AI(人工知能)プラットフォーム

AIは奪うのでなく、人を救う

製造業経営コンサルタントの井上です。
突然ですが、AIはそれほど頭が良くありません。
というのは、巷では人間を超えた頭脳を持ち、最終的には人間を排除するのではないかと恐れられる一面もあります。
将来的、100年先や1000年先はわかりませんが、数十年先は、奪うのでなく、人を救うまたはサポートする相棒になるでしょう。
よいパートナーとして、皆が活用しているでしょう。意識できるか、無意識かもしれません。
そもそもAIの情報処理できるレベルがまだ限定的です。
特定用途の一部の機能として活用され出しましたが、何でもかんでもはまだ夢物語です。
ただ注意すべきは、AIは確実に進化していきます。
活用できるAIのサービスは、どんどん活用すべきです。
未だに馬車に乗っている人はいませんよね?自動車に乗ってますよね。
これと同じです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング
  1. 産業財コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  2. コー・ロボット(協調ロボット)

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  3. 産業財コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  4. 成長戦略

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  5. コー・ロボット(協調ロボット)

    手術支援ロボット、名古屋市大に開発拠点。成長産業、ロボットと医療機器の融合分野。…
PAGE TOP