸入額の増加
  ●エネルギー価格の上昇に加え、外国為替市場で円安が進んだ
    ・原油の輸入額はほぼ2倍
    ・LNGの輸入額は2.5倍
  ●円安が 1年前と比べておよそ34円、円安が進行
<輸入額>
  ●輸入額は11兆1638億円
  ●1か月の輸入額として過去最大
 
<輸出額>
  ●輸出が9兆15億円
  ●1か月の輸出額として過去最大
 
(輸出増加の要因)
  ●アメリカ向けの自動車の増加
  ●アジア向けの半導体など電子部品の増加

貿易収支 2兆1623億円の赤字 10月としては過去最大 円安などで

財務省が17日に発表した10月の貿易統計によりますと、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2兆1623億円の赤字となりました。赤字額は、10月としては過去最大です。(NHKより

貿易統計まとめ

貿易統計 商品別輸出額

貿易統計 国別輸出額

貿易統計 商品別輸出額

主要国購買担当者指数(PMI・ISM)

製造鉱工業生産能力・稼働率指数

貿易統計 商品別輸出額 一般機械

貿易統計 主要商品別輸出 電気機器

貿易統計 商品別輸出額 輸送機器

貿易統計 商品別輸出額 原材料別

貿易統計 商品別輸出額 化学製品

最新の経済指標をグラフ化して見ることによって、経済トレンドを把握することが重要。工作機械受注高、鉱工業生産指数、製造業国賠担当者指数(中国)(EU)、設備稼働率(米国)等を押さえておきましょう。

経済指標名
  産業機械 受注統計
 工作機械受注高 鍛圧機械受注
 機械受注統計      ※1 内務省HPへ
 機械受注高 (産業用ロボット) 機械受注高 (建設機械)
 製造業購買担当者指数
 製造業購買担当者景気指数(日本) 製造業購買担当者指数【PMI】(ドイツ)
 製造業購買担当者指数【PMI】(中国) 製造業購買担当者指数【PMI】(ユーロ圏)
 製造業景況指数【ISM】(アメリカ) 
 鉱工業指数
 鉱工業指数(生産)四輪自動車・自動車部品 鉱工業指数(生産)電子デバイス・電子部品
 鉱工業指数(生産)生産用機械工業 鉱工業指数(生産)電気計器・計測器
 鉱工業指数(生産)半導体・液晶製造装置・半導体部品・液晶パネル 鉱工業指数(生産)計測分析機器・精密測定機
 鉱工業指数(生産)工作機械 鉱工業指数(生産)金属製品工業
 鉱工業指数(生産)機械プレス 鉱工業指数(生産)炭素繊維
 鉱工業指数(生産)産業用ロボット 鉱工業指数(生産)水晶振動子
 鉱工業指数(生産)航空機部品 鉱工業指数(生産)段ボール箱・板
 鉱工業指数(生産)建設機械 鉱工業指数(生産)プラスチック製部品
 鉱工業指数(生産)食品・包装機械 鉱工業指数(生産)ファインセラミックス
 鉱工業指数(生産)ポンプ・圧縮機・油空圧機器等 鉱工業指数/設備稼働率(アメリカ)
 鉱工業指数(生産)普通鋼・特殊鋼等 
 生産統計
 建設機械生産統計(金額・台数)
 貿易統計
 貿易統計 商品別輸出額(全体) 貿易統計 商品別輸出額(電気機器)
 貿易統計 商品別輸出額(一般機械) 貿易統計 商品別輸出額(輸送用機器)
 特定サービス産業動態統計調査
 機械設計業エンジニアリング業
 その他
 ハイテクノロジー産業の国別付加価値額
 貿易収支
 景気動向指数